つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1997年カリフォルニアワインの会

10年経ったカリフォルニアワインを飲む会に参加してきました。熟成させたカリフォルニアワインってよく考えるとあんまり飲んだことが無いのでとても楽しみ!さらに全部ブラインドだったので、主観にとらわれず味わうことが出来ました。

1:Garry Farrell RRV Chardonnay Rochioli Vineyardsははちみつのような香り、粘性が高くトロリとしていて、樽香とミネラル感と酸がきれい。ぱっと頭に浮かんだのはボルドー。でも蓋を開けてみればシャルドネ~。こんなにミネラル感のあるシャルドネがカリフォルニアにあるとはー!!

pinotnoir0130.jpg

2:Ramey Chardonnay Hudson Vineyard Napa Valley Carnerosは葡萄のパワーを感じるシャルドネ。オーキーで後半元気な酸味。トロピカルフルーツ。バランス良く美味しい。若いRameyはひたすら樽臭かったのですが、やっぱり寝かせると美味しくなるのかな?

3:Gary Farrell RRV Pinot Noir Rochioli Vineyardsは色が薄くはかなげなピノ。微発砲していて赤いベリーの香り、ふわっとした飲み口。最近こういう華奢なカリフォルニアピノって無いなあ~。可憐で美しい。。。シャルドネもそうでしたが、ロキオリ畑が超人気な理由が判ります。

4:Merry Edwards RRV Pinot Noir Olivet Laneは果実味がまだ元気、溶けたタンニンが舌にやさしい、バランスよく絶品のピノ。これはあと5年はいけそう。さすがです。

5:Kistler Pinot Noir Sonoma Coastは少し焼け焦げたような葡萄、色も濃くスパイシー、暑い場所かと思いきやソノマコースト、しかもキスラー。キスラーにしては少し?な印象。

pinotnori0131.jpg

6:Qupe Syrah Santa Maria Valley Bien Nacido Hillside Estateはピノかと思った…ほんのり甘い葡萄なのでSanta Mariaかなとは思ったのですが、もーさすがQupe。実に飲みやすく美味しいシラーです。

7:Pride Mountain Vineyards Merlot Napa Valleyはジューシーでまだまだ元気。甘い樽の香り、チョコレート風味。カベルネ主体のボルドーブレンドかとおもいきやメルロー100%。さすがプライド~。これで我が家のプライドはもう5年は封印すること決定です。

8:Caymus Vineyards Zinfandelはスパイシーで梅肉っぽい果実でジンと判るけど、エレガントな感じなのでピノの造り手のジンか?いや、エレガントなジンといえばRidgeかな??と思ったらケイマス。ジンなんて造ってたんですね~。さすがです。

9:Robert Mondavi Cabernet Sauvignon Napa Valley Unfilteredはすごくタニックでしぶしぶ。まだまだ元気なのでかなり高級なナパカベルネかと思ったらなんとよく飲んでたモンダビ無濾過でないですか!この価格でこんなに元気はつらつとは、97年恐るべし…。我が家の97カベルネ軍団はこれでもう10年封印決定です。

10:J.Rochioli RRV Cabernet Sauvignon Neoma's Vineyardはまろやかで円熟したまさに今の飲み頃。わりとお手ごろのボルドーブレンドかと思ったらこれまたカベルネ!しかもロキオリっ!しかもしかもJ.Rochioli~。ナパのビッグカベルネとはまた違ったエレガントなスタイルでウマウマです。もっとゆっくり、じっくり、しっかり味わいたかった…無念。

この当時の造りがこうだったのか、それとも10年経って円熟したのか、とにかくどれも今あるビッグでジューシーなカリフォルニアワインとは全く別物のエレガントで深みのある実に美味しいワインばかりでした。

「早飲みするんじゃね~!!」と言うワインメーカーの言葉の意味が良く判った気がします。「ワインは本来ケース買いして定期的に熟成具合を楽しみながら飲むもんだ!」って言ってたおじさんも居たなあ。しかし、狭小住宅高温多湿の日本では難しい…。
  1. 2007/02/01(木) 08:00:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

コメント

封印解除の際は是非おすそ分けを(笑)
97のKistler Sonoma Coast PNは若い時もタニックだったそうです.昨秋リリースの04 Kistler Kistlerもそんな感じです.
  1. 2007/02/01(木) 09:52:09 |
  2. URL |
  3. takuya #-
  4. [ 編集]

97年といえば

CAワインのビッグな年ですものね!我が家には97年は残っていないかな、チェック、チェック・・・(笑)。
Garry Farrell の Chardonnay は私も最初に飲んだときに美味しくってびっくりしました。
Prideはワイナリーで飲んだ時はガッチガッチで買わなかったのだけれど、今思うと買うべきでしたね。
97年ほどではないにしても、我が家にもあるCAワイン(特にカベルネ)はもう少し置いておこうっと。参考になりました。
  1. 2007/02/01(木) 17:38:59 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

takuyaさん
了解です。封印解くときはお知らせいたします。Kistler PN、わたしの中では華奢な印象があったのでちょっと違ってたんですよねー。畑の違いかな??ヴィンテージ??

ちゃん・りーさん
ナパカベルネ系はしばらく寝かした方がいいかも。ソノマは逆にそろそろ飲み頃かもです。1996 Kenwood Artist Seriesを年末に空けたら少しピークアウトしてました。
  1. 2007/02/01(木) 21:08:08 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

恐れ入りました

さすがワインエキスパート、脱帽です(脱毛ではない!)
何か、俺ってただうまいうまいって酔っ払ってただけじゃんorz・・・・反省しきり

1,はミネラル感ですか!!SBなんて言ってる様じゃあ(T_T)

また、いろいろ教えてくださいね。
  1. 2007/02/02(金) 00:25:32 |
  2. URL |
  3. ミヤパパ #-
  4. [ 編集]

ミヤパパさ
脱毛で吹いてしまいました…。ミヤパパさんの文章って面白いですよね。

いや、とどのつまりワインなんて美味しいか美味しくないかですよ。私も1はSBかと思いました…。orz
  1. 2007/02/02(金) 13:49:04 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/274-6b629899
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。