つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アンコール遺跡群@アンコールマラソンの旅その3

アンコールワットに行くのは今回が三回目。初観光の家族の為に、チャーターツアーでアンコールワットの代表的遺跡群を巡りました。

20131209angkor.jpg

雨季の終わりの12月頭、まだアンコールワットの池には水が多く残っていました。広い水面に映る逆さアンコールワットが本当に美しい。

20131209angkor2.jpg20131209angkor3.jpg

初回はただただその壮大に圧倒されていましたが、3回目ともなると仏像のお供えやレリーフの細部に目をやる余裕がでてきました。

20131209angkor4.jpg

アンコールワットの壁には生々しく残る銃撃の跡が。

20131209angkor7.jpg

プノンバケンからは一面のジャングルに囲まれたアンコールワットを望むことができます。どの角度から眺めても素晴らしい造形美。これぞ人類の遺産!

20131209angkor5.jpg

アンコールトムの南大門。青空とのコントラストが美しい。

20131209angkor12.jpg

アンコールワット遺跡群の仏様のお顔。穏やかに微笑むその包み込むような表情は、まるで大自然のような包容力を感じさせます。

20131209angkor6.jpg

今でこそグレー一色のバイヨンですが、建設当時はどんな色彩だったのでしょう。

20131209angkor8.jpg

とある日はバンテアイスレイまで遠足しました。こじんまりとした寺院ですが、とても細かいレリーフが魅力。

20131209angkor9.jpg

壮大なアンコールワットに対し、こちらは細やかで女性的なお寺。

20131209angkor10.jpg

遺跡には地元の子供たちが遊んでいます。2年前よりも物売りが減ったような気がしました。

20131209angkor11.jpg

アンコールワットは私にとって随一のパワースポット。ここに来ると宇宙や生命のエネルギーがチャージされるような気がします。

今度は一人静かに、時間の許す限りゆっくりアンコールワットを歩いてみたいです。
  1. 2013/12/10(火) 10:00:00|
  2. アンコールワット旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/1072-c095c568
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。