つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オススメ自然派ワイン

それでは先日のフランス自然派試飲会で美味しかったものを一挙ご紹介いたしましょう!

一番良かったのはドメーヌ・ゴビー。南フランス、ルーションの造り手さんです。ハンプティ・ダンプティみたいなかわいいおじさん。

200703gauby.jpg

2004 "Calcinaire" Cote de Roussillon Villages Rouge(2700円)はカリニャン、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルのブレンド。とてもソフトでまろやかで旨みがあって実に美味しい。さらに2003 Cote de Roussillon Villages Rouge(5000円)はソフトでさらにまろやかな赤。チェリーやベリーの複雑な果汁の旨みがたっぷり詰まった一品。ふんわり立ちのぼる香りにうっとり。本日のベストワイン!全く英語が通じず、通訳の方もいなかったのでお話できなかったのが残念!

200703langlone.jpg

次はローヌのラングロール。話題の2005タヴェル・ロゼ(3465円)は色はロゼなのに味がしっかり存在感で美味しいですが、それよりもシラーとグルナッシュのブレンドである2005トラベルセ(3885円)がウマウマ!ふわっとした軽やかな第一印象に続く果実味。酸味がのっていてピュアでフレッシュ。多面的で実に美味しい。山利喜で一杯やりたいワイン。

200703derian.jpg

ドミニク・ドゥランはブルゴーニュ、サン・トーバン村の造り手。ご夫婦の畑は100年以上前から一度も化学物質を使用したことが無いらしい。白でよかったのはアリゴテの2006 Allez Goutons(2580円)。オリいっぱいの濁り果汁。蜂蜜のような香り、シャープな酸味、するする飲めちゃう。そして赤では2003 Saint-Aubin Le Ban(3480円)がすごい。スパイシーでパワフル。フランスとは思えないとても力強いピノ。

200703lacadette.jpg

そして現実的理論派のドメーヌ・ド・ラ・カデット。こちらはシャブリとニュイの中間に位置するヴェズレイ地方の造り手さん。2005ブルゴーニュ・クロデュス(2500円)はシャルドネ100%。柑橘系のシャープな酸味、でもシャブリみないに突き刺す感じではなく優しい。フレッシュで美味しいシャルドネ。2005ブルゴーニュ・ヴェズレイ・ラ・シャトレーヌ(2800円)もシャルドネ100%。とてもクリーンできれいなワイン。フレッシュでミネラルしっかり。2005ブルゴーニュ・レルミタージュ(3300円)もすごくクリーンでピュアでチャーミングなピノノアール。「ビオは苦手」という人にはこのおじさんのワインを飲ませるべし。

200703griotte.jpg

お次は赤いTシャツが素敵なロワールのドメーヌ・デ・グリオット。2004 Bonnet d'Ane(2900円)はシュナン・ブラン100%。りんごのような香り、酸味とミネラルがウマウマ、そ後半からの盛り上がりがパワフル。シュナン・ブランもいいですねー。このワインはSO2完全無添加で、置いておくとどんどん茶色く酸化するらしい。

200703breton.jpg

そして最後はドメーヌ・カテリーヌ&ピエール・ブルトン。ロワールのブルグイユの造り手さん。ロワールのカベルネフランといえば青臭くてペラペラな印象でしたが、ここのは果汁の濃さがはんぱじゃないです。一番気に入ったのは2004 Bourgueil Cuvee Nuit d'ivresse。SO2無添加で、ふわっとしたやさしい味。ワイン名のニュイ・ディブレッセは、「酔っ払いの夜」という意味だそう。このワインがあれば楽しく夜が更けそうです。

それにしても試飲会から4日も経ってますが、それぞれのワインの印象を鮮明に覚えていることに驚きます。フランスワインの試飲会に行くと「全部それなりにおいしかったけど、逆に特に印象に残っているのはない。」という感想を持つことが多いのですが、今回はワインも作り手さんも個性あふれていてインパクト強し。そんなトコロも自然派ワインの魅力かもしれませんね。
  1. 2007/03/17(土) 15:20:25|
  2. フランスワイン|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/314-89c99fcf

◆フランスでも話題の日本人女性 新井順子

2004年がとっても美味しかったので、リピート購入です。2005も楽しみ!新井順子さんのドメーヌです。ガメイってもっとストロベリーっぽい香りと思っていました。ボージョレと全然違う感じ。けっこう好きです。・フランス買付け日記~ロワールのイャニック・アミロさん編2~
  1. 2007/08/11(土) 07:59:18 |
  2. ロワールがたくさん

赤をあなたに捧げます

ロワールでこのあじわい、とても丁寧な作り手だと感じました。お値段的にどなたにもおススメ。ロワールは品種の個性が出がちだと思いますが、このワインは飲みやすさを考えてきちんと作っていると思います。・ポイント2倍オークション!ロワール自然派赤白ロゼ3種セット 【.
  1. 2007/08/11(土) 12:25:37 |
  2. ロワールが最高によかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。