つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

革命博物館でベトナムの歴史を学ぶ

革命博物館に行ってきました。場所はオペラハウスの裏あたり。入場料は確か1万ドン。

入るとすぐにホーチミンさんが乗っていたという車が展示されています。防弾ガラスのクラシックカーはなんかかっこいい。

20120507kakumei2.jpg20120507kakumei.jpg

フランス植民地時代の税務署だったという管内は沢山の小部屋で区切られていて、各部屋には年代別にベトナムの戦争の歴史が展示されています。

写真や資料が中心の展示ですが、これが意外と見どころ満載。特にフランス植民地時代やベトナム戦争の写真は臨場感満点。銃をかつぎながら野良仕事をする女性達や、ジャングルに竹やりのブービートラップを設置する人々など、市民一人一人が武器を手に、全員で戦った様子がよくわかります。

20120507kakumei3.jpg20120507kakumei5.jpg

さらに管内の1室には「日本のファシスト」に関する展示も。第二次世界大戦のとき、日本軍は一時期ベトナムを占領していたのですね。歴史は一応勉強したけど実際のところを全然知らない自分が恥ずかしい。そして展示によれば「日本のファシストが200万人を餓死させた」という。

このことに関してはベトナム政府の政治宣伝だったという説もあるそうで、実際のところは判らないですが、日本がベトナムを一時期占領していたのは事実。

20120507kakumei6.jpg20120507kakumei4.jpg

社会主義の国なのでこれらの展示も100%真実というわけでは無いでしょうが、ベトナムの人達は日本との歴史に関して、このような内容を学んでいるということは知っておかなければならないなと思いました。

思っていた以上にかなり見ごたえがあり、色々考えさせられる博物館でした。一見の価値ありです!

革命博物館
Bao Tang Cach Mang
216 Tran Quang Khai
月曜定休、お昼休みあり
  1. 2012/06/02(土) 08:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/815-096c6c2d

まとめtyaiました【革命博物館でベトナムの歴史を学ぶ】

革命博物館に行ってきました。場所はオペラハウスの裏あたり。入場料は確か1万ドン。入るとすぐにホーチミンさんが乗っていたという車が展示されています。防弾ガラスのクラシック...
  1. 2012/06/02(土) 12:40:12 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。