つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

天童ワイン@山形県天童市

福島まで来たので久しぶりに山形ワイナリー巡りに繰り出しました。福島に居た頃はあまり日本のワインを知らなかったので、かなり沢山のワイナリーをスルーしてしまっていました。不覚!

天童ワインは山寺や山形蕎麦街道の近くの天童市にあります。だだっ広い田んぼの中の集落にあるワイナリー。昔は造り酒屋だったと聞きその蔵の建物とロケーションに納得。ワイン造りは20年前から始めたそうです。

tendo1.jpgtendo4.jpg

ワイナリーの二階は広いテイスティングルームになっていて、佐藤社長や専務自らグラスの持ち方、葡萄の品種などワインの基本などを丁寧に説明していただけます。もちろん試飲はちゃんとしたグラスで。

ナイアガラ(1386円)はまさにナイアガラそのまんま。ジュースのごとくグビグビいけます。セイベルを使った山形ブラン(1575円)はほんのり甘く、バランスよい飲みやすい一品。やさしい味わい。一番よかったのはオールステンレスの2006山形シャルドネ(1596円)。シャープな酸が爽快でグッド!山形は昼夜の温度差が大きく、酸がしっかり残るのが特徴とのこと。湿度の高い日本に最適です。

tendo2.jpgtendo3.jpg

天童ワインでは「天童の土地を表現したワインを」とのポリシーの元、契約農家さんと協力してブドウ栽培をされています。カベルネ、メルロー、シャルドネなどの欧州系品種も棚が中心。「ここは土が肥えているため樹勢が強くなってしまうので、棚で栽培しています。」と佐藤専務。まだまだ葡萄の質には納得されておらず、土造りを基本に栽培方法を模索中とのこと。

「とにかく良質の葡萄を」という熱い思いを胸に秘めた佐藤さん、5年後の天童ワインが楽しみです。




  1. 2007/07/05(木) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/379-cbcbb6f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。