つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グレイスワインセミナー&試飲会「勝沼・甲州葡萄を探る」@勝沼

勝沼で行われたグレイスワインの甲州セミナー&試飲会に参加させていただきました。通常は東京で行われていた会を、今年は産地を見てもらいたいとのことで勝沼開催となったそうです。



まずは菱山の甲州の畑を見学。菱山というのは地域の名前で、畑は丘陵地一体に点在しているそうです。この日見学したのはボルドー大学のデュブルデュー教授が見学にきた畑。菱山地区は平地よりも標高が高く寒冷、斜面の向きも畑によってさまざまなのだそうです。

その後移動して鳥居平へ。ぱーっとひらけた一面の葡萄畑。見るからに日当たりがよさそうです。原茂ワイン、ルバイヤート、フジッコ、四恩醸造などと共に地域共通のフレーバーを探す取り組みを行っているとのこと。



畑見学の後はワイナリーに戻ってそれぞれの地域の甲州を試飲。菱山畑はミネラル感あり厚みのある酸が印象的、対して鳥居平はどこか温かく膨らみがある印象。菱山畑は軽いオリを使ったシュールリー製法、鳥居平は樽発酵と仕込み方法が違うので一概には比べられませんが、個人的には菱山のウマウマな酸が好み。2006と07だと06のほうがよりボリュームある印象。

ワインの試飲をしながら三澤さんより甲州のお話が。甲州の歴史、栽培農家の減少、甲州のスタイルの変化、テロワールの探求、クローン選抜などなど多岐に渡ります。



「日本は醸造技術は良いが、栽培の研究は海外からみると遅れている。甲州葡萄の産地がどんどん減少していること、農家とワイナリーの価値観の共有化が難しいこともあり、ワイナリーは自分達の力で葡萄栽培をやっていくしかない。」とのこと。

試飲の後は醸造所の見学。蔵はテイスティングルームから道を挟んだ向かい側にあります。靴のカバーをして醸造所の中へ。「衛生管理が最も大事」とおっしゃっる通り、床が鏡のようにぴっかぴか。またステンレスタンクの上部には煙突のような突起があり、これは極力酸化を防ぐための構造とのこと。



再びワイナリーに戻ると大正時代の宮光園(メルシャンの起源となった醸造所)のフィルム上映会が行われました。服装や、葡萄を馬や籠で運んでいる姿を見るとレトロですが、葡萄棚の下で宴会をしている姿は今も昔も一緒。フィルムは当時PR用に撮影されたものだそうです。

先日勝沼にてこのフィルムの上映会が行われていたまさにその時、奇しくもボルドー大学の富永教授の訃報が届いたそうです。船橋さんの「先達からの伝言を私達が未来に伝えていかなければと、改めて肝に銘じました」というお話にはぐっときました。



最後にグレイスワインの全ラインナップの試飲。どれも安定したクオリティ。中でも印象に残っているのは2006メルロー。チョコレートコーティングのブラックチェリー、深みと厚みがあり、溶けたタンニンがウマウマ。これは美味しいです!2005とはまたガラリと違う印象。リリースされたら迷わずゲットすべし。葡萄は明野町と勝沼町産。カベルネもブレンドされているようです。

とても盛り沢山の内容で、非常に充実した一日となりました。
グレイスワインのみなさま、ありがとうございました!
  1. 2008/07/10(木) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/610-2efbaf9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。