つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

タケダワイナリーのぷちぷちデラウエア

タケダワイナリーのセミナー&収穫祭に参加してきました。ワイナリーの二階には100名びっしりの参加者の皆さん。今日のテーマはズバリ泡!キュベヨシコはもちろんですが、メインはこの日新発売の2007シャトータケダ サンスフル白(1659円)、デラウエアの微発泡ワインです。



「キュベヨシコは美味しいけど、もっと安くてデイリーに楽しめる泡を作ってほしい」というリクエストがあり、それならば山形の名産物であるデラウエアから何か作れないかと考えたのがこのペティアン。発酵途中のワインを瓶詰めして二酸化炭素を閉じ込めてあります。しかも酸化防止剤無添加。

一体どんな味なのか興味しんしん。注がれたワインはまるで日本酒の濁り酒。そして味わいは、ぷちぷちとささやくような優しい泡立ち、どこか日本酒を思わせるような吟醸香のような、ほんのり甘くやさしい酸。



いや~これは美味しいです。甲州よりももっと日本酒に近いような、日本の食卓をすぐに連想させる味わい。特に海の幸よりも、かみのやまなどの山の幸に合いそうです。今の時期なら芋煮会に最適!今年は初リリースということで限定1000本だそう。欲しい方はお早めにどうぞ!

ちなみにこのワイン、法律上「もろみ」を瓶詰めしているような微妙な位置にあるらしく、税務署の許可を得るのが大変だったそうです。商品化ひとつとってもそんな苦労があるんですねー。



セミナーのあとは収穫前のカベルネ畑の見学。そして収穫祭へ。スタッフ全員のご紹介があり、元横浜のソムリエの方もこちらへ入社され、造りを学んでいるそうです。スタッフの皆さんもとても温かく、いつ来ても「なんか大きなファミリーだなー。」という印象を持ちます。

そして岸平典子社長からとても心に残るお話がありました。典子さんが小学校くらいのときにワインブームが起こり、ワイナリーのワインが完売。売るものがなくなってしまったそうです。



そのとき、果汁を輸入して売ればもうかるじゃないかという意見も出たのですが、それに対してお父様が一言。「この土地の葡萄を使ってこの土地でワインを仕込むのが本来のワイン造り。売るものがなければ遊んでろ。」この言葉が子供ながらにとても印象に残っていたそうです。

高度経済成長の時代、利益主義に走ろうと思えば容易なことだったでしょう。にも関わらず、地産地消を昔から貫いてきたごお父様の志は本当に素晴らしいものです。この日初めてお会いしたお父様、素敵です!

そしてその意志を継がれた典子さんをはじめとするスタッフの皆さん、これからきっともかみのやまの自然を感じさせるワインを造り続けてくれることでしょう。

  1. 2007/10/23(火) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

コメント

法律の壁ってやっかいですよね^^;
それにしてもすごいにごり具合!!
もう湯のみとかで漬物や、味噌漬けの魚ををつまみにぐいっとやりたいですね♪

醸造用のぶどうも意外と美味しいのにやっぱり普通は食べないのが残念!!私はメルローとか好きですよ☆食べるのも、飲むのも(笑)
  1. 2007/10/23(火) 17:19:06 |
  2. URL |
  3. KEN #-
  4. [ 編集]

時々ワイナリーで‘もろみ’を飲ませていただきますが、そんな感じかな。小山田氏の‘ペティヤン・シードル仕立て’がこんな感じでしょう。飲んでみたいな。それにしても、相変わらずmimiさん、精力的ですね~!リポートいつも楽しみにしています。
  1. 2007/10/23(火) 18:07:11 |
  2. URL |
  3. 寅吉 #-
  4. [ 編集]

>KENさん
まさにそんな感じです!あまりにも自然な味わいで一升瓶でもきっと楽勝ですよー。わたしはなにげに食用は巨峰よりもベリーAが好きだったりします。巨峰より安くてあま~い。

>寅吉さん
造り方は多分「クラノオト」と同じかな?葡萄の生っぽい感じが詰まってて美味です。ぜひお試しください。
  1. 2007/10/23(火) 18:35:29 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです!

超偶然ながら、
今夜、このサンスフル白を飲んでいました!

あちらこちら的には、オーストリアのシュトゥルムとの同じような
特別な味わいを感じつつ味わいました。

オーストリアのシュトゥルムは、発酵途中のにごりワインで、
酵母が生きているので、
乳酸系の香り、発酵による炭酸ガス、
リンゴのようなフルーティさが特徴。
地元では250mlのジョッキで飲まれています。

このワインは、シュトゥルムの特徴を全て備えている、
奇跡のような存在と思いますが、
かつてから、収穫祭で発酵途中のワインを振舞っていた
タケダワイナリーならではのものかもしれません。

シュトゥルムは、それを飲むためにオーストリアを訪れる価値があると言う人もいます。
発酵が続いているため、栓をすることができず、
そのため現地でしか味わえない特別なワインです。

  1. 2007/10/23(火) 22:32:21 |
  2. URL |
  3. あちらこちら #-
  4. [ 編集]

>あちらこちらさん
なんとシンクロですね!シュトゥルムとは初耳です。ちょっとググッてみると、見た目は確かに似ていますね。ジョッキ飲みなところもいいですね!

とても反応が良いので1000本あっという間に完売かな?
  1. 2007/10/24(水) 00:23:01 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/445-6164dddf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。