つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっぱり好きだー!Dehlinger Octagon Pinot Noir

わたくしの大好物であるDehlinger Pinot Noirが3本も登場するというヨダレもののカリフォルニアワイン会に参加してきました。シャルドネもキスラーやら話題のZepalitasやら豪華なラインナップ。今はもう生産していないというNewtonのピノやトニーソーターがいた頃のEtudeとか、それぞれさすがにうまいっす。

20080219pinot.jpg

しかし…やっぱり…ひいきが入ってるのかもしれませんが、この日のベストワインは1997 Dehlinger Octagon Pinot Noir!デリンジャーの畑の一画の葡萄を使ったピノノアールで、良年でないと生産されず、ここ数年のリリースではお目にかかっていないワイン。とにかく香りが素晴らしく、複雑かつエレガント。媚びない凛とした美しさ。じんわりとハートに染み込み、心をつかんで離さない。

20080219pinot2.jpg20080219pinot3.jpg

「私たちは夕食とともに楽しめて、熟成とともにより複雑になるワイン造りを目指しています。近年同業者の皆さんは超早飲み(極端な場合には瓶詰め前)で美味しいと感じるワインを造られていますが、これは不誠実な取り組みです。

酸とタンニンが少なく残糖のあるワインは、口に含んで吐き出すテイスティングでは良い印象を与えますが、実際に食事とともにいただこうとするとどの料理とも合わず、口直しにもなりません。

私達のポリシーは適当な量のSO2でボトリングし、セラーで9から12ヶ月熟成させてから販売、もしくは批評家への試飲を許可します。この熟成によってワインはバランスを取り戻し、またこれからも成熟してゆくのです。」(トム・デリンジャーさんの手紙より)

流行に流されない職人気質のワイン造り。そして周りのワイナリーがどんどん価格を値上げする中、ずっとお値段据え置きの頑固さ。かっこいいです。

ワインと造り手に、リスペクト!
そして会の皆さんに感謝。

  1. 2008/02/21(木) 06:00:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

世界のピノ

最近ヴィノロックのカレラピノ(2006)を頂きましたが、あれも良かったです。
本家ブル(高い、、、涙)、ロワール、アルザス、独(シュペートブルグンダー)、ハンガリー、USA、AUS、NZ、そして日本。ピノは奥が深い~。
  1. 2008/02/21(木) 12:58:30 |
  2. URL |
  3. おっくー #h//dyfX6
  4. [ 編集]

>おっくーさん
ピノ道を極めようとすると破産しますね…。でも美味しい!
  1. 2008/02/21(木) 16:24:52 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

こんにちは。実は私もめっちゃピノ派です。お陰で若干、破産しかけました。
でもブルゴーニュでも「同業者の皆さん」的な作りは多いですよねー。昨日、試飲会にまぎれこんできたんですけど、抽出の強すぎるようなワインが多くて残念でした…。
  1. 2008/02/22(金) 14:33:24 |
  2. URL |
  3. inwine #soYIjzZQ
  4. [ 編集]

>inwineさん
周りに流されずわが道を行ってほしいですねー。フランスワインはやっぱりフランスらしいのがすきです。
  1. 2008/02/22(金) 22:58:34 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

引用しました

トム・デリンジャーさんの手紙、まさに我が意を得たり。
ティスティングではなんとも思わなかったワインを家でじっくり飲むと全然違うことが最近多かったのです。EtudeのPinot、MARTINELLIのPinotもそうでした。その開いてないワインを嗅ぎ別けられないとワイナリー巡りも意味ないですね。
  1. 2008/03/26(水) 08:40:36 |
  2. URL |
  3. ミヤパパ #-
  4. [ 編集]

>ミヤパパさん
そうなんですよねー。私も試飲して良かったとしても必ずもう一度家でじっくり飲むことにしています。ワインはやっぱり食卓で美味しいご飯があってこそですね。
  1. 2008/03/26(水) 10:28:11 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/509-b5ed8488
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。