つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

タケダワイナリーセミナー@藤小西

中野坂上の酒屋さん、藤小西さんで開催されたタケダワイナリーのセミナーに参加してきました。タケダワイナリーの岸平さんは今注目の造り手さんの一人。お話はいろいろ聞くものの、お会いしたことがなかったのでとても楽しみにしていたイベントです。

200703takeda1.jpg200703takeda2.jpg

藤小西さんでは同時開催で日本ワインの試飲フェアも開催されていました。少し早く到着してまずは無料試飲をひととおり頂きます。こうやって比較すると今まで感じなかった新たな発見が。特に甲州はワイナリーごとに個性様々で面白い。デュヴルデュー甲州も以前飲んだ時とはちょっと違う印象。勝沼醸造 アルガ ブランカ クラレーザ ディスティンタメンテは初でしたが、やっぱり美味しい。

岸平さんの旦那様がいらっしゃたので色々おしゃべりしながらタケダワイナリーのワインも試飲させて頂きました。山形は山梨に比べると若手の造り手の結束力はまだ控え目なのだとか。「もともとおとなしい県民性なので…。あと、まだ私たちの上の代ががんばっているので。」と岸平さん。元福島市民の私にはなんとなくおっしゃってる意味が判ります。やっぱり山梨のパワーは東京の隣の県であることも大きく関係してるのかも。

200703takeda4.jpg200703takeda3.jpg

さてセミナーの時間になったのでお店の奥のスタンディングバープチコニシへ。造り手の岸平典子さんがお話をしてくださいます。写真で見た印象ではしっかりした感じの方なのかなー?と思っていたら、これが結構おちゃめ。お話もぶっちゃけた感じでとても楽しい。

試飲ワインは実験用の非売品やバレルサンプルなど、普通では飲めないものばかり!純粋に一番美味しかったのは2006タケダワイナリーマスカットベリーAサンスフル。山梨のベリーAとは違い、山形のベリーAは酸味が乗っていてドライ!香もすごく良く深みもあり美味しい。ビオディナミで造られているそうです。岸平さんは「ベリーAはヨーロッパ系の品種よりも土地の個性を表現する葡萄品種だと思うので、これを大切にしていきたいと思っています。」とのこと。まさしくそれを体感した一杯でした。

200703takeda8.jpg200703takeda7.jpg

そして面白かったのは2006ドメイヌタケダ・シャルドネの培養酵母ものと自生酵母もののバレルサンプル。以前から培養酵母と自生酵母の味の違いに興味があったのでこれは面白い!両方比べて飲んでみると味の違いが歴然です。培養酵母のシャルドネはよく飲んでる味。香りは一面的。対して自生酵母のものは香がとても多面的で複雑。うう~む。こんなにも味が違うものなんですねー!!

そしてもう一つ、面白かったのは2005タケダワイナリー豆畑メルロー(ビオディナミ)。試験醸造もののメルローですが、瓶内二次発酵してて注ぐとしゅわしゅわ泡が。さらに香りはセメダイン~。こういう試験的なものも試飲させてくれる所がまた彼女の人柄を表していて好印象。

「私たちは果汁農家ですから、農業としてのワイン造りをしています。」とおっしゃる岸平さん。とてもかわいらしい素敵な女性でした。今度はぜひワイナリーでお会いしたいな。

私は出席しませんでしたがタケダワイナリーのセミナーの後はルミエールの小山田さんのセミナーということで、小山田さんとも一言ご挨拶。

いや~日本のワインって本当に魅力的な方々が造ってます。セミナーに来てるお客さんも皆笑顔。日本人同士だからこそ通じ合える味と心。いいですな~。

  1. 2007/03/13(火) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

そう言えば(おとといの日曜日?)藤小西さんでセミナーやっていましたね。
ちょうどその日の晩、同じタケダ・ワイナリーさんのベリーA古木を自宅であけていました。とても洗練された滑らかなテクスチャーは、世界のどこに出しても恥ずかしくない逸品でしたよ。
  1. 2007/03/13(火) 08:39:41 |
  2. URL |
  3. みーやん #mpjla4/w
  4. [ 編集]

>みーやんさん
セミナーは土曜日の夜でした。ベリーA古木も頂きました!こちらは古木ならではのまったり感でしたね。古木の自生酵母ものが出たら相当良さそうです。
  1. 2007/03/13(火) 11:28:45 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

タケダワイナリー

は、歴史あるワイナリーですものね。藤小西さんのメルマガを呼んだときに無理とは思いながら「行きたいなぁ」と思いました。
会津にいるときに足を運ぼうと思っていたのに、運べずじまいでしたし・・・。

実は夫が亡きタケダワイナリーの息子さんと大学で同級生、同じゼミ仲間だったのでした。
夫が初めて飲んだワインは、彼が持ってきた自分の家のワインだったとか。「ワインもいいもんなんだよ・・・」と。

mimiさんのレポートを読んで、ますます行きたくなりました。
  1. 2007/03/14(水) 14:07:18 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #n0qx/e52
  4. [ 編集]

>ちゃん・りーさん

旦那さんが息子さんと同期ってお話覚えてます。今回はしめっぽくなるかな?と思ってそのお話はしませんでしたが…。なんと初めて飲んだワインもタケダワイナリーだったとは!就職活動(?)もかねて福島旅行にいかれてみてはいかがでしょう?
  1. 2007/03/14(水) 17:48:44 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

シャトータケダの白が好きです。
昨年訪問したとき遣っ付けであしらわれていたのかな?
ワイン業界の人には愛想が良いようですが、一般の方には冷たいような(悲)。
  1. 2007/03/14(水) 23:18:08 |
  2. URL |
  3. スティブ・はみ #-
  4. [ 編集]

>スティブ・はみさん
典子さんと会われたんですか?えーそんな感じじゃなかったですよ。おとなしい県民性がそんな印象に映ったとか?
  1. 2007/03/15(木) 00:07:57 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/312-52c55632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。