つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

金井醸造場:1972年の甲州

何故か勝沼に来たら寄らないわけにはいけない気がしてまたまた金井醸造場を訪問。金井さんとの会話が楽しくていっつも長居しちゃうんですよね~。最近はワインの話というよりくだらない話題のほうが多かったりして、お仕事中すいません。。。でもそんな中から金井さんの人柄に触れてなおいっそうワインが味わい深くなります。

caney2.jpgcaney1.jpg

今回はなんと、金井さんの産まれ年である1972年にお父様が仕込んだ甲州を味見させていただきました。一升瓶に入った甲州はきれいな月光色。こんな色のワイン、見たことがありません。「この状態でそこら辺にずっと置いてあったんですよ。」という甲州はまったりと熟成してまだまだ生きていました。「この頃は今ほど農薬も無いし、醸造もすごくシンプルだったんです。その時代にヒントがあると思うんですよ。」と金井さん。30年以上もワイナリーと共に年を重ねたワインと思うと感無量です。親子代々引き継がれてきたワイナリーならでわの貴重なワイン、本当にごちそうさまでした。

ところで金井さん、大学は建築科でもともと甲府のゼネコンに就職していたそうです。家業を継ごうと決心したきっかけはあるワイン会でカステッロ・ディ・ランポッラのサンマルコを飲んだこと。なんと、涙が出てきてしまったのだとか。金井さんは超パスタ好きで、「今いきたい海外はイタリア!」だそう。うーむ。きっと金井さんの前世はイタリア人に違いない。
  1. 2007/03/03(土) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

コメント

古酒甲州なら「まるき葡萄酒」への訪問をお勧めします。地下のセラーには70年代の甲州が一升瓶のまま熟成中です。その数はワインボトルにして10万本だとか!圧巻です。
一升瓶はコルクの上から王冠で密封されているので、還元状態でワインの熟成が進んでいるとのことです。信じられないでしょうが30年以上たっていてもワインの色は茶色ではなく薄い緑色でした。運よく試飲させてくれたのですが、ひどい二日酔いの時。あまり印象に残ってませんがワインの色合いと一緒で若々しい味わい。
その時にその甲州を共同購入した(お金は払ってませんが)のですが現在行方不明。どうなったのだろうか?
ワイナリーで76年が720ml10500円で販売されています。mimiさん飲ませてください。買いに行きますから。
  1. 2007/03/03(土) 12:30:56 |
  2. URL |
  3. ハミ #-
  4. [ 編集]

甲州古酒もワイン会で楽しめるといいですね。
1升瓶を囲んでわいわいやったら、とてもワインには見えないでしょうね。
  1. 2007/03/03(土) 22:54:11 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>ハミさん
いえいえ、わたし買いに行きますからぜひハミさん、飲ませてください…。なんちゃって。HPを見たらカベルネフランの古酒もありました!まるきは次回要チェックですね!

>脳天気さん
オール甲州だったらなんとか予算内に収まるかな?甲州も色んなスタイルが出ているから面白いかもしれませんね。そんなコアな会に出てくれる人いるかな…?ハミさんとりあえずエントリーということで、お願いします♪一升瓶ワインも登場させたいですよね。これぞ日本ならでは!
  1. 2007/03/04(日) 11:37:06 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

こちらにははじめまして、です!

金井さんのワイン、うらやましいです(^0^)

「まるき葡萄酒」のセラーはすごい!の一言に尽きますよ。
またワイナリーで「スモーク・ド・タクアン」もつくられているのですが
ベリーAと合わせるとなかなかオツな味わいです。
是非一度お試しを♪

また遊びに来ま~す。
  1. 2007/03/04(日) 21:28:36 |
  2. URL |
  3. 前田 馨 #-
  4. [ 編集]

>前田 馨さん
コメントありがとうございます!
スモーク・ド・タクアンとは秋田のいぶりがっこみたいなものでしょうか?マスカットベリーAと合うとは!日本ならではの組み合わせですね~。試してみたいです。
  1. 2007/03/04(日) 23:45:55 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

「スモーク・ド・タクアン」は確か桜のチップで燻製していたと思います。
(スモーカーも見せてもらいました)

いぶりがっこ程は強く燻っていないので、食べやすいですよ~
  1. 2007/03/05(月) 00:39:35 |
  2. URL |
  3. 前田 馨 #-
  4. [ 編集]

>前田 馨
「桜のチップで薫製」からはメルシャンの甲州グリドグリも連想します。花見しながらスモークタクアンと国産ワインもオツですね!
  1. 2007/03/05(月) 09:59:52 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

秋田にご縁がある方が多いので、いぶりがっこでワインとあわせるというのもトライしてみたいですね。
撃沈するかもしれないけれど。
  1. 2007/03/05(月) 17:12:43 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>脳天気さん
先入観は禁物です。どんな食材でも果敢に挑戦しましょう。
  1. 2007/03/05(月) 19:38:10 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/302-ace43680
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。