つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界遺産の街、ラオス・ルアンパバーン

今年のプチゴールデンウイークには、ベトナムのお隣の国、ラオスのルアンパバーンに行ってきました。

20120503laostown.jpg

ベトナムに来る前は全くその存在を知らなかったラオス。ところがルアンパバーンは街全体が世界遺産に登録されており、2008年にNew York Timesが“Places to Go”のトップにランキングしたことで欧米人に大人気の観光地というではありませんか。

さらに行った人全員が口を揃えて「ラオス良かった~!」と絶賛。ハノイから空路わずか1時間。下手な国内旅行より近い!ということで行ってきました、ラオス人民民主共和国。

20120503laostown7.jpg20120503laostown8.jpg

ラオスの気候はタイと連動しているようで、5月は1年でも最も暑い時期。滞在期間中も日中40℃と灼熱!!日中歩いてると焼け死ぬ!でも高地のせいか、日陰で風があればなんとかしのげます。夕方になると気温も下がってきますが、少し湿度が上がってくるので日本の真夏の夜のような空気感でした。

20120503laostown3.jpg20120503laostown2.jpg

ルアンパバーンの街はオープンエアのカフェが並び、なんだかとってもお洒落でキレイ!東南アジアの国にありがちな不潔&不衛生感ゼロ。街を歩けばお坊さんに当たるくらいお寺が密集していて、それと洋風なカフェとが不思議とマッチ。

20120503laostown4.jpg

周囲は大自然の山々に囲まれていて、少し歩けばすぐメコン川。川でカヤックをしたり、滝壺で遊んだりした後には街でゆっくりカフェタイム。街はのんびりしていて人もおだやか。西洋人多し。まるで日本の高原リゾートに来たかのような雰囲気。そう、ここはまるで軽井沢!

20120503nightmarket2.jpg20120503nightmarket.jpg

夜になるとメインストリートでモン族のナイトマーケットが始まります。こちらもぼったくろうとする商魂ゼロで実におだやかなマーケット。

ルアンパバーンは本当に日本の良い田舎に居るような、とてものんびりとくつろげる街でした。癒されます!

  1. 2012/05/07(月) 08:00:00|
  2. ラオス旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

ガイドブックよりリアルでおもしろい~
ラオス、未知の世界だったな
なんでそういう雰囲気なの?寺院のせい?気候のせい?
内陸国だから?ベトナムと同じ、フランス領だったわけだし…
不思議だね~同じ半島に密集してる地域と思いきや…
夜のお店で何か買ったの?
  1. 2012/05/07(月) 10:02:20 |
  2. URL |
  3. soko #m.2.LkcQ
  4. [ 編集]

ラオス、なんかタイに雰囲気が似てない〜?
建物とかお坊さんとか・・・でも街がきれいなのは違うね。
ラオスのイメージって全く無かったんだけど、確かに日本からラオスに
旅した人も絶賛していたわ。
この川はメコン川なのね。。。モン族ってラオスにも居るの?
  1. 2012/05/07(月) 22:08:38 |
  2. URL |
  3. miho #-
  4. [ 編集]

>soko
古都なので、日本で言う京都奈良みたいな雰囲気があるのかも。同じ半島でも場所によってかなり気候も文化も違うよ~。夜店ではキッチュな小銭入れを買ったよ。

>miho
元タイだったからタイに似てるよ~。モン族はタイ、ベトナム、ラオス、中国、そしてカリフォルニアに居ます。詳細後日!
  1. 2012/05/08(火) 00:23:56 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/804-1bc273a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。