つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボー・ペイサージュ~日本の赤ワインもここまで来たか

最近日本のワインにはまっている私。とはいえ赤ワインに関しては、まだ外国のワインに太刀打ち出来るものは無いな~と正直思っていました。しかし、ものすごい国産ワインを発見しましたよ。それは山梨県のボー・ペイサージュ

beau2.jpgbeau1.jpg

dancyuの日本のワイン特集に載っていた記事を読んで興味を持ち、ワインをオーダーして先日飲んでみました。今回飲んだのはle Feuというボルドーブレンド。

もう、注いだ時の液体の質量というか、色からして違う。とても濃縮した色。そして香り、酸味、舌触り、どれをとっても絶品。すばらしい果実味!日本ではここまで葡萄を熟成させることは出来ないと思っていただけに、カルチャーショック。日本でもちゃんとした葡萄が育つんじゃん!!これは下手な外国ワインより数段上。相当美味しい、素晴らしいワインでした。

ボーペイサージュは岡本さんという方が葡萄作りから行っているワイナリー。あちこち土地を探し、辿り着いたのが須玉市津金の土地。岡本さんは一日中ひたすら葡萄畑で過ごすと言う。

色んな人から「ボーペイサージュはいい」とは聞いていたものの、これほどの実力とは正直びっくりしました。そして、日本でも高品質のワインが出来るのだということを確信しました。

ボーペイサージュのワインはワイナリーからオーダー、もしくは須玉市のおいしい学校で販売しています。葡萄畑はおいしい学校のすぐ裏。「日本のワインはちょっと…」という方、騙されたと思ってぜひ一度飲んでみてください。

ボー・ペイサージュ
okamoto@yamanashi.email.ne.jp
  1. 2005/08/17(水) 17:00:11|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

日本の赤ワイン

とっても入手困難なのですが、十勝ワインの中で「アムレンシス」というヤマブドウで作る赤ワインがございます。
多いときでも生産量は10,000本(800ケースほど)ですし、冷夏で収穫が少ないと、普通の赤に混ぜてしまうのでないビンテージもあります。
繊細さではフランスものに負けると思いますが、力強さでは決して負けないと思っております。
もしもチャンスがございましたら、お試しくださいませ。
  1. 2005/08/18(木) 22:44:03 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

ヤマブドウとは珍しいですね。今度北海道に行ったときには十勝ワイナリーも訪ねてみたいと思います。
  1. 2005/08/19(金) 12:57:13 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/42-29184882
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。