つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハノイのカプリチョーザ@Vincom Ba Trieu

半年ほど前のことですが、なななんと日本のイタリアン、カプリチョーザがハノイにオープンしました!

20140403capri.jpg

ホーチミンにはすでにあったカプリチョーザ。ハノイのVincom Ba Trieuに堂々オープン!

20140403capri2.jpg

カプリチョーザといえば、昔はドンブリくらいの大きいパスタを大人数で分けて食べるのが人気のお店でしたが、いつのまにかチェーン展開していてもっとファミリーフレンドリーになりました。

20140403capri3.jpg20140403capri4.jpg

とにかく味を確認しにいかねばと、オープンしたての頃に来店。

カプリチョーザと言えばのライスコロッケはまさに日本と同じ味!少し甘めの日本スタイルのトマトソース、からりと揚がった衣、そしてトマト味のケチャップライスの中身、味がぶれてません!ピザもサラダも日本の味。

20140403capri5.jpg

何度か訪問して、アラビアータ、カニのトマトクリーム、キノコのトマトクリームなどいろんなパスタを食べてみましたが、すべて昔懐かし日本のスタイルで美味しかった!

お値段もリーズナブルで、清潔で、サービスもGOOD!10時から22時の終日営業なのもうれしい。

この日本風の味がハノイっ子に受け入れられるかなあと心配でしたが、最近では平日ランチはOLさんで大混雑のようです。よかった。

Capricciosa
5F Vincom Ba Trieu
191 Ba Trieu, Hai Ba Trung
http://www.capricciosa.com.vn/en/
  1. 2014/06/28(土) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Tra Chanhの元祖店、Tra Chanh Che Ngon

チャー・カーの元祖店の後は、これまたハノイ名物チャー・チャイン(Tra Chanh)の元祖店へ行くことに。場所はバックパッカー通りのマーマイにほど近いところ。

20140616chachanh.jpg

以前、「大教会前のチャー・チャイン屋に行ったよ」とベトナム人の子に言うと、「あそこは発がん性のある人工的な香料で作ってるから行かないほうがいい。」と注意されてしまいました。そしてその子のお勧めはここ、Dao Duy Tu通りにあるこちらのお店だそう。

20140616chachanh2.jpg

そもそもハノイでチャー・チャインを初めて作ったのがこのお店なのだそう。飲んでみると、なるほどジャスミンティーの味がしっかります。レモンの酸味と砂糖たっぷりの甘みが、夏のあっつい時期にはとても美味しい。

20140616trachanh.jpg

さらにこちらのお店はチェー(ベトナム風ぜんざい)もお勧めとのこと。写真付きメニューが壁に貼られています。

左上からChe tran chau(タピオカチェー)、Che khoai mon(タロイモのチェー)、Che ngo(とうもろこしのチェー)、Che san rieng(ドリアンのチェー)、Che chuoi(バナナのチェー)、Che rau cau(ゼリーのチェー)、Che nep cam(紫色のもち米のチェー)、そしてChe mit(ジャックフルーツのチェー)。

20140616chachanh3.jpg

人気メニューはタロイモのチェーなのですが、13時過ぎに行ったらまだタロイモチェーが準備中。しょうがないのでタピオカチェーとジャックフルーツのチェーをオーダー。それでも30分くらい待ちました。

ベトナム人の子によると通常チェーは15時のおやつなので、そのくらいの時間にならないとこのお店では食べれないそうです。くそ~。

タピオカのチェーはココナツミルクたっぷり。そして意外にも美味しかったのがジャックフルーツのチェー。フレッシュではなく、たぶん砂糖で少し煮込んであるのではないかと思うのですが、ジャックフルーツの香りがマイルドになっていて、口当たりも柔らかく、酸味があり美味しかったです。

のんびり1時間くらいお茶してましたが、新聞売り屋さん、フルーツ売りのおばさん、タオフォーのおじさん、ちまきのようなものを売るおばさん、などなどさまざまな物売りのひとがやってきて、それを眺めているだけで旧市街の生活感を感じられてとても楽しかったです。

これぞハノイの路上の醍醐味!

Tra Chanh Che Ngon
31 Dao Duy Tu, Hoan Kiem

  1. 2014/06/27(金) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・カフェ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハノイ名物チャーカーの元祖、Cha Ca La Vong

ハノイ名物のひとつ、チャー・カー(雷魚のターメリック炒め)。そのチャー・カーを初めて作ったという元祖店、Cha Ca La Vongに行ってきました。

20140616chaca.jpg

かなり年季の入った100年以上も続くこちらのお店。その名もチャーカー通りに立っております。

20140616chaca2.jpg

周囲にチャーカーラボンを名乗る類似点がありますが、本家本元は軒先に置かれた太公望(ラボン、釣り好きなおじさん)像が目印です。

20140616chaca3.jpg

急な階段を登って二階へ行きます。一応室内にはエアコンが2台もありますが、あまり効いてる感じは無いかも。

20140616chaca4.jpg

こちらのメニューはチャー・カーのみ。一人170000ドン(約820円)。高っ!コンロに乗っかったチャー・カーと、ピーナッツ、ブン、ニョクチャム、香草がセットで出てきます。高い割には量が少な目。

20140616chaca5.jpg

フライパンには油とターメリックにまぶされた雷魚、そして大量のディル。ちょっと火が通ったら、ブンとピーナッツと香草とニョクマムをまぜまぜして食べます。

「かなり脂っこい」という口コミを聞いていましたが、いやいや、予想外に雷魚がふんわり柔らか、外はカリカリ、ディルとターメリックがちょっと塩味の強めのニョクチャムと良くなじんで美味しいです!あまり量が多くないので最後まで美味しくいただきました。

これはハノイに来たら食べるべき料理でしょう!新チャーカー通りの人気店も気になります。

Cha Ca La Vong
14 Cha Ca, Hoan Kiem
  1. 2014/06/26(木) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・ベトナム料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハノイの湘南?ドーソンビーチの旅その2

お寺を見物したらしばしお茶休憩。その後また船に乗って帰るのかなと思いきや、「(高台にある)灯台みにいきますか?」と。

20140615doson11.jpg

「普通は灯台を見た後に休憩では…?」と脳内突っ込みをしつつ、とりあえず行くことに。

20140615doson12.jpg

門で入場料を払い坂道を10分ほど登ります。道にはなぜか大量のカタツムリが!!

ここに居たカタツムリは殻がとんがっているタイプ。アフリカマイマイだったらヤバイので注意してよけながら歩きます。

20140615doson13.jpg

頂上付近にはアオザイのお姉さんの像が。

20140615doson14.jpg

灯台はフレンチコロニアル建築様式でした。思っていたよりもとても上品。

20140615doson15.jpg

螺旋階段を上って灯台の上へ。

20140615doson17.jpg

途中、ベトナムの海域地図などの展示がありました。やっぱり今の話題は「パラセル諸島はここだよ。尖閣はもっと北だよね?」ということ。敵の敵は友達理論でベトナム人と日本人の間にとても仲間意識が強まっております。

20140615doson16.jpg

灯台の上からは海が一望!風が吹いて気持ちよいです。しかしどこまでも続く茶色の海。

20140615doson18.jpg

お腹が空いたのでそろそろお昼ゴハンにしましょうと、ドーソンビーチの他のエリアに移動しました。

20140615doson19.jpg

海沿いのこちらのレストランでシーフードを食べるようです。もうこの時点で完全にバインダークアもネムクアも諦めました。。。

20140615doson20.jpg

全く期待せずにいただいた海鮮三昧ランチ。これが意外においしくてびっくり。スープに入ってる謎の貝はぷりぷりでやわらか。

大量のシャコのから揚げ。ダナンで食べたものよりも大ぶりで安い!そしてカラを取ってくれているので身をほじりやすい(笑)。あとイカの炒め物やカニのスープなどが出ましたが、すごく身が柔らかく、新鮮でおいしかったです。

20140615doson21.jpg

ハノイ在住者なら、暇な週末に海鮮食い倒れに来るのは楽しいかも!入る気にはならないけど、たまには海を眺めるのもよいものです。

そして遂にハイフォン観光か…!と思いきや、なんとハイフォン市内を思いっきりスルーしてハノイの帰路につきました。

東京でたとえるならば、「鎌倉に行こう」と誘われたのに江の島に行ってしらす丼食べて帰ってきた気分ですよ。。。orz

観光は日本人と一緒にいかないとダメだと改めて悟った旅なのでした。

そうそう、ハイフォンの女のひとは気性が荒いと有名なのですが、その理由は「悪いこともいっぱいしてるから」なのだそうです。薬やら銃やらいろんな商売をしているそうです。



  1. 2014/06/25(水) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハノイの湘南?ドーソンビーチの旅その1

ハノイ近郊の港町、ハイフォンから少し南に下った場所にあるドーソンビーチ(Do Son)に行ってきました。

20140715doson.jpg

いや、正確には「ハイフォン日帰り旅行」byベトナム人プロデュースだったのですが、なぜかハイフォンの町はスルーして気がつけばドーソンビーチに連れてこられていました。きっとハイフォン観光は午後の予定なのでしょう。

ハノイから2時間半~3時間くらいで来れるドーソンビーチ。日帰りが可能なので、東京でいうところの湘南みたいなもののようです。

20140615doson2.jpg

ドーソンビーチの一番突端にあると思われるこちらのビーチ。一応海の家みたいな、有料のロッカーとシャワーなどがあるようです。

天気が悪かったこともあるのですが、海が茶色で全然泳ぎたいと思えない。。。ベトナム人の子によると「あれでもきれいになったんだよ。昔はもっと汚かった。子供のころドーソンビーチで泳いだら中耳炎になってしまい大変だったんだよ~」と言っていました。

20140615doson.jpg

水質にも疑問がありますが、さらにベトナムの公共ビーチは何が落ちているのがわからないのが怖いです。

エイズウイルスに汚染された注射針が落ちていることもあり、実際踏んでしまって抗エイズウイルス薬を飲み続けなければならなくなった人もいるそうなので、裸足で歩くのは避けたいところ。

20140615doson3.jpg

ビーチはそこそこに、近くにある島に船で行けるというので行ってみることに。

写真で見切れているのがその島。江の島くらい近い。船で5分もすれば到着です。

20140615doson4.jpg

江の島というよりは猿島のような。。。一体この島には何があるのでしょうか?

20140615doson9.jpg

島に上がると中央に売店と休憩所がありました。おばちゃんが沢ガニをさばいています。

20140615doson10.jpg

ベトナム人のみなさんは迷わず島のお寺へ直行。そしてみんな真剣にお参りしています。

20140615doson6.jpg

さぞや由緒正しきお寺なのだろうと思い、聞いてみると「何のお寺かわかんない」との回答。オイッ。そのわりには一生懸命お参りしてましたけど。

20140615doson7.jpg

海がよく見えるお寺。海の神様を祭っているのかな?

つづく
  1. 2014/06/24(火) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メトロポールのLe Clubでハイティー

久しぶりにメトロポールのLe Clubでお茶をしてきました。

20140612leclub.jpg

ちょっとハノイの雑踏に疲れたな、と感じた時にここに来ます。

20140612leclub2.jpg

ホテルに一歩入るとカサブランカのとてもよい香りに包まれて、嗅覚からもリフレッシュさせてくれます。

20140612leclub3.jpg

このクラシカルな雰囲気が本当に大好き。ハノイで一番癒される場所です。

20140612leclub4.jpg

今日は久しぶりにハイティー(465000VND++、約2200円++)をしてきました。ハイティーとチョコレートビュッフェは15時から17時半まで。ハイティーにはお茶かコーヒーがつきます。チョコレートビュッフェは570000VND++(2800円++)。

20140612leclub5.jpg

ハイティーはほぼ2年ぶり。以前は小ぶりのサンドイッチだったような気がしますが、今回はわりと大きいサイズ。

20140612leclub6.jpg

2段目はフルーツ盛り合わせ。ライチやグアバなど、さりげなく季節のフルーツを盛り込んでくれているのがニクい。

20140612leclub7.jpg

そして甘味の3段目。チョコはもちろんおいしいですが、このスコーンがすごくおいしかった!そしてジャムがマンゴーなのもハノイらしくてナイス!

20140612leclub8.jpg

チョコレートビュッフェのほうも覗いてみました。ベーカリーで1個22000ドン(約100円)するチョコがずらり勢ぞろい!!

20140612leclub9.jpg

チョコレートクレープやチョコアイス、そしてチョコフォンデュなど、チョコ好きにはたまらないセレクション。チョコだけでなく、いろんなケーキやフルーツジュース、サンドイッチも。昔よりもサンドイッチの種類が増えたように思えます。

20140612leclub10.jpg

ハイティーのメニューはこのチョコレートビュッフェの中からセレクトして持ってきてくれているようでした。

20140612leclub11.jpg

以前チョコレートビュッフェに来たことがあるのですが、基本的に甘いものよりしょっぱいものが好きな私は早々にギブアップ。

山盛り食べるよりも、私はひとつひとつをじっくり味わえるハイティーのほうが好きなのですが、差額があまりないことを考えると欲望に負けてビュッフェを選んでしまいそう(笑)。

また来たい!

Le Club
Sofitel Legend Metropole Hanoi
15 Ngo Quyen Street
Hoan Kiem
http://www.sofitel-legend.com
  1. 2014/06/23(月) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・カフェ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケオラックのお店、Hien Bao@ドゥンラム村の旅その4

ドゥンラム村で最後に向かったのはケオラック(Keo Lac)のお店、Hien Bao。

20140409duonglam24.jpg

ケオラックとはベトナムの伝統的なお菓子で、ピーナッツをアメで固めたもの。上質なものはサクサクと食べやすく、自然の風味がとても美味しいです。

ハノイではStar Lotusで売っているこちらのケオラック、我が家では常に在庫を欠かさない程の大ファン。ドゥンラム村に来た一番の目的はこのケオラックのお店に行きたかったから、と言っても過言ではありません。

20140409duonglam25.jpg

お店の場所はミア寺からモンフ集落に向かう方向へ少しあるいた所。看板を目印に路地に入っていきます。

20140409duonglam26.jpg

路地の奥にお店がありました。

20140409duonglam27.jpg

お店の中には山盛りのケオラックをはじめとするお菓子が!

20140409duonglam28.jpg

作っている所を見たかったけど、ちょうどみなさんお昼休み中でそれは叶わず。

でもお茶を頂きながら全種類試食させてもらえました。至福のひととき。

20140409duonglam29.jpg

Star Lotusで扱っているお土産用のパッケージもありました。日本へのお土産に重宝します。

20140409duonglam31.jpg

そしてこちらがお店のオリジナルバージョンのパッケージ。味は変わらないから身内にはこっちで十分。値段もびっくりするくらい安かったです。

Hien Bao
ミア寺から50m


  1. 2014/06/22(日) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Nguyen Van Hungさんのおうちご飯とチェー・ラム@ドゥンラム村の旅その3

ドゥンラム村ではいくつかの民家でレストランを営業しています。今回はNguyen Van Hungさんのお宅のランチを予約して行きました。

20140409duonglam17.jpg

このような民家レストランもJICAが支援をしてオープンしました。

20140409duonglam18.jpg

Nguyen Van Hungさんのおうちは築300年以上!門をくぐると広い中庭がある典型的なベトナムの伝統家屋。

20140409duonglam19.jpg

家を見にきただけの観光客も沢山いました。

20140409duonglam20.jpg

春巻きをはじめとしたベトナムのお家ご飯。普通に美味しいです。

20140409duonglam21.jpg

そしてご飯の後はデザートタイム!Nguyen Van Hungさんのお宅のチェー・ラムがとても有名と聞き、それを狙っていたのですよ。

20140409duonglam22.jpg

モチモチの生地にナッツと生姜を練り込んである生菓子。クレープ状に伸ばした生地をはさみでカットして袋に入れてくれます。

20140409duonglam23.jpg

日持ちしない生の餅菓子なので、ドゥンラム村に来た人だけが食べれる甘味。お茶菓子に最高!甘すぎず美味しいです!ハノイでも買えるようにならないかなぁ~。


  1. 2014/06/21(土) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モンフ集落@ドゥンラム村の旅その2

ミア寺から歩いてモンフ集落の中に入ってきます。

20140409duonglam11.jpg

レンガ造りの路地と古い集落、そして古い教会がなんともノスタルジック!ヨーロッパの田舎町にいるようなとても素敵な雰囲気です。

20140409duonglam10.jpg

車もバイクも走っておらず、空気もきれいでとても静か。のんびりぶらぶらお散歩を楽しめます。道にはゴミひとつ落ちておらず、とてもきれい。

20140409duonglam14.jpg

ベトナム人の子に「ドゥンラム村に行ってみたい」と言ったら、ほぼ全員が口を揃えて「あんなとこ何もなくて全然面白くない!」と全否定されてしまいました。

20140409duonglam13.jpg

彼女たちにしてみればどこにでもあるベトナムの田舎町で珍しくもないのでしょうが、ハノイの雑沓に疲れ、きれいな自然に飢えてる日本人にはすごく癒される村です。

20140409duonglam12.jpg

JICAの農村開発プロジェクトの支援を受けながら、古い集落の保存と観光化を行ってるドゥンラム村。村人の中には、一部の人にしか利益が無いと反対する人もいるようです。

20140409duonglam16.jpg

確かに、普通に暮している自分の家が観光地になって、観光客がズカズカ歩きまわったらイヤだろうな。

20140409duonglam15.jpg

まだあまり知られていないドゥンラム村。この静かでのんびりした雰囲気が変わらずあり続けますように。

  1. 2014/06/20(金) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソンタイ城とゴークエン神社@ドゥンラム村の旅その1

暑くなる前のことですが、ドゥンラム村へ行ってきました。

20140409duonglam.jpg

ドゥンラム村はハノイから西へ50キロほどの場所にある集落。築100年以上の家屋が多く残り、旧家保存地区に指定されています。

20140409duonglamm.jpg

ハノイから高速道路を飛ばしていざドゥンラムへ。ハノイ市内を抜けると、びっくりするくらい近代的な道路が登場します。

そして貨物を運ぶバイクも増えるので、すごい積載量のバイクに出くわす事も。よくバランスとれるなぁ。

20140409duonglam2.jpg

ドゥンラム村に行く前にソンタイ城に寄りました。古都タンロン(ハノイ)を守るために1822年に建設された西の砦だそうです。

20140409duonglam3.jpg

お城自体は周囲のお堀とフラッグタワー、中央の社があるだけで特に見所は無いのですが、唯一当時の面影を残している門がなんともフォトジェニックで美しい。木に侵食された姿がアンコールワットっぽい。

20140409duonglam4.jpg

ソンタイ城の後はいよいよドゥンラム村へ。ドゥンラム村は過去に二人の王様を生んだ村でもあります。その中でもゴー・クエンは、約千年に及ぶ中国の支配からベトナムを解放したという、ベトナムの歴史的ヒーロー。

20140409duonglam5.jpg

この社にはそのゴー・クエンが祀られていました。

20140409duonglam6.jpg

お社の周囲にはのどかな田園風景が広がっています。のんびりとした田舎の風景。日本人にはどこかなつかしい。

20140409duonglam7.jpg

お寺の前では春が旬のNhot(ニョット)という果実が売られていました。とても酸っぱい果物なのだそう。

20140409duonglam8.jpg

ドゥンラム村を代表するミア寺を訪問。ここには287体の仏像が安置されているそうです。

20140409duonglam9.jpg

ベトナムの神社仏閣のカラーリングセンスがあまり好きではないのですが、こちらの仏像は良い感じに色あせていて品があります。十八羅漢が並ぶ回廊がすばらしい。

意外と見応えのある立派なお寺さんでした。

  1. 2014/06/19(木) 10:00:00|
  2. ハノイ近郊国内旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Sfitel Plaza HotelのSummit Lounge

先日ソフィテルプラザのサミットラウンジに初めて行ってみました。

20140617summit.jpg

メトロポールのバーはリゾートっぽい雰囲気ですが、こちらはかなりクラブっぽい雰囲気。

20140617summit2.jpg

室内の席は意外と外の景色がみえにくく、外の席は他に景色を見に来る人が沢山いてちょっと落ち着かないかな?

20140617summit3.jpg

夕方6時~8時はハッピーアワーで、2杯目以降同じ種類の飲み物なら半額でした。

20140617summit4.jpg

食事を食べる雰囲気ではないので、夕方から来て夕日を見ながらワンドリンクを楽しみ、ディナーはどこかに移動するのがいいかも。

Summit Lounge
Sofitel Plaza Hanoi
1 Thanh Nien Road
Ba Dinh District
  1. 2014/06/18(水) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JW Marriott Hotel Hanoi

Crystal Jadeが入っているマリオットはハノイに新しくオープンしたホテル。

20140614crystal.jpg

ハノイ郊外のコンベンションセンターの隣にあります。市内からだと車で30分くらいの距離。周囲は新開発地区で、とてもアーバンな雰囲気。ホテルのロビーから望む景色はもはやハノイではない。

20140614crystal2.jpg

とても広くてモダンな内装のマリオット。「ここはクアラルンプールです」と言われればそうかもと思えるくらいハノイっぽく無い!

20140614crystal4.jpg

コンベンションなどでマリオットに宿泊していたらハノイを勘違いしてしまいそう。とにかく一見の価値はあるホテルです。

20140614crystal3.jpg

地下にはビュッフェのJW Cafeが。日曜日のランチビュッフェはビールつき、フォアグラ、ロブスターなどのメニュー有りで一人50USDくらいだそうです。

20140614crystal5.jpg

高いですが、お料理を覗いてみたところ、かなり美味しそうだったので値段相応の価値はありそう。和食コーナーにはお好み焼きなんかもありました。

20140614crystal6.jpg

ちなみに先日このカフェでアラカルトを食べたのですが、お値段のわりには普通。ビュッフェの方が断然コストパフォーマンスが良さそうです。

20140614crystal7.jpg

2階のラウンジには14時~18時でアフタヌーンティーをいただけるようです。45万ドン(約2200円)。これまた食べてみたい!

ハノイに居ながら、ちょっと都会的な雰囲気を味わいたくなった時に来るといいかも!

JW Marriott Hotel Hanoi
No 8 Do Duc Duc Road,Me Tri,
Tu Liem District, Hanoi
  1. 2014/06/17(火) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。