つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

メルシャン勝沼ワイナリー齋藤工場長改め、齋藤教授を囲む会@Manner-BO

恵比寿Manner-BOメルシャン勝沼ワイナリーの齋藤工場長がいらっしゃいました!齋藤さんから直々にお話を伺いながらシャトーメルシャンのワインを味わうという濃密な企画。



科学的データと理論に裏付けられた経験と知識から繰り出されるお話は歴史、植物生理学、化学、農学、経済学、文化的背景と多岐に渡り、はっとすることの連続。今まで自分がいかにワインの一断面しか見ていなかったかということに気づかされ、そして新たに発見したワインの面白さにますます引き込まれていきます。

そのアカデミックな内容の濃さはまさに「齋藤教授ゼミ」!豊富な知識と経験、しかしあくまで謙虚、こんな教授がいたらきっと大学でも大人気でしょう。もし本当に教壇に立たれたらわたし絶対通います。



この世のありとあらゆるものは常に変化しており、ワインもまた時代とともに変化してゆく。大きな流れの中の一過程として、今目の前にある現象を見るということ。そして全く疑いの無いと思い込んでいる自身の味覚も、実はとてもあいまいで移り気であるということ。

ずっと地面から見ていた景色を初めて空から見たような、感覚が広がるようなお話でした。

お忙しい中山梨よりおいでくださり、このような機会を設けることに快くご協力くださいました齋藤工場長に心より感謝いたします。貴重なお話とワインの数々、本当にありがとうございました。そしてご参加くださった皆様、ありがとうございました!

さて以下は齋藤教授ゼミのレポート。内容が濃すぎてうまくまとまりませんが、思い出せる限り記録に残しておきたいと思います。


カッコ()の中のコメントはわたしの追記です。

■葡萄の歴史
葡萄はコーカサス地方で生まれ、西へ移動するとワインとなり、東へ移動すると薬酒となる。

■甲州グリドグリ
国産ワインコンクールに出すと選外になってしまう。今あるスタンダードな甲州とは全く違うスタイルなため。

■目指すワイン像
昔は海外に迫ろう、突出した個性のあるワインを造ろうとしていた(昔のニューワールドのような)。インパクトのある、三角形のイメージのワイン。シャルドネなら樽の強いスタイル。しかし三角形のワインは驚きはあっても感動はない。感動をもたらすのは全体の調和がとれた丸いイメージのワイン。ワインの頂点は一つではなく、それぞれの地域でそれぞれの個性の頂点がある。日本は日本として、その極みを目指せばいい。

■長野を選んだ理由
良い生産地だったからというよりも、まとまった土地と、それを任せられる情熱あふれる人がいたから。結果として良い地域だった。良い風土があればよいワインが出来るのではなく、情熱ある人なくしてよいワインは生まれない。長野メルロー&シャルドネは長野オリンピックに合わせてリリースされた。

■マリコ・ヴィンヤード
長野に新たに開いた広大な畑。強い風が葡萄のうねに沿って通り抜ける。植物、たとえば雑草は踏まれると長く伸びない。葡萄も強い風を受けると大きく成長せず、小さい粒をつける。とても期待している畑。カベルネフランやシラーも植えている。

■適地
名醸地はブドウ栽培の北限にある。(フェノールと糖の成熟の推移をグラフで地域ごとに考察)。温暖な地域は糖が勝ってしまう。寒冷地はフェノールと糖が交わらない。そのフェノールと糖が交わった時に収穫するのが適熟と考える。科学的に成分分析をしなかった頃から名醸地は北限にあった。造り手は五感で葡萄の適熟を感じていたのでしょう。

■収穫のタイミング
グラフでフェノールと糖の交差点である理想的な状態で収穫できたのが2004年。適熟期を逃すと過熟になるりジャムのようなフレーバーが強くなる(ミッシェル・ローランスタイル)。よりはつらつとした果実味を得たいので、過熟より適熟でとりたい。

■温暖化
年間平均気温が一度上昇したと聞くとたいしたことが無いように思うが、積算温度で考えると年間100度~200度も多く熱を受けることになる。植物にとっては大変な変化。温暖化で葡萄に影響があるるのは昼夜の温度差がなくなること。

■日本の若手に対して
ポリシーを持ってやっていて、一足飛びに進んで行くパワーがある。いい方向にいくと思う。

■ラブルスカ系の味
ラブルスカ系のフォクシーフレイバーとはファンタグレープの香り。マルゴーのポンタリエさんに巨峰のデザートを出したら、食べなかった。しかしフランスから中学生の研修生が来た時に、ナイアガラやコンコードの葡萄ジュースを出したらおかわりもするほど飲んでくれた。ラブルスカ系の味をNGとすることは、生まれつきではなくワインを飲み込んでいく過程で生まれてくる味覚ということがわかった。
(巨峰大好き日本人は、むしろフォクシーなワインが好きかも?)

■樽について
オーク樽は樫の木ではなく柏の木に似たもの。葉も柏の葉に似ている。樫の木は常緑樹だけどオークは落葉樹。オークの木材は2,3年外に置いておき、カビが生えることによってその成分がまろやかになる。
(なんと樽も醸しだったとは!!)

■醸造技術の進歩
瓶が生まれて瓶熟が出来るようになり、針金が生まれて、葡萄のうねを管理することが出来るようになった。
(様々な技術の発展がワイン栽培や醸造技術を進化させていく。)

■樹齢があがると葡萄は美味しくなる?
ただ古ければよいということはない。葡萄は若いときは旺盛に自身を成長させ、実の方にエネルギーをあまりかけない。生存の危機を感じてはじめて実を残そうとする。良い実を得るにはある程度のストレスが必要。樹齢があがるとストレスによって自然に収量が抑えられるので、それで濃縮した果実ができるということなのかもしれない。

■古木
カベルネは剪定時に傷口から繁殖する病気に弱い。そのためボルドーではだいたい40年周期で植え替えを行っている。
(古木や樹齢には経済的な側面も。)

■ビオワイン
ワイン造りでは醸造を科学的にとらえ微生物汚染と腐敗を克服し、コントロールする技術を積み上げてきた。その歴史に逆行することはない。良いワインは健全な葡萄から生まれる。健全な葡萄を得るためには極力農薬を使わず自然な栽培方法に限りなく近づく。ビオはあくまでも健全な葡萄を得るための手段であるべき。目的ではない。

■ワインの消費量
一人当たりの消費量を増やすよりも飲む人数を増やすほうが全体の消費量は増える。飲む人を増やすために安価のベースラインのワインは大事。
(全てのワインを国産葡萄でまかなえるようになるまでは、バルクも大事。)

■ワインの飲み頃とは
果実味あふれるワインが好きな人は早めに、熟成感が好きな人は遅めに。飲み頃は人それぞれ。

■齋藤さんがお好きなワインは?
若い頃はカリフォルニアワインみたいなものが好きだった。その後ボルドー。最近はブルゴーニュもいいなと思う。いろいろ違うものを味わいたくなる。

■日本中どこでも自由にワイン造りが出来るなら、どこを選ぶ?
やっぱりマリコ・ヴィンヤード。可能性を感じる。

  1. 2008/02/04(月) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:14

コメント

改めて斎藤氏の人間的な奥深さ、知識の豊富さ、真摯な姿勢が、よ~く分かりますね、mimiさんのレポートもさすがです。僕もこんな授業なら受けてみたいです。
  1. 2008/02/04(月) 09:39:17 |
  2. URL |
  3. 寅吉 #-
  4. [ 編集]

素晴らしい会でした

斎藤工場長にはお忙しい中、Manner-BOへ
お出まし頂き、感謝申し上げます。
内容の濃さとお人柄の素晴らしさが
伝わり、感動のレクチャーでした。
一点の雲りの無い真剣な雰囲気の中で
ご参加の皆様も大感激されたことでしょう。
有難うございました。
  1. 2008/02/04(月) 10:18:39 |
  2. URL |
  3. BuBu #-
  4. [ 編集]

>寅吉さん
本当に素晴らしい会でした。今まではファンクラブ会員でしたがこれからは自称齋藤教授ゼミ生を名乗りたいと思います(笑)。こんな方が身近にいらっしゃる寅吉さんがうらやましいです!

>BuBuさん
お料理、会場のご提供ありがとうございました!週末あけても興奮さめやらぬという感じです。これからもよろしくお願いします。
  1. 2008/02/04(月) 12:04:20 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

すばらしい!!

こんなセミナーに私も参加してみたいです☆

今私は成田です。
これからシャトーメルシャンのワインも持ってアメリカに突撃してきます。

向こうのワインメーカーたちは長野のメルローや甲州をどう感じるのか楽しみです、またアメリカではガメイがあまり飲まれないので、べりーAの評価も楽しみです♪
  1. 2008/02/04(月) 14:16:54 |
  2. URL |
  3. KEN #-
  4. [ 編集]

>KENさん
今回はニアミスでご都合が合わず残念でした。今度機会がありましたらぜひ地元勝沼でご一緒しましょう。ホント、アメリカのワインメーカー達のコメントが楽しみですね。日本ワイン、なめんなよ~(笑)。
  1. 2008/02/04(月) 14:36:53 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

すごーい!
mimiさんずっとサーヴに徹していらしたのにこのレポート!

貴重な会、ありがとうございました!
  1. 2008/02/04(月) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. kimio #-
  4. [ 編集]

>kimioさん
ワインを注ぎながら耳はダンボでした。
あと旦那の情報と継ぎ合わせてなんとかまとめましたー。でも色々忘れてる気がします。
  1. 2008/02/05(火) 09:57:10 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

おぉ!

この方の話は一度ぜひ聞いてみたいですね!
  1. 2008/02/05(火) 14:38:24 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

>ちゃん・りーさん
旦那様もきっと作り手として刺激受けると思います!
  1. 2008/02/05(火) 14:46:53 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

ホントすばらしい会でした。参加できて光栄です。ありがとうございました。
私も会の様子をブログにアップしてみました。もし良かったらトラックバックさせてください。

(「講義内容」出来る限り、書き起こしてみようかと思っています。)
  1. 2008/02/05(火) 18:50:25 |
  2. URL |
  3. inwine #soYIjzZQ
  4. [ 編集]

素敵な会☆

やはりどこでお会いしても素敵な斎藤工場長☆彡

ファンクラブではなく塾生になりたいです!

mimiさんのブログはいつも素敵で勉強になりますww
  1. 2008/02/05(火) 23:49:21 |
  2. URL |
  3. ゆりりん #-
  4. [ 編集]

>inwineさん
ご参加ありがとうございました!&トラバぜひお願いします。inwineさんのレポートも素晴らしいです。講義内容のアップも期待しています。

>ゆりりんさん
ともに入塾しましょう!
  1. 2008/02/06(水) 11:28:20 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました!

キザンの試飲会でご一緒させていただいたmariです!
昨日はありがとうございました。
ああ、うまいうまいとゴクゴク飲んでるだけでは
もったいないんだわと、mimiさんたちのお話を聞いて
改めて思った次第です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします~~
  1. 2008/02/07(木) 11:57:17 |
  2. URL |
  3. mari #N2y2xK1c
  4. [ 編集]

>mariさん
こちらこそありがとうございました!
なんといってもワインはうまいうまいとグビグビ飲むのが一番です。でもその裏側を覗くとまた違った楽しさがありますね。またぜひご一緒しましょう♪
  1. 2008/02/07(木) 18:09:11 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/501-1d6afe0e

「メルシャン勝沼ワイナリー齋藤工場長を囲む会」

「つまみの女王」のmimiさんにお誘いいただき、Manner-BO の「国産ワインを愉しむ会:メルシャン勝沼ワイナリー齋藤工場長を囲む会」に参加してきました。 メルシャンの斎藤浩氏はアメリカやフランスの最前線でワインづくりに関わり、国内でも長年 現場で手腕を発揮し?...
  1. 2008/02/06(水) 13:08:08 |
  2. 日本のワインを訪ねる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。