つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アルペンジロー:カレーの頂を極める

いや~またまた横浜の愛すべき店を発見してしまいました~。それは伊勢佐木町のアルペンジロー。美味しいカレー屋さんというふれこみですが、これはカレーというジャンルを超えたカレー!カレーではなく、こだわりのカレーソースを使った肉料理と言うべき一品。むしろ洋食屋さんと言うべきか!?

200703jiro.jpg200703jiro4.jpg

メニューは鶏肉、豚肉、和牛、野菜など中身をチョイス。そしてカレーの辛さを下は野毛山、上はエベレスト、はたまた天国まで段階を選びます。ご飯はライスの分量を選択。

オーダーを取ると目の前で一品一品お肉をソテー。シェフの機敏な動きに見とれてると程なくしてカレーの登場。カレーは小麦粉を使っていないのでさらさら。スープのように一口頂くとこれが100種類くらいのスパイスが混じりあったような実にコクと旨みの詰まった逸品!フルーツの甘みもありウマ~!!そして肉はとろとろジューシー~。飯ごうに入って出てくるご飯はアルデンテでこれまたさらさらのスープとばっちりの相性。

200703jiro3.jpg200703jiro2.jpg

店内は天井が高くとてもリラックスした雰囲気。カウンターには深くゆったり腰掛けられる椅子が置いてあって、ゆったりとくつろげます。サービスも非常に目が行き届いていて完璧!そしてなんとワインは遠足に持っていく水筒に入ってくるトコロも遊び心が楽しい。温度がキープされて何気にいいかも!

味、サービス、雰囲気、どれをとっても素晴らしく、なおかつ店内の時間はゆったりと流れる横浜らしいお店。ああ、また横浜への愛が増してしまった。
  1. 2007/03/12(月) 14:10:39|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

高級なビーフシチューみたいね~。
ああ、日本の繊細さが懐かしい・・・。
うっかり中国版バーモントカレー粉を買ったら
中華味なカレーだった・・・。だまされた・・・。
  1. 2007/03/12(月) 22:22:31 |
  2. URL |
  3. yukko #-
  4. [ 編集]

>yukko
そうそう。ハイグレードな感じなのよ~。でも雰囲気はまったりなの。お値段もお手頃。(和牛カレー&小ライスで1500円。)
バーモントも中身変えてるのかな?中国風カレーもちょっと食べてみたい。なにげにうまそう。
  1. 2007/03/12(月) 22:29:15 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

お肉を長時間煮込んでいないのでしょうが、とろとろなんですね。
中華味のカレー、シンガポールで遭遇しました。
  1. 2007/03/12(月) 23:38:42 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

お肉はソテーしてるだけだと思うんですよねー。でもスプーンでほぐせる柔らかさなのです。中華風カレーは中華街にもあるらしいです。
  1. 2007/03/13(火) 00:36:36 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

いいなあ…

やっとこさ夕御飯の下ごしらえを済ませてPCに向かったら
なんとまあ美味しそうな…
今夜のメニューはカレーなんですぅ…
今日はカレールーを使う普通のカレーですぅ…
こんなにいっぱいおいしそうなお店を知っていると、
自分のお料理にも磨きがかかるね!それとも…
ひょいっと食べに行けちゃうから逆に…?
  1. 2007/03/14(水) 11:27:20 |
  2. URL |
  3. soko #-
  4. [ 編集]

>soko
あたしだって家カレーは思いっきりジャワカレーよっ!確かに色んなお店があるとインスピレーション沸くかも。
  1. 2007/03/14(水) 17:45:34 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/310-9bcf6a0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。