つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山梨ワイン醸造:親子代々のワイナリー

メルシャンを後にして次は山梨ワイン醸造へ。野沢たかひこさんのお父様にワイナリーを案内していただきました。お父様、とっても渋くすてき!説明もたかひこさんとはまた違う面白さ。

ワイナリーのすぐ裏の七俵地畑に行くと、もっさもさに葉っぱが成長してました。冬来た時とは見違えるようです。丁度ボルドー液をまいた後とのことで葉っぱに白い液体が残っていました。ほほ~これがボルドー液ですか!勉強になります。

yamanashiwine8.jpgyamanashiwine2.jpg

咲いていた葡萄の花からは白いフローラルなオードトワレのような良い香りがしてました。もう少ししたら葡萄に笠かけの作業をするそうです。葡萄のまわりの葉っぱは残しておくとのこと。「僕は取るんだけどね~。」とお父様。お二人それぞれの哲学があるんですね。

蔵の中には使用前のフレンチオークの新樽が。中に鼻をつっこんで香りを嗅ぐと…おぉ~!まさしくバニラトーストの甘い香り。アメリカンオークも嗅いでみたいなー。

さて試飲は辛口を中心に。2005甲州Four Seasons(2057円)は樽醗酵でシュールリーの甲州。苦味が少なくふくよかな味わい。ヨーグルトのようなクリーミーな甲州。対して樽貯蔵(白)(3082円)は氷結果汁の甲州。厚みがありキレが良いシャープな味わい。存在感あり実に美味しい。

yamanashiwine7.jpgyamanashiwine6.jpg

七俵地畑収穫2005カベルネ・ソーヴィニヨン(3692円)は常に安定したクオリティ。チャーミングな果実、なめらかな舌触り、バランスよく実に美味しい。誰にでも安心して薦められる一本です。

山梨ワイン醸造では数多くのアイテムを造られてますが、「今はどんどん辛口嗜好になっているので、これからは辛口のワインが多くなっていくと思います。たかひこも辛口を増やしていきたいみたいだし。」とお父様。

現在赤の2アイテムには輸入果汁を使っていますが、それも今後は国産の葡萄に変えていく予定だそうです。「赤は原料が少なくてねー。」とのこと。良い醸造用葡萄を造ってくれる農家さんが増えればなあ。

親子それぞれの思いを伺い、とても実り多きワイナリー訪問となりました。お父様が見守り、たかひこさんががんばる山梨ワイン。これからが楽しみです。

  1. 2007/06/14(木) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ここはホントに良いワイナリーですよね。
特に建物がいい!!とっても味のある建物ですよね☆
社長のキャラもいい感じ♪
私は個人的にシャルドネ好きだな~。
  1. 2007/06/14(木) 12:06:29 |
  2. URL |
  3. KEN #-
  4. [ 編集]

>KENさん
あのお座敷で宴会したいですよね~。
お父様、渋いです。
  1. 2007/06/15(金) 11:23:19 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/368-b586c765
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。