つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラッフルズホテルでランチ@アンコールマラソンの旅その5

冒険できない高齢者が同行した今回の旅。それではとラッフルズホテルにランチしに行く事にしました。

20131206raffles.jpg

1932年仏領インドシナだったシェムリアップにアンコールワット観光のために建てられ、カンボジアを見守ってきた由緒正しきラッフルズホテル。フレンチコロニアル建築の内装はさすがの品格にあふれていました。

20131206raffles2.jpg

歴史を刻んできたもののみから醸し出される空気感。アールデコの内装はフエのラレジデンスにも通ずるものが。シェムリアップの他のホテルとは一線を画する風格があります。

20131206raffles3.jpg

天気が良かったのでランチはレストランのテラスでいただくことに。

20131206raffles4.jpg20131206raffles5.jpg

ソフィテルと比べるとお値段お高いですが、どのお料理もむっちゃくちゃウマイ!!特にナシゴレンのウマイコトウマイコト、ナシゴレンであってもはやこれはナシゴレンではない…。

さらにオーダーにミスがあった時もそれを帳消しにするくらい素晴らしい対応をしてくださり、さすがのサービスに感動しました。

コロニアルホテル好きなら一度は来るべしなラッフルズなのでした。

Raffles Grand Hotel d'Angkor

1 Vithei Charles de Gaulle | Khum Svay Dang Kum, Siem Reap

  1. 2013/12/18(水) 10:00:00|
  2. アンコールワット旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/1074-f684959d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。