つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

信夫温泉~リニューアルに期待大

東北地方でもう一つ忘れちゃいけないのが温泉。しかも秘湯!東北には時が停まったような歴史あふれる秘湯の宿がわんさかあります。福島市内からも日帰りで行ける所にそうそうたる秘湯が集結。

山あいの100%源泉掛け流しの湯につかり深い森を眺めていると、ふと、自分と周りの自然とがとけ込むような感覚に陥ります。大地から自然に湧き出たお湯には天然パワー満載。しかもお肌つるつる。エステ代わりによく温泉につかりに行ったものです。

shinobu7.jpgshinobu4.jpg

今回福島滞在中に通ったのがこの信夫温泉。高湯街道の高湯に行く途中にあります。あまりにも近いので今まで行ったことが無かったのですが、露天風呂がオープンしたというので初訪問してみました。

吊り橋を渡った先にあるこのお宿、甲板のイメージからなんだかさびれた所なのかな~?と勝手に想像していたら、なんとなんとリニューアルしていてとても清潔で小粋な感じになっているではありませんか。

宿の方々の対応もとても親切丁寧。お湯は高湯と同じ成分だそうなのですが、信夫温泉の源泉は湯の花がくっついて巨大化してしまうため、湯の花を濾過しているとのこと。そのため色は透明です。

ほのかに硫黄の香りのする湯は成分がおだやか。高湯は調子にのっているとすぐ湯あたりしますが、ここのお湯はじっくり長時間入っていられる。「美肌の湯」という名の通り、お肌つるつるになりましたよ。

今年に入ってからオーナーが代わり、少しずつ改装をすすめているとのこと。新しく支配人になられた方は各地の温泉をプロデュースしてきた方だそうで、これからかなりレベルアップしそうな予感。福島市内から20-30分ほどと相当近いにも関わらず、秘湯の雰囲気を楽しめる温泉です。

信夫温泉
福島県福島市桜本字木通沢(あけびざわ)4番地
電話 024-591-1212
  1. 2005/10/03(月) 10:30:40|
  2. 秘湯|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

コメント

秘湯

わー、いいなぁ。東北に住むからには「秘湯」と思っていたのですが、だんなが「山奥は寂しいから・・」と乗り気じゃないんですよ。しかもこの吊橋は彼にとってはNOでした・・(高所恐怖症)。うーーーん、残念!
  1. 2005/10/06(木) 15:36:56 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

最近は秘湯ブームで山奥なのに人がわんさかいるから寂しくないですよー。と旦那様にお伝えください。
  1. 2005/10/06(木) 18:16:44 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

こんなところにまで

いってたんですね。福島住民はほとんどいったことないと思います。。。すごい。。。
  1. 2005/10/09(日) 18:33:03 |
  2. URL |
  3. めぐ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/59-ce940cd0

温泉第2弾 福島 高湯温泉「玉子湯」に行くぞ!

伊香保バス旅行がよかったので、その場で次のバス旅行の企画を話しあいました。同じ新宿新南口から出発するバスに「会津若松行き」がありました。それをみて我らは同時に「会津いいね~」。ちょうど新そばが出る時期だし、いいね~。T嬢の会社の人に温泉フリークがいるとい
  1. 2005/10/19(水) 00:53:58 |
  2. 旅好き美味いもの好き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。