つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Making of 横浜アサンブラージュ会:アサンブラージュ訪問記、甲斐ワイナリー編

nabeさん率いるK's Culinary Planningチームから山梨訪問記が届きました~。3回に分けてお届けします!ではどうぞー。

-----------------------------------------------------

こんにちは、渡辺です。軍鶏郭茶寮(5月10日)の店長の濱ちゃん、藍ノ月(5月24日)の店長沼村さん、同グループの総料理長枡田さん、同グループのがぶ飲み系ワインの店m.mの店長大川さんと私の5人で山梨へ行ってきました!



まずは、甲斐ワイナリーへ。歴史を感じさせる風情ある館。ほっとします。この柱と梁の太さは尋常じゃありません。今はこんな立派な造りの家、なかなかできません。甲斐ワイナリーの自社畑は、この屋敷の庭先にあります。



自社畑で、10日の甲斐ワイナリー風間さんと軍鶏郭茶寮の店長濱ちゃんと二人でパチリ。二人にはなんだかほのぼのとした同じ空気を感じます。



恐ろしく樹齢の高い極太の甲州の幹に、濱ちゃん思わず彼女抱き。。このうれしそうな顔。

さて、ひととおりワイナリーツアーを終えたあとは、テイスティングしながら、メーカーズディナー当日の料理の打ち合わせ。テイスティング場所は、ワイナリー併設の可愛いカフェ。風間さん自らサーブ。(カウンター奥には、可憐な癒し系の風間さんの奥様。。風間さんまわりには、いたるところに独特の癒しの空気が溢れています。。)

もちろんテイスティングも、ほのぼのムードです。。。。。っと、そんなにほのぼのばかりしてもいられません。



今回の出品の1つ目かざま甲州辛口は、しなやかな酸と優しい旨味のほっとする味わい。料理とのマリアージュの話をしていると、風間さんから、「母親と家内が作る手作りのチーズケーキがあるのですが、このカフェでは結構人気ですよ。」っと。それでは、といただきましたら、このチーズケーキがまた癒しの優しい味わい。本当によくあいました。

2つ目のかざま甲州辛口ヴィンテージ2006は、少しキャラが違って、バシっと芯があって、ミネラルやスモーキーな香りもあり、味も多く硬派系。「最初は辛口すぎてやばいっと思ったんですけど、だんだん変わってきて。。」と謙虚な風間さん。これは、どこかで味わった味わい。熟成したシャブリのグランクリュのニュアンスです。このキャラクターの違いは非常に興味深いです。

料理長含めて、エアー・マリアージュに花さかせました。「かざま甲州 から口」には、軍鶏の笹身やムネ肉を使った前菜料理。「かざま甲州 から口ヴィンテージ2006」には、軍鶏の炭火焼。といった感じになりそうです。

乞うご期待!!

by渡辺

-----------------------------------------------------
残席少!お申し込みはお早めにどうぞ。
横浜アサンブラージュ会の詳細、お申し込みはこちら↓
www.makersdinner.com

  1. 2008/04/27(日) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/561-ad0b3046
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。