つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

かまどの神様の日

去る2月3日、日本では節分の日でしたが、ここベトナムではかまどの神様の日でした。

かまどの神様の日は旧暦の12月23日。西暦では今年は2月3日。ちなみに去年は西暦の1月16日でした。

20130203daidokoro.jpg

ベトナム人は旧暦に沿って生活しているので、伝統行事は旧暦の日付で行われます。なので西暦では毎年祭日の日付が変わるという、西暦で生きている人間にとってはとてもめんどくさいことになっております。

ちなみに法事も旧暦で行われるので、誰かが無くなった命日も旧暦の日付になるとのこと。ということは西暦で考えると毎年命日が違う!ということになるのです。なので年によっては西暦の大晦日やお正月に法事が当たってしまうなんてことも。

「ベトナムも西暦に合わせちゃえば?」と試しにベトナム人に言ってみたら、「なんで欧米人にこっちが合わせなきゃいけないワケ?!」と怒られてしまいました(笑)。

20130203daidokoro2.jpg20130203daidokoro3.jpg

さて旧正月が近づいてくると、街には3匹ウサギの飾り物のようなものを売り歩いているおばちゃんを目にすることが多くなります。

実はこれ、ウサギでは無くて3人のかまどの神様。昔の役人の衣裳を着ているので、冠の飾り物がウサギの耳にみたいに見えたのでした。

旧正月前にこの紙製のかまどの神様を家にまつり、旧暦の2月3日に神様を燃やして、その灰を鯉のような魚とともに川に流すそうです。

20130210tet7.jpg

かまどの神様はこの魚に乗って、その家庭が今年一年どういう行いをしていたか神様のボスの所に報告をしに行くのだとか。

ちなみにお魚は水辺ならどこでも流していいらしく、その日はホアンキエム湖やらタイ湖やらの周辺に魚が入っていたビニールが散乱してそりゃあ汚くてしょうがないらしい。

神様を流す以前にそういう行いを正してほしいんですけど。。。。

さらに、こんなに毎年鯉を放流したら池が鯉だらけになるんじゃないかと思うのですが、放流された鯉はまた翌年捕獲されてかまどの神様の日に売りに出されるから増えることは無いんだとか。

鯉にしてみればいい迷惑(笑)。
  1. 2013/02/06(水) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/929-2be230f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。