つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

勝沼ワイナリー巡り2~ルミエール

だいぶ間があいちゃいましたが勝沼ワイナリー巡りの続きです。勝沼醸造の次に訪問したのはルミエールワイナリー。たまたま訪問した時に栽培課課長の小山田さんがいらっしゃったので色々お話を聞く事が出来ました。

lumier2.jpglumier.jpg

まずは地下セラーで甲州のバレルテイスティング。このセラーがすごい!明治34年に建造されたというセラーはなんと国の有形登録文化財だそうで、その重厚な雰囲気は圧巻です。

そして話が栽培方法に及ぶと小山田さんのテンションアップ!なんでも小山田さんはビオワインをとても愛していて栽培にもビオディナミを採用しているという。

「そもそも昔から日本人は月のカレンダーに沿って農業をしてきたのです。ビオは全然新しいことではないんですよ。実際とても理にかなった農法なんです。」と小山田さん。

lumier4.jpglumier3.jpg

実際にビオで造られたワインを試飲させてもらった所、一本強烈な臭いがするものが。天津甘栗のような、はたまた堆肥のような…。どうやらこれがいわゆる「ビオ臭」ってやつらしい。むむむ。キョーレツです。

それ以外のワインも一通り試飲させて頂きましたが、とても個性的な造り。一番良かったのは甲州和飲南野呂2005(1180円)。とってもまろやかでふくらみもありしかも安いというスグレもの。

他にお客さんもいなかったので小山田さんとワイン談義に花が咲き、かなり長居しちゃいました。こだわりの小山田さんの今後の活動に要注目です。
  1. 2006/04/02(日) 16:35:02|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/166-7d8a56aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。