つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウブドさんぽ@バリ&シンガポールの旅その7

とある日はウブドの街をぶらぶらと。

20140220ubudtour.jpg

お店やレストランは街の中心に集まっているので、お散歩しながらショッピングや食事を楽しめます。

20140220ubudtour5.jpg

表通りにはお店が並んでいますが、一歩わき道にそれるとのんびりとした田舎町。

20140220ubudtour2.jpg

沖縄の建築様式にも似た、バリ様式の家屋が並んでいます。

20140220ubudtour8.jpg20140220ubudtour7.jpg

各家に必ずあるという祠にお供えをする人びと。ウブドの街はどこでもいつでも祈りを捧げる人をみかけます。

20140220ubudtour3.jpg

山がちな裏路地は一瞬三浦半島を思わせます。民族も宗教も違うのに、なぜかふとなつかしい。

20140220ubudtour4.jpg

そこかしこに神様の存在を感じる街。若者もちゃんと祭礼をかかさず行っているそうです。

20140220ubudtour9.jpg20140220ubudtour10.jpg

ちょっと足をのばして寺院を訪問。ゴアガジャは11世紀に起源を持つ古い洞窟遺跡。

20140220ubudtour11.jpg

キンタマージ高原とウルン・ダヌ・バトゥール寺院へ。この地域は観光化していてあまり好みではなかったかな。

20140220ubudtour12.jpg20140220ubudtour13.jpg

そして最も気に行ったティルタ・ウンプル寺院。聖なる泉が湧くというお寺では、沢山の人が沐浴をしていました。

苔むした寺院はまるで在りし日のアンコールワットのよう。

観光客が少ない時間帯に、一人ゆっくりとこの場に身を置いてみたい。とてもスピリチュアルな場所でした。


  1. 2014/02/25(火) 10:00:00|
  2. バリ&シンガポール旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/1091-f4176013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。