つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バリ舞踊@バリ&シンガポールの旅その6

バリにもう一度行きたかった理由の一つがバリ舞踊。前回は何の知識も無く、とりあえず見ときましょうかという軽い感じで見に行ったバリ舞踊でしたが、その素晴らしさにドハマリしてしまったのです。

20140222dance9.jpg

ものすごく制限された動きの中での豊かな表現、一瞬で変わる表情、眼力、手の動き、ガムランの調べ、そのどれもに魅了され圧倒されてしまいました。

20140222dance.jpg

ウブドに来る前にウルワツ寺院でケチャックダンスを見たのですが、何だかお遊戯みたいで全然感動せず。

20140222dance2.jpg

そこでウブドの若手舞踊団Jaya Swaraの舞踊をウブド王宮で観賞。んんん~?何故かやっぱりあまり感動しない。

20140222dance3.jpg

これはおかしい!と3度目の正直、今度は老舗のSadha Budayaの舞踊をまたまたウブド王宮にて観賞することに。前日の舞踊は屋外でしたが、この日は雨が降っていたので屋内ステージでの講演となりました。

20140222dance4.jpg

オープニングのガムランの調べが鳴ると…これですこれ!!ガムランの音ひとつとっても音色の力が全然違う!!よくよくスケジュールを見てみると、前回見たのもこのSadha Budayaの舞踊だったのでした。

20140222dance5.jpg

そして踊り子さん達の技量やっぱり全然違う!ガムランの音との一体感、表情や、キレのある身のこなし、どれをとっても本当に素晴らしい!!

20140222dance6.jpg

中でもバリスと呼ばれる勇者の踊りは静と動のコントラストが本当にすごい!

20140222dance7.jpg

ウブド王宮に今も住まう王族は、バリ舞踊やガムラン、芸術を庇護された方々。王様に守られて育まれた芸術の街ウブド、そこは他ではまねできない品格にあふれていました。

20140222dance8.jpg

舞踊が終わった後バリスの踊り子さんが、衣裳のままバイクにまたがって帰って行ったのがまた印象的。この美しい文化が日常であることがとてもうらやましく思いました。

バリ舞踊スケジュール
http://www.balitaksu.com/ubud_p_all.php
  1. 2014/02/23(日) 10:00:00|
  2. バリ&シンガポール旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/1088-8d60a070
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。