つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

酒井ワイナリー@山形県赤湯

次は赤湯の酒井ワイナリーを訪問。こちら、なんと明治25年創業。赤湯には4件のワイナリーがあり実はワイン産業が盛んです。ワイナリーがあるのは赤湯温泉街の中。赤湯にはかの有名なラーメン龍上海もあり、なにげにディープな一帯です。温泉に泊まりワイナリー三昧もいいかも!

sakai3.jpgsakai1.jpg

酒井ワイナリーを知ったのは友達がBBQにボルドーブレンドのバーダップスペシャルブレンドを持ってきたのがきっかけ。一度見たら忘れられないレトロなラベル、そして驚くほどに美味しいワイン!なんだこりゃ~!と強烈な第一印象でした。今回念願の訪問です。

まずは白からテイスティング。カウンターに座ってゆっくり試飲。お母様とのお話が楽しい。2006バーダップ寒仕込ワイン(1596円)は遅摘み甲州。酸と果実のバランスが良いすっきとしたデザート系。旨い!2004バーダップ甲州(1596円)は酸の厚みがあり菱山甲州を思わせるような美味しさ。クリーンでフレッシュ、これまた実にイイ。

sakai5.jpgsakai4.jpg

2005バーダップスペシャルブレンド(3170円)はカベルネソービニヨンとメルローのブレンド。鳥上坂(Birdup)の自社畑の葡萄を使ったもの。ジューシーな葡萄の旨み満点の赤。そしてあのラベル。造り手さんは只者ではありません。

赤湯では契約農家の高齢化が進み、原料の葡萄の入手がどんどん難しくなっているとのこと。これからは自社畑を増やしていかないと、と若旦那の一平さんはがんばっているそうです。特に甲州は生食用がさっぱりなため、造る人も減少の一途。酒井ワイナリーでは醸造用にとお願いして造ってもらっているのだそうです。

余った葡萄からワインを造っていた時代はもう昔の話。これからは本気でワイン造りに打ち込む蔵のみが生き残っていく時代なのでしょう。

  1. 2007/07/08(日) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

赤湯は山形ワインの大浦ぶどう酒に行ったことがあります。
ラーメンの龍上海も近く、からみそラーメンが大変美味しかったのを覚えています。
  1. 2007/07/09(月) 19:06:20 |
  2. URL |
  3. バッカス・マーケット #PhxeG.4A
  4. [ 編集]

>バッカスマーケットさん
おお、山形弁が和む大浦さんですね。龍上海、まだ行ったことないので次回はここでランチ目指したいと思ってます。
  1. 2007/07/11(水) 17:20:55 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/382-8db35a57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。