つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インドに彼岸はない

田口ランディさんのブログによるとインドに彼岸はないどころか、インドでは死んだ人はすぐ転生しちゃうと考えられているので先祖供養もしないんだそうです。遺体は全部ガンジス川に流しちゃうのでお墓も無いらしい。

さらにチベットは鳥葬(トリに遺体を食べてもらう)なので、ハゲタカが食べやすいように肉を切ってちゃんと料理して置いとくんだって~。ほえー。

日本でもお墓が出来たのは江戸時代あたりで、それ以前は河原で燃やしたり、山に葬ったりしてたんですと。

「墓参りしないと地獄におちる」ってのはどうやらウソっぽいですな。心でちゃんとお祈りしてればそれでいいのさ~。とお彼岸に墓参り行かなかった言い訳をしてみる。でもやっぱりいかなきゃなー。
  1. 2006/03/23(木) 14:32:12|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

コメント

なるほど

なるほどと思ってちょっと仕事中にも関わらずウェブで調べてしまいました.日本では室町時代位まで、山や谷に捨てて、一目散で走って逃げていたんだそうです.インドでは火葬して遺骨はガンジス川に流すそうですが、川から遠いところではどうするんでしょうね.私のアメリカ時代の上司は帰任帰国どころかインド支店長にされてしまったので、今度尋ねてみます.
  1. 2006/03/23(木) 15:24:32 |
  2. URL |
  3. takuya #-
  4. [ 編集]

鳥葬

チベットは燃料になるものが少ないそうですから、遺体を火葬にするために貴重な木を使うなんて考えられなかったんでしょうね。
自然にやさしい葬儀方法、って謳ったら広まらないかな・・・きっとだめだな。
  1. 2006/03/23(木) 18:17:11 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

takuyaさん
一目散で逃げたってのが笑えますね。
上司の方、カリフォルニアからインドでは相当カルチャーショックあったのでは無いでしょうか?インドのおもしろ話をぜひ教えてください。

脳天気さん
自然に帰るから本来こうすべきなんでしょうが、トリにつつかれるのはエグイ…。
  1. 2006/03/23(木) 23:23:48 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

キリスト教式埋葬

しっかりした棺に入れて、そのまま土葬が基本ですね。
何年もたっても犯罪捜査で掘り起こしたりしていますね。火葬をすると、何か遺体が残ると困るので証拠隠滅をしているのかと疑われるとか。
  1. 2006/03/23(木) 23:46:16 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

カリフォルニアからインドへ単身赴任していらっしゃいます.長男は日本の大学へ、次男はアメリカの中学で、奥さんと次男はアメリカ残留.時々アメリカとインドの往復の途中で日本へ寄り、飲みに誘われます.シリコンバレーには純日本居酒屋もありますが、インドの駐在地にはさすがにないみたい.とてもかわいそう.
  1. 2006/03/23(木) 23:58:16 |
  2. URL |
  3. takuya #-
  4. [ 編集]

インドといえばアーユルベーダのレクチャー行ってきたよー。想像通り「???????」でした。
全部英語、アンド、インド英語という点で
すでに「???」
話も哲学的すぎて、あれははまれません・・・。


  1. 2006/03/24(金) 09:38:00 |
  2. URL |
  3. ゆっこ #-
  4. [ 編集]

インド駐在の元上司に聞いてみました.欧米のIT企業も多く進出しているBangaloreに駐在ですが、ここはデカン高原の南、インドでも割りと南に位置しており、ガンジス川に流すわけには行かない場所です.
お墓は見かけるそうですが、クリスチャンのものかも知れないとのこと.死体自身には関心は無いものの、先祖や魂は敬うそうです.日本人のように、お葬式に駆けつけるようなこともないとのこと.そう言う意味ではお彼岸はないでしょうね.
ところでインド人の英語は本当にわかりづらいですね.一時期インド人の部下が3人しましたが、大変でした.もっとも英語に関しては、彼らの方が私の英語に大変だったのかも知れませんが.
  1. 2006/03/27(月) 13:45:43 |
  2. URL |
  3. takuya #-
  4. [ 編集]

takuyaさん
先祖は敬うけど、あの世に行ったという感覚では無いんでしょうね。色んな国の死生観ってホントに面白いですねー。
  1. 2006/03/27(月) 17:11:40 |
  2. URL |
  3. mimi #Swdtr2xA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/161-68ab6a15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。