つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一大イベント、先生の日

ベトナムでは11月20日は先生の日でした。表向きは担任の先生や恩師に感謝の意を込めてお花やプレゼントを贈るという日。

かなりのビッグイベントのようで、地元の小学校では公道を通行止めにして式典を行っていました。

20111120teacherday.jpg

一見とても良い習慣に思えますが、その実は担任の先生に現金を包んで渡す日。露骨な先生だともらった金額順に生徒の席順を決めたりするんだとか。ベトナムの教育現場はどうなっとんじゃ~!?

最近はさすがに学校で現金を渡すことが禁止になったそうですが、その代わりに両親が先生の自宅にお金を渡しに行くそうです。子供のころからこういう姿をみていたら、そりゃ賄賂なんてあたりまえな感覚になりますなぁ。

20111120teacherday3.jpg20111120teacherday2.jpg

地元民にリサーチしてみると、幼稚園に孫を通わせている方は先生に100,000VND(約400円)ずつ渡すとのこと。小学校、中学校となるともっと金額が上がるのかなあ~?

20111120teacherday4.jpg

それはさておき、先生の日が近づくと街のお花屋さんには花束がずらっと店先に並びます。お値段も普段の倍くらいに跳ね上がるそうで、最近ではお花よりもお菓子とかをあげる人も多いとのこと。シャンプー&リンスのセットなんかもよく贈られるんだとか。

日本でいうお歳暮感覚??
  1. 2011/11/21(月) 08:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

おもしろ~い!!

ひゃ~!なんだそれ~!!
おもしろいなあ、習慣の違い…
先生の日とは!!
ベトナムでは先生になる人のいろんな意味でのレベルって
相当高いのかな?
最近の日本ではすっかり威厳を失っている先生たち…
極端だけど、それなりの人格者ならばそれだけ尊敬(?)される習慣は悪くないのかもしれないが…
こないだ中国の映画を見たけど
やっぱり「先生」って特別だったな
村長さんも敬語を使うような唯一の存在、って感じだった
  1. 2011/11/21(月) 09:23:55 |
  2. URL |
  3. soko #4ARdecsc
  4. [ 編集]

>soko
先生の日はアジア各国でも結構あるとこ多いみたいよ。儒教の思想が根底にあるのかな??
  1. 2011/11/21(月) 13:53:06 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/758-3c8d477a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。