つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マンズワイン小諸ワイナリー:本気のワイン造り

いや~マンズワイン小諸ワイナリー、すごいです。試飲会でソラリスシリーズを試飲した時に「これは…!」と思いましたが、ワイナリーも素晴らしい場所でした。

まずはツアーに参加。大きいワイナリーだし、いわゆる観光客向けのツアーかと思いきや、案内をしてくれた女性はしっかりワインについて語ってくれる。むむっ、このワイナリー、本物の予感。

200702manns9.jpg2007manns7.jpg

そして試飲は無料で手酌式なのですが、なんとソラリスシリーズを含め全種類のワインが試飲できます。トップラインの東山カベルネや小諸メルローも最初は無かったのにお願いしたら抜栓してくれちゃいました!3連休の最終日なのに申し訳ない。。。日本のワイナリーでちゃんと全てのワインを試飲させてくれる所はなかなかありません。

やはりソラリス信州シャルドネ樽仕込2005(3,675円)は今まで飲んだ中でも別格の樽を使ったシャルドネ。こんなにバランス良いものは他にありません。ブラインドで出すとモンラッシェと間違える人もいるとか。

200702manns5.jpg200702manns1.jpg

そして赤はメルローも良いですが、ソラリス信州東山カベルネソーヴィニヨン2004(5250円)は本当に素晴らしい。他の国産カベルネと決定的に違うのは香り。フィネスが豊かで自然なタンニンと果実味、しばらく熟成したらどうなるのか見てみたい。

ソラリスシリーズは徹底的に収量制限をして葡萄を栽培、そして醸造では葡萄の粒まで選り分けています。さらに決定的に違うのは樽なのだとか。日本のワイナリーがフランスから樽を買おうとしても、普通に買うと良い樽を分けてくれない。そこでマンズワインでは母体のキッコーマンが輸入しているフランスのワイナリーを通して樽を入手しているそうです。なるほど~だからソラリスのシャルドネは樽のフレーバーが全くいやみが無いのかも。

200702manns6.jpg200702manns8.jpg

マンズワイン小諸ワイナリーはボルドー大学卒の松本さんと島崎さんという方がワインメーカーを務めます。このお二方は本気で世界を目指しているそうで、今のソラリスのクオリティもまだまだ満足されていないとか。メルローとカベルネの栽培適地は長野で見つかっているので、これからはその畑を広げて、より良い葡萄を栽培していくのだそうです。

テイスティングの相手をしてくれた方もしっかり質問に答えてくださって、実に充実したワイナリー訪問となりました。正直、勝沼のワイナリーに行ったときには「超観光客目当て~」な感じだったのですが、小諸は全然違います。ここ、マジでワイン造ってます。これからもっとすごいワインが登場する予感。
  1. 2007/02/18(日) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

樽は

CAのワイナリーに樽についての授業で行ったときに、やはりよい樽を買うためにいろんなつてを使うようなことを言っていました。2004年は娘のバースデー年なので、まぁ20年は無理かもしれませんが、買ってみようかしら?
ますます長野に住みたくなりました(笑)。
  1. 2007/02/19(月) 08:22:52 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

ちゃん・りーさん
やっぱり樽一つ入手するにもコネが必要なんですねー。日本ワイン、20年持つのかな…?貴腐系ならいけるかも。

長野はいいですよねー。山も雄大でなんか華やか。
  1. 2007/02/19(月) 10:54:41 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/289-62eb8cd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。