つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

勝沼ワイナリー巡り3~金井醸造

勝沼ワイナリー巡り、次に向かったのは金井醸造。万力シリーズというワインのラベルがとてもお洒落なので訪問。三代目の金井一郎さんにお話を伺う事が出来ました。

caney4.jpgcaney5.jpg

先のルミエールの小山田さんと同様、金井さんもビオディナミを採用しているらしい。でも小山田さんはとことんビオなのに対して、金井さんは良い葡萄を栽培する手段の一つとしてビオを採用しているそうです。(ビオで騒がれてしまったのでやらないわけにはいかなくなっちゃったという側面もあるらしい。)謎の調剤プレパラシオンも見せて頂きました。(ただの灰にしか見えなかった…。)

で実際有機農法の効果はというと、やはり葡萄のパワーが違うそうです。一番判りやすい例としてデラウエアのワインを飲ませて頂く。通常食用葡萄のワインというと薄っぺらで美味しく無いのが常なのですが、このデラウエアはしっかり味がして美味しい。

さらにメルローはタンニンがしっかりしていてとてもピュア。細かい粒子が舌に心地よい。この質感はこれから期待大。

caney.jpgcaney6.jpg


金井醸造では様々なワインをリリースしていますが、万力シリーズは事社畑の葡萄を天然酵母で発行したワイン。ラベルはデザイナーがいるのかと思いきや、金井さんが「イラストレーターで適当に作ったんです。」とのこと。

ラベルが急に必要になったので、2、3日で造って家のプリンターで印刷して貼付けたんだとか。(なので最初のビンテージは冷やす為に氷水に漬けておくとラベルがべろ~んとはがれてしまうそう。)それにしてもセンスいい。

金井さんはとても冷静かつ理論的にワイン造りに取り組んでいらっしゃる印象。センスもいいし、なんだかとっても良いワインが産まれそうな予感がします。これまた要注目のワイナリーです。
  1. 2006/04/03(月) 10:55:21|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

日本も応援しなくちゃね。

いろいろ頑張っている人がいるんですね。
勉強になります。
  1. 2006/04/03(月) 16:28:45 |
  2. URL |
  3. Mr.Kistler #WOq6nlhY
  4. [ 編集]

Mr.Kistlerさん
日本のワインもいいですよ~。というか、日本のワイナリー巡りもかなり楽しいです。まだまだこれからなのでどう発展して行くかがとても楽しみ。そして何と言っても和食との相性が抜群です。塩辛でもイクラでもオッケーってすごい。Japan Wine Pageも作ろうかなと計画中。英語版もやろうかな。
  1. 2006/04/03(月) 17:05:11 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/167-dc5d5eef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。