つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

高畠ワイナリー:シャルドネ畑シリーズ

高畠ワイナリーといえば山形でも随一の観光スポット。ワイナリーはでっかくかなり団体バスツアー仕様。なのでワインもいまいちだと思っていました…ちゃんと飲むまでは!

そもそも高畠ワイナリーの印象をがらりと変えたのは樽を使わないフレッシュ&ドライシャルドネ。その爽快はシャルドネの風味にノックアウトでした。

takahatatasting4.jpgtakahatatasting3.jpg

そしてそのシャルドネに新たに畑シリーズが誕生!山形県高畠町の亀岡、屋代、和田、熊の前からとれた葡萄を別々に醸造したもの。畑独自の個性が味わえてとても面白い。同じた高畠町でもはっきりとテロワールの違いが感じ取れます。

2005亀岡シャルドネ(2000円)はドライで爽やか、爽快な酸、フレッシュな果実、素直に美味しい。そして2005和田シャルドネ(2000円)は亀岡よりもさらにミネラル感がありオイリーさも。レモンやグレープフルーツの果実、上質なスパークリングワインのようなコク、余韻も長く実に美味しい。

対して2005屋代シャルドネ(2000円)はややまろやかでおとなしい感じ、そして2005熊の前シャルドネ(2000円)は残糖がありほんのり甘い。ちょっとものたり無い感じかな?

赤は2002高畠メルロプレミアム(3150円)と2002高畠カベルネソーヴィニヨンプレミアム(4200円)をいただきましたが、どちらもピーマン系で渋みの強いワインでした。

やはり高畠はフレッシュな白が好印象。2005上和田ピノブラン(1383円)も美味しいです。

  1. 2007/01/24(水) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

コメント

私も行ってきました。日本ワインを愛する会の試飲商談会。最初の印象は思ったほどたくさんのワイナリーが来ていないなあ、というものでしたが、大間違い。各社で話をしていたら、全体の2/3くらいしかまわれずに時間切れとなってしまいました。残念。
ワイナリーを回る旅を企画しようと思い、その件で話を各ワイナリーさんとしていたので、酔っ払わないようにと試飲はごく一部だけ。あとのパーティーで飲もうと思っていたものの、パーティーではあまり飲めず、その意味ではせっかくの機会を生かせず残念でした。その分、いろいろな生産者の方と話をできたのでよかったですけど。
高畠ワイナリーさんの上田シャルドネ。なぜか近くのお店(調布のパルコ)で売っていたので今度試してみます。
  1. 2007/01/24(水) 12:57:36 |
  2. URL |
  3. みーやん #-
  4. [ 編集]

おぉ!

高畠ワインの白ですね。高畠ワインは昔からちゃんとシャルドネなどワイン用のぶどうを育ててきたので、それを生かせたらいいなぁと思っていましたが、なんだかうれしいです。
ピノも数年前、新聞であるソムリエさんが評価したら、今ではすぐに売り切れてしまうとか。ピノはなかったのでしょうか?
(私もまだ飲んでいませんが)
日本のワインますます面白そうですね!
  1. 2007/01/24(水) 15:18:42 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #n0qx/e52
  4. [ 編集]

みーやんさん
みーやんさんもいらっしゃっていたんですね!きっとどこかですれ違っていたと思います。この試飲会はとても温かく良い雰囲気でしたね。ワイナリーの方といろんなお話をすることが出来ました。定期的に開催されればなと願っています。

上田シャルドネ、ぜひ感想を聞かせてください。試飲会で味見するのと、実際一本をじっくり飲むのとでは印象が違う場合があるのでぜひ貴重なご意見をよろしくお願いします。

ちゃん・りーさん
高畠ワイン、じわじわと頭角を現してきましたね!残念ながらピノはありませんでした。シャルドネはフレッシュなステンレスものが美味しいです。ワイナリーにはリザーブテイスティングルームも新設するそうなので、もっとじっくりワインが楽しめるようになりそうですよ。
  1. 2007/01/24(水) 20:42:11 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

私も高畠ワイン買いました

山形高畠ワイナリーの「嘉(Yoshi)スパークリングシャルドネ(http://www.takahatawine.co.jp/wine/sparkling.html)」が近所のスーパーに置いてありましたので買い求めました。雑誌「一個人」11月号の記事高畠ワイナリーの紹介とここまでおいしくなった日本ワインみたいな特集があり、「嘉スパークリングシャルドネ」出てました。1,700幾らかでした。まだセラーに寝かしてますが、暖かくなったら飲んでみます。友人とタケダワイナリーも飲むつもりですしね。なんか守備範囲が広がるのはうれしい反面貧乏への道でもありますねえ。
  1. 2007/01/26(金) 10:44:33 |
  2. URL |
  3. ミヤパパ #-
  4. [ 編集]

ミヤパパさん
日記拝見しました。嘉はとっても評判が良いみたいですね。わたしは飲まなかったのですが、試飲会の場でもガンガン出てました。ワイン屋さんの方も「うちで一番の売れ筋です。」とおっしゃってましたよ。価格もお手ごろですし、スティルワインのシャルドネの味から想像するに、フレッシュ&フルーティー系ではないかなと思います。

飲まれたらぜひ感想を聞かせてください。キュヴェ・ヨシコも飲んでみたいですね~。

ホント、ワインってお金がかかりますね…。あと保存場所も…。誰かがワインを真に極めるには億単位の資本が必要だと言ってました。そんなのムリ…。
  1. 2007/01/26(金) 11:35:12 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

高畠というと、とかく洋なしに走ることが多いです。
  1. 2007/01/26(金) 15:07:19 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

能天気さん
山形は地味ですが、なにげに果物天国ですからね。さくらんぼもいけます。
  1. 2007/01/26(金) 17:18:43 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/263-6d279a56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。