つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

サッポロワイナリー:さすがビール会社

前を通るまで存在を忘れていましたが、サッポロも勝沼にワイナリーを持っています。ポラリスシリーズというワインが良いらしい、ということを思い出して訪問することに。

まずはツアーに参加。事前に「中は撮影禁止になっております。」との説明が。ビール製造技術を生かした独自の低温管理システム(クールドワイナリー)が企業秘密らしい。

sapporo2.jpgsapporo3.jpg

ワイナリー前に集合して外のステンレスタンクを見学…でかっ!タンクのサイズがビール級です。さすがサッポロ。ワイナリーの中も製造ラインが整っていて規模の違いを感じさせます。

ツアーの後はテイスティングルームで試飲。通常ラインは無料、ポラリスシリーズのトップラインは有料試飲。試飲の相手をしてくれたのは地元のワインを愛するおばさま。「私が好きなのはねー」と地元のワイン情報もいろいろ教えてくれる。ざっくばらんな会話がとても楽しい。

試飲で良かったのは2005グランポレール長野古里ぶどうシャルドネ(3150円)。葡萄のボリュームがあり素直に美味しい。クリーンで力強いシャルドネ。そして2004 プティグランポレール長野メルロー(1890円)は粘性少なくクリーンな果汁。香りも良く渋みもありまろやか。カジュアルに楽しめるメルローです。

sapporo4.jpgsapporo1.jpg

面白かったのは勝沼ワイナリー限定の1997古里樽熟成ポレールシラー(2500円)。国産の10年物のシラーなんて飲んだこと無いので興味津々。熟成したレンガ色、少し枯れたような香り、でも口に含むとタンニンはまだ元気に生きている。十勝ワインのアムレンシスの古酒に似たような印象。これはなかなかグーですぞ。

そして2005グランポレール北海道ケルナー遅摘み・芳醇(5007円)はデザートワイン。花のような香りがふわっと広がり、口に含めばはちみつのようなミネラル、きれいな酸、実に美味しい。ちびちび飲みたい。1496本の限定醸造だそう。

今まで全くノーマークでしたが、ワインはとてもクリーンでフレッシュ。雑味やアンバランスな感じがありません。勝沼ワイナリーでは実際にぶどう栽培からワイン醸造までを体験するマイワイン体験教室も開催しているそうです。サッポロワイナリー、侮れん。
  1. 2007/03/02(金) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

サッポロビールのワインに対する取り組みはレベルが高いと私は感じています。
インポーターとしてもよいところをつかんでいますし。
  1. 2007/03/02(金) 22:21:29 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

脳天気さん
やはりビール会社だけあって醸造技術は最先端だと思います。でもワインは古めかしい技術もまた良さを出したりもすると思うので、もう少し個性が出てくると良いのかな?とも思います。ある意味味がクリーンすぎるというか。
  1. 2007/03/03(土) 00:06:42 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/301-bc0a81d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。