つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ルアンパバーンの托鉢

ルアンパバーンといえば、朝の托鉢。托鉢自体はラオス全土で行われているそうですが、ここルアンパバーンは寺院が密集しているためとても大規模な托鉢を見る事ができるという。ホテルの人に聞けば、「朝6時くらいに噴水のところに来るよ」とのこと。

宿からてくてく噴水目指して歩いていると、トゥクトゥクのおじさんがやってきて「托鉢はワットシェントーンまで行かないと見れないよ!」と言ってくる。う~ん、確かにガイドブックにもそんなこと書いてあったような。。。もしも噴水前に来なかったらショッキングなのでおじさんの勧誘に負けてワットシェントーンまで連れて行ってもらいました。

20120508takuhatsu.jpg

すると既にオレンジの袈裟のお坊さんがずらりと並んでお供えを受取っています。結構早いスピードで歩いて行くので托鉢自体はあっという間に終わってしまいました。

途中メインストリートから脇道に逸れて行く列もあり、やっぱり噴水までは来なさそう(来ても少人数)なので、ワットシェントーンまで来てよかったです。おじさんに感謝。

20120508takuhatsu2.jpg

さてこの托鉢、おごそかな朝の風景を期待して行ったのですが、もう観光客がすごくて見世物状態。せめて遠巻きに静かに見ればいいものを、ものすごくお坊さんに接近してカメラで写真撮りまくり。中にはお坊さんの後を追いかけたりする人も。

自分もその観光客の一人なのですが。。。なんだかゲンナリしたルアンパバーンの朝でした。

  1. 2012/05/19(土) 08:00:00|
  2. ラオス旅行|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/810-b5171f84

まとめtyaiました【ルアンパバーンの托鉢】

ルアンパバーンといえば、朝の托鉢。托鉢自体はラオス全土で行われているそうですが、ここルアンパバーンは寺院が密集しているためとても大規模な托鉢を見る事ができるという。ホテ...
  1. 2012/05/19(土) 10:44:08 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。