つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

かながわ地産地消!

神奈川県は海も山も農地もあってなにげに食材が豊富。でも地元の取り組みってあんまり知らない。そこでJAかながわ「食と農のつどい2008」にいってみました。

いや~面白かったぁ~!かながわブランドの確立や幻の野菜の復活、大型直売所の設立などなど、JAかながわかなりがんばってます。しかも自分が知ってる以上に神奈川では様々な食材が生産されていることが判明。

ja1.jpg

神奈川オリジナルの「のらぼう菜」は見た目は小松菜、味は菜の花よりもマイルドで旨みと甘みがありおひたしが激ウマ!お酒のつまみに超グッド。2月末から出回るらしい。

そして幻といわれる万福寺人参は甘みが濃くてこれまたウマイ!かなり深く土作りをしないといけないため年々生産者が減っていたところ、有志の皆さんで復活させたそう。そんな刷り込みをされたため万福寺人参の直売はバカ売れ!のらぼう菜もあったら絶対買ったなぁ~。

20080211ja2.jpg20080211ja3.jpg

また「食料自給率」の解説も目からウロコ。自給率の分母は消費量、分子はエネルギー量なんだそうです。つまり捨てているものも分母に入り、豚を飼育していてもその飼料が輸入ものであればエネルギーはゼロと換算される。食料自給率の低下とは農家が減っただけでなく、食品の廃棄量が膨れ上がったこと、そして肉食が増えたことも関係しているとのこと。

自給率向上のためには、消費者はやたらに捨てない、健康が害されるほど食べない、同じ品質なら国産を食べる。生産者は品質の良いものをコストを下げて生産する、つくれるからつくるのではなく、消費者が欲しいものをつくることが必要。

地元の食品なら新鮮で安心できるものを供給できる(農薬バンバン撒いてたらすぐばれるから)し、輸送コスト、保存のための加工も少なく済む。なので地産地消を推進しよう!とのこと。

よし!週末は直売所巡りに繰り出そう。まずはやまゆりポーク食べてみたいな~。
  1. 2008/02/11(月) 20:16:19|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

コメント

こういった地産地消の動き、非常に良いことですね。山梨にも美味しい山の幸・湖川の幸・なぜか海の幸(煮貝)そして何より、自然の恵み、ワインがあることを嬉しさと誇りに思いますね・・・・あっ神奈川にはワインが無いんだ(・・・チョット優越感の甲州人でした・・『笑』)
  1. 2008/02/12(火) 10:42:13 |
  2. URL |
  3. 寅吉 #-
  4. [ 編集]

>寅吉さん
そうなんです。。。ワイン無いんです。。。でもビールなら負けません!(笑)
  1. 2008/02/12(火) 10:55:14 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

地産地消、すばらしい。

地のものを食べ、その地で出す・・・。

ハワイ・・・楽しかったけど
高い!すべてが高い!
そして胃が消化不良・・・・。

日本ってすばらしい。。。
  1. 2008/02/13(水) 10:15:49 |
  2. URL |
  3. yukko #-
  4. [ 編集]

>yukko
中国では地産地消したくないよね。。。

そりゃ~中国に比べたらハワイは高いさー。

わたしもアメリカでの外食は2日連ちゃんが限界なのでハワイではコンドミニアムひとすじです。どこでも炊飯器あるから米と味噌汁持参で行ってるよ~。
  1. 2008/02/13(水) 10:50:44 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

こんにちは。先日はありがとうございました。mimiさんのお気遣いのお陰で、ホントに楽しい時間を過ごせました。

神奈川は食文化豊かですよね。やまゆりポークは前に小田原の某所で食べました。旨みたっぷり系で美味しかったですよー。
  1. 2008/02/15(金) 15:58:43 |
  2. URL |
  3. inwine #soYIjzZQ
  4. [ 編集]

地産地消で小ネタ

偶然ですが、今日は「足柄野菜」を食材に使ってる素敵なフレンチにお邪魔してました。(小生のBlogにも紹介するつもりです。)

さて、食糧自給率で思い出しましたが、これは結構複雑なんで細かいことはおいといて(笑)、バイオエタノールの下記の例
 http://freakonomics.blogs.nytimes.com/2008/02/13/global-warming-and-the-minefield-of-unintended-consequences/
ではありませんが、費用対効果・エネルギー対効果をよくよく考えないと単なる「改善」では難しいんです。神門氏の本
 http://d.hatena.ne.jp/okkuu-daaman/20080206/p1
をいつか手に取って見ることをお勧めします。

  1. 2008/02/16(土) 16:48:42 |
  2. URL |
  3. おっくー #h//dyfX6
  4. [ 編集]

>inwineさん
先日は楽しかったですね。またぜひご一緒しましょう。三鷹にも遠征しますよー。
やまゆりポーク、なにげにブランド豚なんですね!カツレツ食べたいな~。

>おっくーさん
「日本の食と農 危機の本質」面白そうですね。読んでみたいです。
  1. 2008/02/16(土) 17:20:32 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/502-05fbb989
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。