つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブドウの木を植えました@甲州ワインプロジェクト朝霧高原

甲州ワインプロジェクトの植樹祭に参加してきました。甲州ワインプロジェクトとは世界に通じる甲州ワインを造る目的で設立された団体。ワインのインポーター、ミレジム社のアーネスト・シンガー氏が中心となって活動しています。

醸造コンサルタントにボルドー大学のドゥニ・デュブルデュー教授を迎え、グレイス・ワイナリーの三澤茂計氏が醸造設備を提供して造られた2004年甲州はなんとパーカーポイント87~88点。

今までは買った葡萄を使ってワインを作っていましたが、本当に良いワインを造るには葡萄からということで新たに開墾された畑がこの朝霧高原です。

shokujyu1.jpgshokujyu2.jpg

指定された場所に付くと、そこは360度のパノラマ。正面には富士山がドーンとそびえています。畑はそんな富士急行の所有地の一角に造られていました。

今日は500本の甲州と数本の竜眼の植樹。地元の方々がてきぱきと穴を掘って次々と苗を植えて行く。ぼやぼやしてるとあっと言う間に終わってしまいそうなので、わたしも慌てて植樹に参加。苗が植わったら次は垣根造り。ニュージーランドの栽培コンサルタント、ティムさんの指導でワイヤーを張っていきます。

shokujyu6.jpgshokujyu4.jpg

「この土地は決して葡萄栽培に適した場所ではありません。でもここで甲州が成功すれば、日本中に葡萄畑を広めることが出来ます。それは日本の農業の発展にもつながるし、若い人たちにの希望にもなると思うのです。」と語るシンガーさん。

日本に帰って来てからなんだか物足りないと思っていたわたし。そうだ、私は飲料としてのワインではなくて、農産物としてのワインが好きだったのだ。

土に触れて、葡萄の育つ自然に触れて、ワインメーカーや栽培家の熱意を聞きながら、そこで出来たワインを味わうのが大好きなのだ。そして出来る事なら本当に葡萄栽培や醸造を勉強してみたいと思っていたのだった。忘れてた!

この場所には来年ワイナリーが建設され、そして将来的には葡萄栽培とワイン醸造の学校も設立する予定だそう。今は何も無いこの土地が、将来外国のワイナリーのような場所に生まれかわるかと思うととてもわくわくします。

そしてそんなプロジェクトの葡萄畑造りに関われるなんてなんだかとってもうれしい。あの小さな苗が将来どんな葡萄に育つのか楽しみだなあ。

ちなみに2005年甲州は4月15日発売です。植樹の後に乾杯しましたが、激うまでした。梅干しおにぎりに合うワインなんて他に無い!
  1. 2006/04/16(日) 23:32:15|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

うわーーー

このプロジェクト、いいですねぇ。ヴィティカルチャーの授業とメイキングの授業を通じて思ったのは、私は畑が向いているということでした。確かにしんどいのだけれど、わくわくするというか・・・。参加したいなぁ~(まぁ、私が体験したのは"齧る"程度だから現実の甘さを知らない甘ちゃんですが)そうそう、先日市内に行ったらmimiさんお奨めの2004年のGRACE甲州が在庫処分で1000円とセールしていたので買っちゃいました。今週飲む予定です。
  1. 2006/04/17(月) 08:39:18 |
  2. URL |
  3. ちゃん・りー #-
  4. [ 編集]

ちゃん・りーさん
そうなんですよ!葡萄畑ってなんだかわくわくしますよね。実際カレッジで勉強できたちゃん・りーさんが本当にうらやましい!でもここに将来アメリカの学校のようなHands Onの学校が出来たら素敵ですよね。本当に楽しみです。

グレイス甲州が1000円とは安いですねー。普段の和食に合いますよ。ちなみに甲州きいろ香と、この甲州プロジェクトの2005甲州はグレイス甲州よりもっとドライです。こちらも試してみてくださいねー。
  1. 2006/04/17(月) 09:30:21 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

農業

すばらしいですね!果物も野菜も米も全て芸術作品ですよね。そして作る苦しみも喜びも知ることでおいしさの味は広がり、説得力がますんだな。楽しみですね!
  1. 2006/04/18(火) 22:11:52 |
  2. URL |
  3. めぐ #-
  4. [ 編集]

めぐさん
そうそう。やっぱり生産者の愛情と熱意がこもってる農作物は味が違います。私は高くてもそんな心のこもった作物を食べたいなと思います。そうだ、そろそろりんご園にいかなきゃだね。もう花咲いちゃったかな?
  1. 2006/04/18(火) 22:43:58 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/178-defe3e64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。