つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

麻屋葡萄酒株式会社@勝沼

次に訪問したのは麻屋葡萄酒。新富屋さんに置いてあったワインにオーラを感じて訪問することに。行ってみると場所はなんと中央葡萄酒(グレイスワイン)の真ん前!何度も行ったり来たりしてるのにその存在に気がつきませんでした…。

人の家みたいな事務所の方に歩いて行くと、「試飲ですか?ご案内しますね。」とワイナリーの方が裏の方へ向かって行く。すると裏手にいかにもワイナリーという入り口が!そして二階にあがると木のぬくもりあふれるテイスティングルームが!なんと、こんな所にこんな場所があったとは。まさに隠れ家のようなテイスティングルームです。

他のワイナリーは連休ということもあってそれなりに混んでいましたが、こちらはお客さんもまばら。じっくり座って試飲出来ます。

asayawine3.jpgasayawine1.jpg

雰囲気からしてワインも期待出来そう~と思って試飲をはじめると…???うーん、どれも気が抜けてるような…ぼんやりしているような…。ところが「メルローは新しいの出しますね」と抜栓したてのものを飲むとおいしい!次に美味しかった単一畑シリーズの甲州特別限定1017も空けたてと言っていたので、どうやら他のワインは抜栓してからだいぶ経っていたらしい。うーん、残念。

小さいワイナリーだとそうワインを空けられないのでしょうがないですが、それでワインの質が悪いと思われちゃうともったいないなー。

asayawine4.jpgasayawine2.jpg

麻屋さんでは息子さんがワインメーカーに就任してから様々な試みのワインを作っているらしく、これから要注目です。

それにしても勝沼のワイナリーって本当に色んなワインを作ってますねー。ワインリストを見るとものすごい量です。一升瓶ワインもあるし。どこも試験的に様々なワインを作っているので、一般的に流通されていない超少量生産のワインが色々あって面白い!今回お買い上げした甲州特別限定1017(\1,500)も樽一個分しかないレアもの。発展途上な日本のワインから目が離せません。
  1. 2006/11/07(火) 06:26:13|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/227-3a6a006f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。