つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボジョレーを飲む

ボジョレーというと今までヌーヴォーしか飲んだ事がなかったので「お祭り用安ワイン」かと思っていたら、本当のボジョレーはそんなもんじゃないらしい。ということでボジョレーをいくつか試してみた。

ヌーヴォーの面影を残す軽やかなもの、ラムレーズンの香りが強烈なもの、とにかく渋いもの、ジンファンデルみたいなものなどなど、一言にボジョレーと言っても千差万別。こんなに個性豊かなワインとは新発見です。

個人的にはラムレーズン臭がちと苦手なのでダメなワインもありましたが、軽いスタイルのものは気軽に飲めるデイリーワインに向いてるなあと好印象。
カンボン・ボジョレー[2004]マルセル・ラピエール
しかし突出して美味しかったのはマルセル・ラピエールのボジョレー。他のボジョレーとは別格の美味しさ。とても粒子の細かい果実味が舌に心地よい、深みがあってふくよか。優しく包み込むようなワイン。すっごく美味しい!しかもこれで1780円とは素晴しい!

マルセル・ラピエールはビオを採用しているワイナリーで、酸化防止剤も一切無添加だそう。確かにピュアな果実味が魅力のワイン。ボジョレーも奥が深いんだなあ。
  1. 2006/04/06(木) 23:39:18|
  2. フランスワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

個人的にはボージョレ(笑)

ガメイとピノの違いをお勉強するためにボージョレとブルゴーニュ(R)を飲み比べて見ると面白いです。でも、ブルゴーニュは低価格で。
  1. 2006/04/07(金) 12:28:44 |
  2. URL |
  3. ハミ #-
  4. [ 編集]

ハミさん
ガメイはあのアメのような香りが特徴ですよね。マスカットベリーAに通じる感じ。低価格帯でボジョレーVSブルゴーニュをやったら意外とボジョレーに軍配があがるかも?
  1. 2006/04/07(金) 12:40:47 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/171-686c7f3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。