つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Sofitel Angkor Phokeethraのレストラン@アンコールワットの旅その3

今回のソフィテル滞在ではSofitel So Gourmet(180USD++)というパッケージプランを予約してみました。

20130516dinner10.jpg

素泊まりのレートとそんなに変わらない料金で朝食付き、さらに一日あたり60USDのFood&Beverageクレジットが付いてきます。このクレジットは最後チェックアウトの際に飲食代から相殺されます。

チビが居るのでホテルで食事するだろうし、1日あたり60USDくらいは使い切ってしまうだろうと予想していたのですが、レストランの料金が予想外に安くてクレジットを使い切るのに苦労したというまさかの事態が発生しました。

20130516dinner7.jpg

ホテルのレストランは3か所、メインレストランのThe Citadel, フレンチのMouhots Dream, そしてプールサイドバー。それ以外にバーとルームサービスでもクレジットが利用できます。

20130516dinner5.jpg20130516dinner3.jpg

ランチはいつもプールサイドのバーにて。ソフトドリンク4USD,マンゴスムージー4.5USD。お料理もほとんど$10~15USD前後。この日のランチはカンボジア料理のアモック、カルボナーラ、そして飲み物を頼んでお会計30USDくらい。

20130516dinner2.jpg

まあランチだったから安かったのだろうと、その日はディナーをメインレストランのThe Citadelでとることに。こちらのレストランは曜日によりアプサラダンスのパフォーマンスがあります。

20130516dinner6.jpg

そしてレストランのメニューを見ると…なんと価格帯がランチと変わらない!この日はアジアな気分だったのでナシゴレンを頼んだら、ものすごいボリュームでこれだけでお腹一杯。味はさすがのソフィテルで値段もリーズナブルとはうれしい驚き!

20130516dinner8.jpg20130516dinner9.jpg

朝食もThe Citadelで頂きます。朝ごはんもさすがソフィテルな品揃えの豊富さ。そして何を食べても美味しい。フレッシュ野菜ジュースは毎日飲んでしまいました。もちろん卵、麺類コーナーも。

20130516dinner.jpg

次の日はクレジットを使いきるために(笑)フレンチのMouhots Dreamでディナーを。蓮池に浮かぶように造られたレストラン。蝋燭がともりとてもムーディーで大人の雰囲気ですが、子連れでも快くOKしてくれました。

20130516dinner11.jpg

The Citadelからキッズメニューを持ってきてくれたり、チビが疲れて寝てしまった時は椅子をつなげてベットを造ってくれたり、とにかくサービスに温かみがあってとても心地よい。そしてここのお料理がものすごく美味しかった!!この日はハトとラムをオーダー。久しぶりにちゃんとしたフレンチを食べた気分です。

20130516dinner13.jpg20130516dinner12.jpg

3日間かかってなんとか180USD分使いきりました。そして街にもレストランは沢山あるのに、一回しか外食できず…(笑)。

でも前回アンコールワットに来た時は夫婦揃ってひどい下痢に悩まされたのですが、今回はずっとホテルで飲食していたせいか全くお腹はゆるくならなかったのは幸いでした。

ホテルにお籠りするならお勧めなプランです。

Sofitel Angkor Phokeethra Golf and Spa Resort
Vithei Charles de Gaulle
Khum Svay Dang Kum, Angkor
1010 - SIEM REAP, CAMBODIA
  1. 2013/06/05(水) 10:00:00|
  2. アンコールワット旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsumamiqueen.blog12.fc2.com/tb.php/1011-f1ef537e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。