つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ありえないということはありえない

私は未知の世界が大好き。UFOとか、心霊現象とか、超能力とか、考えてると妄想が膨らんで楽しくてしょうがない。

でも未知の世界はえてして否定されがち。そして否定派の根拠は「科学で証明されてないから、そんなものあるわけない。」でもこの根拠って科学的に考えるとおかしくないですか?

そもそも「無いという事を証明すること」は非常に難しい。「無いということ」を証明するにはあらゆる可能性を一つ一つ検証し、それを全て否定することに成功しなければならない。これははっきり言って不可能に近い。

なので、私的には「無いという事を証明することは出来ない。よって、ある現象の存在を完全に否定することは出来ない。」というのが正しいと思う。だから理論的に考えてもUFOや、心霊現象や、超能力の存在は否定する事は出来ないと思う。

この世の全ての現象が既に証明されているならば科学はこれ以上進歩しないことになる。そんなのなんだかつまらない。科学とは未知の探求。未知があるからこそ科学は無限に進歩する可能性があるんじゃないのかなぁ。

そんなことを考えている私の愛読書はライアル・ワトソンのアースワークス。これまじ面白いっす。
  1. 2005/10/24(月) 16:13:06|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

見えないモノのちから

今でも家族とサンタクロースの話はしないほど、
私と弟はかなりの年齢まで信じてた。
「サンタはいるの?」とNewYorkTimes(だっけ)に女の子が書いた質問の手紙に、真面目に紙面で答えたという真実を、本にしたのがあって、小さい頃、大好きだった。
記者の返事は、「見えないものが存在しないということはありません」というもの。
大人になった今では、サンタがいるかいないかじゃなく、
例えばサンタを信じた心の中の場所が、重要なんだと思ってる。「サンタクロースの部屋」っていう本書いてる人もいるけど、まさにその部屋の広さや快適さなんだと思う。
実際、妊娠や出産にだって「神秘的」と言われる不思議なことがまだたくさんあるし、私たちは一部しか働かせられない脳でもって見えるモノしか見えないんだから、見えないモノはない、なんてホントに浅はかな考えだと思う。
現実を生きていくための避難所としても、
不安な肉体のよりどころとしても、
精神世界は絶対に必要、で生まれたのだと思うよ。
だってつじつまがあわないもの…
  1. 2005/10/25(火) 09:10:19 |
  2. URL |
  3. soko #-
  4. [ 編集]

想像力

見えないものを信じられるかというのは、どれだけ豊かに想像力を働かせられるかということにも通じると思うなー。子供には思いっきりファンタジーの中で遊んで欲しいよね。

そんな私もかなりサンタクロースを信じてました。というか、サンタクロースは実際フィンランドに実在してるんだけどね。私の友達は会いに行って、「日本語までしゃべれた。やっぱりサンタクロースはただ者じゃない。」と言ってたよ。
  1. 2005/10/25(火) 11:23:58 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/71-ca448813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。