つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ココファーム・ワイナリー@足利

福島に行く途中、足利のココファームに寄って行きました。ここはアメリカ人のブルースさんがワインメーカーを努めるワイナリー。アメリカ人の方が関わっているだけあってワイナリーは超すてき!最大斜度45度の葡萄畑を一望出来るワイナリーはまるでカリフォルニアのよう。

訪問した日は天気がピーカン、湿度無し、天候までもがカリフォルニアのよう。ワイナリーのカフェでは外で快適にランチを満喫。眼前には葡萄畑。こんな環境でワインがまずいわけがない!

cocofarm2.jpgcocofarm3.jpg

2005こころみシリーズ甲州樽発酵(2600円)は樽を効かせた甲州では今まで飲んだ中で一番!樽のコクと甲州のフレーバーが実にバランス良く、高級な甲州という印象。絶妙です。

そして目の前の急斜面からとれたマスカット・ベリーAを使った第一楽章(5000円)はこれまた非常に高級なマスカット・ベリーA。ただ美味しいというだけでなく、ハイクラスな味ワインのワイン。野生酵母を使った減農薬ワイン。

さらに甲州を陰干しして作ったデザートワイン、2001ロバの足音(5000円)は酸味が心地よく、まるで質の良い梅酒のよう。自然の甘みが濃縮したとてもさわやかなデザートワイン。

cocofarm6.jpgcocofarm4.jpg

さてここまで読んで、「美味しいかもしれないけど、ちょっとワインが高くない?」と思われた方もいるのではないでしょうか。確かにワインは割高です。

しかしこのワイナリー、作業が全て手作業なのです。仕事をするのはワイナリーの母体であるこころみ学園の園生達。知的障害者の方々です。彼らはひとつひとつ、丁寧に畑の世話をし、葡萄を育て、収穫をしています。葡萄は粒のレベルまで選り分けられ、本当に良い葡萄でしか仕込みません。そんな彼らの緻密な作業の結晶がココファームのワインなのです。そんな手間ひまをかけていることを知れば、このワインは決して高く無いと思うでしょう。

このワイナリーはとても素晴しいスピリットに溢れています。ぜひ訪問される際にはワイナリーツアーに参加してみてください。一杯のワインの味も、またひとしおになること間違いなしです。
  1. 2006/11/15(水) 10:56:32|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

おっとさんとおっかさんの実家

群馬に素敵なワイナリーがあるんだね
今度田舎に行くときは、ぜひ寄ってみるね
  1. 2006/11/18(土) 16:14:41 |
  2. URL |
  3. emi-go #-
  4. [ 編集]

emi-go
おお、田舎が足利だったの。うちのねーちゃんの旦那さんの両親も足利に住んでるよ。どこかでニアミスしてたりして。行ってみてね~。
  1. 2006/11/21(火) 07:50:13 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/236-141db7b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。