つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

メディアの情報操作

海外に行くと色んなことに気づきます。習慣や文化の違いとか。
その中の一つに、メディアの情報操作があります。

これは日本にずっといると本当に気がつかないことだと思うのだけど、実は私たちが日々見ている新聞やテレビは情報操作されているのです。そして私たちはその情報が100%真実だと無意識に思ってしまう。

例えばアメリカ。今回滞在中は鳥インフルエンザのニュースが頻繁に放送されていた。そのせいかアメリカ人に「日本って生の鶏肉食べるんでしょ~?病気が恐いから絶対ムリ。」と言われた。こっちに言わせれば狂牛病の検査の緩い国で、ハンバーガー食べる方がよっぽど恐いんですけど。でも狂牛病のニュースは全く報道されていない。

中国はもっとすごい。中国ではNHKのBSを放映してるんだけど、中国に都合の悪い内容になるといきなりぶちっと番組が中断してしまうらしい。

私はメディアが大好き。テレビとか新聞とか、一日中見てろと言われても全然平気。でもその情報は誰かが意図的に流しているもの。踊らされないようにしなきゃな。と改めて思ったのでした。
  1. 2005/10/17(月) 08:08:44|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

確かに...

今とっているマイクロバイオロジーのクラスで、教授が「狂牛病の心配があるからイギリスで牛肉は食べない方がいい」と言っても肝心のアメリカの事は言及無し???鳥インフルエンザの話題も授業でよく出ます。
  1. 2005/10/20(木) 13:36:04 |
  2. URL |
  3. Naoko #j9dRels.
  4. [ 編集]

やっぱり…

その教授はアメリカで狂牛病が発症したのを知ってるんでしょうか?(知らなそうだ…。)牛肉業界が裏で情報操作してるに違いないです。若年性アルツハイマーとかも実は狂牛病だったりして…。
  1. 2005/10/20(木) 16:40:22 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

ほんとね。身近な問題を取り上げられないとわからないけど、都合のいいようにしか報道できないことは小さい頃から父に言われてた。こわいね。
私は、昼間と夕方のワイドショー的なニュースをほとんど見られない状況だけど、時々見ると感じる、なんだこれ!
でも周囲の主婦はあれが真実だと信じてあれこれ言ってるの。恐ろしいね。これじゃ北朝鮮とおなじじゃない。
  1. 2005/10/20(木) 22:28:27 |
  2. URL |
  3. soko #-
  4. [ 編集]

報道はあくまで編集されたものだからね。なので私は個人のブログとか見るのが好き。不確かな情報も多いとは思うけど、生の声もあるはずなので。インターネットってホント、すごい発明だー。もうこれ無しでは生きて行けないです。
  1. 2005/10/21(金) 07:58:26 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

見る側の責任

が重要ですよね。鵜呑みにしていたら昔のように「いつの間にか・・・」ってこともないとは言えない。ほんと、鳥インフルエンザも怖いけれど、この原因は鳥だけでなく狭い鳥小屋、えさなど人間側によるものも多いはず。狂牛病も怖いけれど、抗生物質やホルモン剤たっぷり食べさせられているってことも怖いしねぇ・・・。日本は需給率が低いからこれもなんとかしなきゃ。食品の需給率高い国がアメリカに対して強い態度で出ているのを見ると考えさせられますね。
  1. 2005/10/22(土) 16:24:09 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

地産地消

薬膳的にも人間はその土地のものを食べるのが一番いいらしいですよ。やっぱ多少高くても国産!実際味も美味しいしね。
  1. 2005/10/23(日) 08:24:07 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/64-02c29acb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。