つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

54 Traditionsで少数民族の衣裳講座

ZARA outletがあるのと同じHang Bun通りにあるギャラリー、54 Traditionsで行われたベトナムの少数民族の衣裳講座に行ってきました。

2013030854.jpg20130308542.jpg

講師は54 Traditions Galleryのオーナーでニューヨーク出身&元小児科医ののMarkさん。54 Traditionsではベトナムの54の民族の民芸品を収集&販売しています。5階建てのギャラリーには民芸品がいっぱい。このギャラリーからアメリカの博物館などに収蔵されたものもあるそうです。

20130308543.jpg20130308544.jpg

ベトナムの山岳地帯には数多くの少数民族が住んでいます。彼らは民族衣装をまとい、昔ながらの農耕生活を営み、かたくなに伝統的な生活を守って生活しています。深い山間の村で自然とともに生活する彼らの姿はまるで宮崎駿の映画「風の谷のナウシカ」の世界。

20130308549.jpg

他民族には皆同じように見える彼らの民族衣装、実は微妙にパターンが違ったり、その文様に様々な意味が込められているそう。衣装の文様を見れば、その人がどの村のどの家の出身かがすぐ判るようになっているそうです。

またとある部族の女性の衣裳の小さな円形の飾りは、奇数なら既婚者、偶数なら未婚者という意味があるそうです。

20130308545.jpg201303085411.jpg

ベトナム北部の山岳民族はラブマーケット(歌垣)で有名なのですが、そういう時にどの子をターゲットにするか、衣裳を見て判断することが出来るようになっているのでしょう。

この民族衣装は全て手織り。近年中国から大量生産の安くて軽い「民族衣装柄」の服も売られているそうですが、こちらはそこまで浸透していないそうです。

201303085410.jpg

というのも農村での暮らしにおいて、機織りは女性がその才能をアピールすることが出来る手段。子供や旦那さんの衣裳が素晴らしいと、それを作った奥さんは素晴らしいということになるので、皆衣装作りに余念が無いそうです。

北部の山岳民族は主に中国から迫害されて移動してきた民族だそうですが、ベトナム中部にはインドネシア系の山岳民族もいるそうです。

20130308547.jpg20130308548.jpg

彼らの特徴は織物に小さいビーズを使うこと。一つ一つ丁寧に織り込まれたビーズの衣裳はすごくかわいい!同じようなパターンを使う民族はインドネシアでしか見られないそうです。

駆け足のレクチャーでしたが、民族衣装ひとつとっても知らない事が沢山あってものすごく面白い!もっともっと彼らの生活について知りたくなってきました。

サパに行かねば!

54 Traditions Gallery
30 Hang Bun, Ba Dinh
http://www.54traditions.com.vn
  1. 2013/03/08(金) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

私もベトナムの少数民族にすごく興味があります。こんな講座があったのですね!彼等の色彩感覚は深みがあって素敵ですね。ますます実物を見たくなりました!今度行ってみます!
  1. 2013/03/08(金) 10:51:12 |
  2. URL |
  3. dukaat #-
  4. [ 編集]

dukaatさん
今回はHanoi International Women's Club主催のイベントでした。民俗学博物館や女性博物館でも少数民族の衣裳が見れますよ!カラフルできれいですよね~。
  1. 2013/03/08(金) 16:13:11 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/952-c0d74363
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。