つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

洋風建築のカイディン帝廟@古都フエの旅その7

ミンマン帝廟からカイディン帝廟へは車で移動。平面的に広いミンマン帝廟に対し、カイディン帝廟は山肌にドーンと作られていました。

20130323kaidin.jpg

ベトナム最後の皇帝の一代前の皇帝、カイディン帝はフランスの傀儡皇帝だったそうで、フランスからお金をもらって贅沢三昧、挙句の果ては自分のお墓の建設費のために30%増税をしたりと人民からはすこぶる評判の悪い皇帝だったそう。

20130323kaidin2.jpg

フランス政府がお金を出して建立したという廟は、フランスから輸入したというセメント製。木造&レンガ造りだったミンマン帝廟と違い西洋風で重厚な造り。

20130323kaidin4.jpg20130323kaidin6.jpg

頂上にあるお墓へ階段を登っていくと、壁一面にガラスや磁器を使った装飾が施されたお堂が。絢爛豪華でピッカピカ。

中には死亡時にフランスから送られたフラワーリースや、バカラのグラス、洋風の食器類などが展示されています。

20130323kaidin5.jpg

通常帝廟ではご遺体の盗難を防ぐためその正確な埋葬場所は極秘となっているそうなのですが、このカイディン帝はダメ皇帝だったため誰も盗もうとする人がいないってことで普通にお堂の銅像の下に埋葬されているそうです。

20130323kaidin7.jpg20130323kaidin8.jpg

その政治的手腕はともかく、西欧文化を愛した皇帝の廟は芸術的に素晴らしいものがありました。

各皇帝の個性が前面に出ていて、予想外に興味深い帝廟巡りとなりました。他の帝廟も行ってみたいなー。

今回のツアーはホテルに手配をお願いしました。プライベートの半日英語ツアーで大人二人(3歳児無料)で2,354,000VND(約10,800円)でした。

カイディン帝廟
Lang Khai Dinh
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強大な皇帝、ミンマン帝廟@古都フエの旅その6

ティエンムー寺から再びドラゴンボートでフォン川を下り一時間ほどするとミンマン帝廟に到着します。

20130323minman7.jpg

このティエンムー寺からミンマン帝廟への川下り、かなり時間を要するので個人的にはティエンムー寺から車で移動した方が良いと思います。車だと30分かからず、冷暖房の効いた快適な車内で休憩もとれます。

20130323minman.jpg

さてやっとこ到着したミンマン帝廟。1840年から3年かけて建立された、とても広大な敷地を有するグエン朝第二代皇帝ミンマンのお墓です。

20130323minman2.jpg

廟内は広大なお庭や池があり、とても静かな郊外の公園というたたずまいでとても癒されます。

20130323minman3.jpg

公園を抜けると石畳の中庭に。ここには死者を守るとされる象や馬、役人の石造が並んでいます。この時代はベトナムでも象が重要な乗りものだったそうです。

20130323minman4.jpg

ミンマン帝はいろんな意味でパワフルだったことで有名だそうで、奥さんが200人、子供は100人以上、一晩に5人と交えて3人子供ができたという武勇伝があるそうです。

20130323minman5.jpg

ミンマン帝が無くなった後、200人の奥さんはこの廟の中で死ぬまで皇帝のために仕え、外に出る事は許されなかったとか。

20130323minman6.jpg

またミンマン帝を埋葬するのはごく限られた側近4人が行い、その正確な位置を秘密にするため彼らは埋葬後自ら命を絶ったそうです。現在も廟の最深部にある小高い丘の形をしたお墓のどこにご遺体があるかは判っていないのだとか。

中国風のとてもスケールの大きいお墓。でもどこかはかなげで切なく美しい。古代の王朝の最盛期を感じられるお墓でした。

ミンマン帝廟
Lang Minh Mang
  1. 2013/03/30(土) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

厳かな仏教寺院、ティエンムー寺@古都フエの旅その5

フエ滞在2日目はExotissimoの半日フエツアーに参加しました。宿泊していたLa Residence Hotel & Spaのすぐ裏手の船着き場からドラゴンボートに乗り込んで、まずはティエンムー寺を目指します。

20130323tinmu.jpg

ティエンムー寺は1602年に創建されたフエの仏教の中心地。フエ自体がベトナムの仏教の中心地だそうなので、ティエンムー寺はベトナム仏教の中心地といってもいいかもしれません。

20130323tinmu2.jpg

フォン川からお寺に近付くと、7層の仏塔が見えて来ます。慈悲の塔と名付けられたこの塔の各層には黄金の仏像がおさめられているのだとか。

20130323tinmu3.jpg20130323tinmu4.jpg

お寺の中を進むと釣鐘やカメの石碑があり、さらに進むとご本尊の仏殿が。

20130323tinmu5.jpg

訪問した時はちょうど仏殿で鐘を鳴らしている時だったのですが、堂内に響き渡るゴ~ンという鐘の音がまるで日本のお寺にいるかのようでした。堂内もチリひとつ落ちておらずピカピカに磨きあげられ、空気もピーンと澄んでいてとても厳か。

20130323tinmu6.jpg

ガイドさんによれば、ベトナムの他の地域のお寺は土着宗教とミックスされてしまったため仏教寺院本来の姿ではなくなっているとのこと。対してフエのお寺は仏教そのものの寺院として残っているそう。

20130323tinmu7.jpg

フエの人々も旧暦の1日と15日は肉食を禁じた生活をしている、とても敬虔な仏教徒なのだそうです。フエの街に漂う、どこか日本的な雰囲気もこういうところから来ているのかもしれません。

お寺の中にはお坊さんたちが修行生活をされていて、自家菜園などもありました。

20130323tinmu9.jpg

またここはフエが南ベトナム領だったとき、キリスト教優遇&仏教弾圧を行った南ベトナム政府に対して抗議の焼身自殺をした住職のお寺として有名です。ホーチミンの統一会堂にあった焼身自殺をした写真の僧侶はこちらのお寺の方だったのですね。

さらににここはカップルで来ると別れる伝説があるそうです。ご注意を(笑)。

凛とした雰囲気にとても癒されたお寺でした。

ティエンムー寺
Chua Thien Mu
  1. 2013/03/29(金) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Les Jardins de la Carambole@古都フエの旅その4

フエでの最初の食事はフランス料理のLes Jardins de la Caramboleへ。

20130322crambole.jpg

新市街にあるCaramboleというお店の支店だそうで、こちらは旧市街の王宮のすぐ西側にお店があります。王宮のお堀から一歩路地に入った場所にとっても素敵なフレンチヴィラが。

20130322crambole2.jpg

メニューにはフレンチとベトナム料理。ワインとともに頂きたくなるおつまみ系も多数。

この時はちょっと遅めのランチだったので、軽く前菜にカプレーゼ、アサリのスパゲッティ、そしてフエといえばのブンボーフエを。ツレはフエのHuda Beerも。どのお料理も上品でとても美味しい。

20130322crambole5.jpg20130322crambole6.jpg

特にこの日はとても爽やかな天気だったので、オープンエアな店内を吹き抜ける風が最高に気持ち良かったです!

ちなみにフエのベストシーズンは1月~3月とのこと。4月以降は30度~40℃を超える灼熱地獄。9月以降は雨季で台風&川が氾濫し、その後1月までの冬はずーっと小雨が降って寒いそうです。

20130322crambole3.jpg20130322crambole4.jpg

むちゃくちゃベストシーズンが短いですね…。今回はお天気が良くて本当にラッキーでした。

現に最終日には一気に気温と湿度が上昇してかなり蒸暑くなりました。もうそうなると遺跡巡りは地獄めぐり。フエの印象も180度変わると思われます。

フエ訪問はピンポイントでベストシーズン狙いがお勧め!

Les Jardins de la Carambole
32 Dang Tran Con, Hue
http://www.lesjardinsdelacarambole.com
  1. 2013/03/28(木) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

阮朝王宮北門のカフェ、四方無事楼@古都フエの旅その3

阮朝王宮の北門にカフェがあると聞いていってみました。

20130323huecafe.jpg

王宮の南門(王宮門)からひたすら北上し北の果てを目指します。そして北門の横の階段を登ると四方無事楼(Tu Phuong Vo Su)がありました。(カフェのみ利用の場合は北門から入場料無料で入れます。)

20130323huecafe2.jpg

1923年に建築されたというこの四方無事楼はグエン王朝の人々が勉強したりする場所だったとか。現在その建物がそのままカフェになっています。

カフェの二階にあがると王宮のお堀が一望できて眺望最高。二階はお座敷になっていてとてもくつろげます。

20130323huecafe3.jpg

メニューは飲み物がひととおり。お座敷を吹き抜ける風がとても心地よく、コーヒーも何倍も美味しく感じられました。王宮見学で疲れた体を休めるのに絶好の場所です。

20130323huecafe4.jpg20130323huecafe5.jpg

さてこちらのカフェ、歴史的建造物をカフェにしちゃったということで賛否両論なんだとか。

とっても素敵なカフェだったので、個人的にはこのまま営業したほうが観光名所にもなって良いと思うんだけどなー。

カフェを営業する側も、お客さんも節度を持って利用できると良いですね。

Tu Phuong Vo Su Cafe
Cung Dinh Hue, Hue
  1. 2013/03/27(水) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界遺産、阮朝王宮@古都フエの旅その2

フエはハノイから空路で1時間ほどの中部の都市。車で2時間ほど南に走れば中部最大の都市ダナンがあります。

20130322huepalace.jpg

フエはダナンとまったく異なりとにかく田舎でのんびり。ハノイっ子曰く「フエは何もなくて超つまんない」らしいのですが、外国人としては逆にベトナムの都市のごちゃごちゃゴミゴミした感じが無くてとてもイイ!

20130322huepalace2.jpg

王宮などの観光名所にも変な装飾が無く、建造物のみがただ静かにたたずむ姿がとっても品があって素敵です。

20130322huepalace5.jpg

周囲の自然と調和したその姿は日本の歴史的建造物にも通じる美しさ。ベトナムで行った建造物の中では最もすばらしいと思えるものでした。さすがベトナムで最初に世界遺産に指定されただけあります。でもそれに街が浮足立ってないところがまたいい!

20130322huepalace10.jpg

フエに到着してまず向かったのはベトナム最後の王朝、グエン王朝の王宮。タンロン(ハノイ)から1802年に遷都されてから1945年まで宮殿だった場所です。

20130322huepalace9.jpg20130322huepalace7.jpg

北京の紫禁城を模して造られたそうですが、それに比べるとかなり小規模。ベトナム戦争で建造物もかなり破壊されていて見所という点では少ないですが、所どころに残る建物に草木が覆う姿がはかなげでとても美しい。

20130322huepalace3.jpg20130322huepalace4.jpg

訪問した三月は夏の始まりで、日差しは暑いけど風は爽やか。広い空、吹き抜ける風、響き渡る蝉の声、原っぱに舞うトンボの群れがまるで日本の田舎のよう。宮廷内をのんびり散歩してるだけで癒されます。

20130322huepalace6.jpg

特にハノイから来ると、ゴミも無く、建物やお庭がキチンと手入れされている感じもとても気持ち良い。

全く期待していませんでしたが、良い意味で予想を裏切るとても美しい王宮でした。

諸行無常、わびさびの美を久しぶりに体感した訪問となりました。

阮朝王宮
Dai Noi
  1. 2013/03/26(火) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベトナム航空特典航空券予約@古都フエの旅その1

3月20日から11月くらいまでフエの空港が滑走路整備のため閉鎖になると聞き、急遽フエに行ってきました。ちょうど今月いっぱいで有効期限切れとなるベトナム航空のマイレージがあったので、特典航空券での旅行です。

20130320vnarline.jpg

ベトナム航空の特典航空券予約はものすごくめんどくさいという噂でしたが、意外にすんなり取ることができました。といってもベトナム航空のオフィスに何回か足を運ぶ必要があるので他社と比べるとそれが面倒です。

ハノイのベトナム航空オフィスはQuan TrungとTrangTien通りの角にあります。オフィスの二階が通常のチケット予約カウンター。Golden Lotus Plus(ベトナム航空マイレージプログラム)は3階のカウンターになります。

20130320vnairline2.jpg

チケット予約の時には何も考えずいつも2階のカウンターで手続きをしていたのですが、なんとGolden Lotus Plus会員なら3階のカウンターで予約手続きも出来ることがこのとき初めて判明。

2階のカウンターは愛想が悪いしいつも行く度にトラブル続出だったのですが、3階のお姉さんは感じ良くてとてもまとも。。。カウンターも空いてるし、今までの苦労は何だったのでしょう。。。orz

さて特典航空券予約ですが、まずカウンターでフライトの予約をします。するとお姉さんが特典航空券予約の控えをくれます。

これを持って帰り、3~5日後にメールアドレスに「特典予約ができました!」というメールが届くので、その書類を印刷して、予約控えとパスポートとともに再度オフィスに持って行きます。

ここでサーチャージ代を支払い、航空券(紙切れ)を発券してもらって予約完了となりました。

意外とあっさり予約完了して拍子抜けでしたが、最初の予約の際にお姉さんがフライトの時間を間違えていたことが判明し、もういちど変更に行くというトラブルも。もらった書類にはその場でしっかり目を通さないとダメですね~。

ちなみに特典交換に必要なマイルはハノイ-フエで往復15000マイル。片道なら7500マイルでした。

Vietnam Airlines
25 Trang Thi, Hoan Kiem
http://www.vietnamairlines.com
  1. 2013/03/25(月) 10:00:00|
  2. フエ旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぐちゃぐちゃの電線

La Placeでお茶してふと窓に目をやると、昔ながらのごちゃごちゃな電線が。

20130304densen2.jpg

数年前には街中こんな感じだったハノイ。電線の束が頭に当たりそうなくらい垂れ下がって、大雨の後は感電する人が出たりしたとかしないとか。

電線の地下化工事が進められて、こういう電線もなかなか見れなくなってきました。

きれいになるのはうれしいけど、ハノイらしさが減っていくみたいでなんだかちょっと寂しいかも。

  1. 2013/03/24(日) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大教会横のLa Placeでカフェめし

最近のお気に入りのLa Placeでカフェメシをしてきました。大教会のすぐ横にある老舗のカフェです。

20130304laplace.jpg

一階はオープンエアなカフェ。二階にあがるとアートで手作りな雰囲気のカフェスペースが。さらに階段を登るとテラス席があります。

20130304laplace2.jpg

なんといってもお気に入りなのは二階の窓際の席。目の前に大教会が望め、道行く天秤おばさんを眺めながらゆったりお茶をすることができます。ぼんやり景色を眺めていると時折教会の鐘が響きわたってなんだかノスタルジック。

20130304laplace4.jpg20130304laplace3.jpg

メニューは麺類やご飯もののアジア料理とスープ、サラダ、サンドイッチなどの西洋料理が。この日はツナサンドとブラウニーをオーダー。飲み物にはLa PlaceといえばのLime Slushiesを。

20130304laplace5.jpg20130304laplace6.jpg

どれも普通に美味しいカフェメシ。一人でふらっとお茶したい時や、のんびりwifiしたい時なんかにオススメ。

こういう吉祥寺っぽいカフェ、落ち着きます。

La Place
4 Au Trieu, Hoan Kiem
http://www.laplacehanoi.com/
  1. 2013/03/23(土) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Sheraton Hanoiのアフタヌーンティービュッフェ

シェラトンハノイホテルでアフタヌーンティービュッフェがはじまったと聞いていってきました。

20130320sheratontea.jpg

シェラトンがあるのはハノイ中心街から20分ほど離れたタイ湖エリア。シェラトンホテルは最近日本人の方がGMになられたそうで、今回のアフタヌーンティーもシェラトングランデ東京の日本人パティシエの方が監修されたとか。しかも値段が一人20万VND++(約900円++)ならば行かないわけにはいきません。

アフタヌーンティーの会場はHemispheresレストラン。室内と屋外の席があり、かなりゆったりとしたテーブルセッティング。隣の会話は全く気にならず、とってもまったりゆっくりできます。

20130320sheratontea2.jpg20130320sheratontea3.jpg

ビュッフェの飲み物は紅茶各種の他にコーヒーとジュース。様々な種類のケーキ、クッキー、チョコレート、プリン、フルーツなどに加えてコロッケや春巻き、サモサ、サンドイッチなどしょっぱいメニューも豊富。しかも内容は頻繁にかわるようです。

日本人の方が監修されているというだけあって、お味はとても上品で美味しい。特にスコーンが小ぶりで優しい味かつ絶妙な柔らかさ。久しぶりの日本っぽいスコーン!

20130320sheratontea4.jpg20130320sheratontea5.jpg

他にもチョコファウンテンやクレープを焼いてくれるコーナーも。

内容充実&お値段お手頃でハノイで最もコスパの高いアフタヌーンティーでは無いでしょうか?!

でも時間が14:30~なのがなかなか行きづらいな~と思っていたら、なんと最近になって12時~17時に変わったらしいです。これならランチ代わりに行けちゃうのでかなり素敵!

また行きます!

Hemispheres
Sheraton Hotel Hanoi
K5 Nghi Tam, 11Xuan Dieu, Tay Ho
  1. 2013/03/22(金) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

聖母信仰展@女性博物館

女性博物館で長期開催中の聖母信仰展(Worshipping Mother Goddess)も見て来ました。

20130313mother.jpg

この聖母信仰展、一年ほど前に一度見ているのですがいまいちどういうものなのかよく理解できず、この度ベトナム人同伴でリベンジすることに。

20130313mother8.jpg

彼女の説明によると聖母信仰とは自然崇拝に起源するベトナム独自の風習で、健康と金運などの現世利益をもたらしてくれる神様仏様みたいなものだそう。

聖母さまは全部で4人いて、赤い聖母が天国、白い聖母が水、黄色い聖母が大地、そして緑の聖母が山と森を司っているのだとか。

20130313mother2.jpg20130313mother3.jpg

人々はこの聖母さまにご利益をもたらしてもらうため、旧暦の毎月1日と15日に聖母さまの所にお参りに行ったり、お供えをささげたりするそうです。もしかして定期的に街で紙のお金とかを燃やしてるのはこれだったのか?!

20130313mother7.jpg

さらにハノイ近郊で有名な聖母さまの神社はタイ湖のDa Paoloの裏にあるんですと!たまにDa Paoloの周辺が通行規制されるのももしかしてこれ?!

さらにさらに面白いのが聖母信仰の祭礼の話。聖母信仰の儀式では各聖母がシャーマン(霊媒)の体に次々に憑依して、各聖母のキャラ独自の舞を踊るのだそう。

20130313mother4.jpg20130313mother5.jpg

この展示では儀式の様子をビデオで実際に見る事が出来るのですが、霊媒は憑依する精霊に合わせて衣裳を変え、いざ憑依すると表情やしぐさもガラリと変わります。

その悲劇的な背景故、なかなか降ろすのが難しいという水の聖母さまの時は涙まで流していました。

この霊媒になる人はあらかじめ運命で決められていて、占い師に「あなたは聖母の霊媒です」と告げられたが最後、必ずそのお勤めを果たさなければならないのだとか。一緒に行った子の親戚の人もこの霊媒だったそうです。

儀式で霊媒はトランス状態で参列者にお金やお菓子などをふるまいます。霊媒に頂いたものはご利益があるので、人々は大事に持って帰るそうです。

なんとも神秘的で興味深い聖母信仰。今までベトナム独自の仏教行事だと思っていたことも実は聖母信仰だったのかも。

今度タイ湖の神社に行ってみようっと。

Worshipping Mother Goddess
2F Vietnamese Women's Museum
36 Ly Thuong Kiet St, Hoan Kiem Dist,
http://www.womenmuseum.org.vn/
  1. 2013/03/21(木) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天秤おばさんの現実@女性博物館

ガイドブックなどであまりとりあげられなかったベトナム女性博物館。1年ほど前にリニューアルオープンしてとってもきれいで見ごたえのある博物館に生まれ変わりました。

20130314women.jpg20130314women2.jpg

常設展示は全てベトナムの女性にまつわるもの。ベトナムを構成する54の民族衣装の展示はまるでファッションショーのごとく色鮮やかでとても美しい。

20130314women3.jpg20130314women4.jpg

伝統的ながら、中にはとてもモダンに見えるものも。アクセサリーも華やかで見ているだけで楽しいです。

20130314women5.jpg

54の民族の結婚や出産、生活にまつわる展示では、実際に農具をしょってみたり、臼を挽いてみたりすることもできます。

20130314women6.jpg20130314women7.jpg

民族衣装柄の抱っこ紐に入れられておんぶされてる少数民族の赤ちゃんたちの写真は、なんだか昔の日本の田舎の風景のようで郷愁を誘います。

それ以外に戦争時代に活躍した英雄的女性たちの展示も。

20130314women8.jpg

博物館の中で一番印象に残っていたのは天秤おばさんのインタビューのビデオでした。

彼女たちの多くは地方からハノイへ出稼ぎに来ている人達で、狭い部屋に共同生活をし、天秤や自転車で行商をしているのだとか。出稼ぎに来ている間の家賃や食費もかかるので、朝から晩まで行商をしても手取りはほんの少し。

20130314women9.jpg20130314women10.jpg

本当に本当に貧しく、とっても苦労している人達だということがビデオからひしひしと伝わって来ます。

いままで天秤おばさんにぼったくられることに腹をたてていましたが、彼女たちの貧しさを目の当たりにしてなんだかとても申し訳なくなってしまいました。ぼったくられるといっても、日本円で考えれば微々たるもの。。。もっと大きな気持ちで、寄付だと思って支払えばいいのかも。

シンプルながらもとても内容の濃い、とても考えさせられる展示でした。

トイレも新しくてきれいです。ハノイ訪問の際はぜひ訪れて欲しい場所です。

ベトナム女性博物館
Vietnamese Women's Museum
36 Ly Thuong Kiet St, Hoan Kiem Dist
http://www.womenmuseum.org.vn
  1. 2013/03/20(水) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Printopiaでフォトブック@女性博物館

女性博物館の入ってすぐのところにとってもかわいいお土産屋さんがオープンしていました。

20130312printopia2.jpg

お店にはプロパガンダのポスターやノートブックが。プロパガンダデザイン以外にもかわいいノートブックが沢山あって、ちょっとしたプレゼントや自分用にも良い感じ。

さらに奥に進むとPrintopiaという印刷屋さんがやっているお店ということが判明。

20130312printopia.jpg

こちらの印刷屋さんでは名刺や招待状、チラシなどの各種印刷物のほかに、フォトブックもオーダー可能とのこと。

見本になっているフォトブックを見てみるとなかなかかわいい!ソフトカバーのフォトブック(14.5×20.5cm)60ページで450,000VND(約2100円)と日本よりも安いかも?

そして何より店舗が清潔&お洒落&お姉さん感じ良いのハノイでは珍しい3点揃い。あとは実際の作業がどうかが気になりますが。。

今度試しにフォトブック作ってみようかな。

Printopia
36 Ly Thong Kiet, Hoan Kiem
www.printopia.vn
  1. 2013/03/18(月) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本人形展@女性博物館

女性博物館で開催されている日本人形展に行ってみました。

20130311ningyou.jpg

女性博物館があるのはホアンキエム湖南のLy Thong Kiet通り。チャンティエンプラザやホアンキエム湖からも歩ける距離です。

ガイドブックなどでは小さくしかとりあげられていない博物館ですが、ベトナムの少数民族の衣裳が見れたり、天秤おばさんの実情を知ることができたりしてかなりオススメの博物館です。特に女性観光客には歴史博物館や戦争博物館よりもこちらの方が楽しいと思います。

20130311ningyou2.jpg

日本人形展は女性博物館の入って左側のフロアで開催されていました。博物館の通常の入場料30,000VND(約140円)を支払います。

フロアには沢山の日本人形が展示されていました。ひな人形やアオザイを着ている人形なんかも。

20130311ningyou3.jpg

そして会場で一番人気だったのは浴衣試着コーナー。ベトナム人の女の子たちが次々に試着してました。浴衣でうれしそうに写真を撮っている姿がとってもキュート。そんな女の子たちを見てると日本人としてなんだかうれしくなってしまいます。

20130311ningyou4.jpg20130311ningyou5.jpg

また折り紙コーナーや伝統おもちゃの体験コーナーも。

日本人でも最近は全然遊ばなくなってしまった紙風船やだるま落としなどなどを実際に手にとって遊ぶことができます。これはハノイ在住の日本人キッズにもお勧めかも!

今度はチビを連れて来てあげよう。

Japanese Traditional Dolls (3月31日まで)
ベトナム女性博物館
Bảo tàng Phụ nữ Việt Nam
36 Lý Thường Kiệt, Hoàn Kiếm
http://www.womenmuseum.org.vn/
  1. 2013/03/17(日) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リニューアルオープンのJaspas

ちょっと前のことですが、ハノイタワーのJaspasがリニューアルオープンしました。以前のややくたびれた感が無くなり店内はとってもきれい。

20130130jaspas.jpg

Jaspasがあるのはハノイタワーのレジデンス棟の4階。レジデンス棟のエレベーターを降りると右側がジャスパスです。

JapspasはAl Fresco'sやJacksons, Pepperonisなどのレストラングループの一つ。香港からはじまったグループで、オーストラリア系のお店だそうです。

20130130jaspas2.jpg

ドーンと西洋料理を食べたい時に来ますが、アジア料理もけっこういけるとのこと。特にここのブンチャーは肉がジュージューと鉄板に乗ってくるスタイルで韓国人に大人気なんだとか。

いつもはハンバーガーを食べるのですが、この日は他のベトナム料理を試してみたくなってBun Bo Nam Boをトライ。ツレは定番ハンバーガー。そしてチビにはキッズメニューのスパゲッティを。

20130130jaspas4.jpg20130130jaspas3.jpg

さて登場したブンボーナンボー、ドンブリが異常にでかい。。。そして麺の量が異常に多い。麺の量が多すぎてまぜまぜ出来ない。。。野菜もあまり入っていないので全体のバランスがいまひとつ。Papa Joe'sの方が美味しかったな。

チビのキッズスパゲッティーはアメリカン(オーストラリアン?)な感じ。パスタ&サラダ&ポテトにドリンクとアイスクリームがついて確か5USDくらい。お得です。

やっぱりJaspasに来たら洋食だな!

Jaspas
4th Floor, Hanoi Towers,
49 Hai Ba Trung, Hoan Kiem
  1. 2013/03/15(金) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Hilton Hanoi OperaのLobby Loungeでハイティー

ヒルトンハノイオペラのロビーラウンジで、ハイティーをしてきました。

20130202hiltontea.jpg

通常ハイティーは15時からのところが多いですが、こちらは予約すればお昼過ぎからでもサーブして頂けるとのこと。しかもボリューム満点なのでランチ代わりに最適と聞いて行ってみました。

20130202hiltontea2.jpg20130202hiltontea3.jpg

飲み物はお茶またはコーヒー。そしてジュースが付いてきます。まず登場したのが海老フライ。ハイティーで海老フライってかなり斬新なチョイスです。エビがぷりっとしていて美味しい。

20130202hiltontea4.jpg20130202hiltontea5.jpg

続いて登場した3段重ねのケーキスタンドにはサンドイッチ、生春巻き、ミニケーキ類。そしてシメには巨大スコーンとかなりボリューム満点。味も美味しい。ヒルトンはアメリカ系のせいか、味と盛りっぷりがなんとなくアメリカン。

ハイティーはスタート時間が遅いのでなかなか行けないですが、ここならランチ代わりに気楽に来れます。

合理的な所もアメリカンなハイティーなのでした。

Lobby Lounge
Hilton Hanoi Opera
1 Le Thanh Tong St, Hoan Kiem
  1. 2013/03/14(木) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Khazaanaで本格インド定食

ハノイはこう見えても一応ベトナムの首都。各国大使館があるだけあって、意外に世界各国の料理を楽しめるレストランが多くあります。

先日は美味しいインド料理が食べたくなったのでカザーナに行ってきました。

20130203kazaahna4.jpg20130203kazaahna2.jpg

ハノイにはインド料理のお店が何件かありますが、元インド在住の方によればカザーナが一番本場っぽい味とのこと。とある週末に行ってみるとお店は本場の方々でいっぱいでした!

少し前に移転したカザーナのお店はとてもきれいで快適。上品なインド料理屋さんという雰囲気です。

20130203kazaahna.jpg20130203kazaahna3.jpg

周りの本場の方々が見たことも無いような料理を頼んでいてとっても気になりましたが、どれが何なのかよく判らないのでこの日はThali(定食)にすることに。

ターリーはメニューの最後の方のKhazaana Specialに載っています。聞くところによるとこのThaliはインドでどこにでもあるもので、たいてい数種類のカレー、スープ、ご飯、ヨーグルト、デザート、ナンなどなどがセットになっているそうです。

数種類あるターリーの中からNorth Indian Non Vegetarian Chicken Thaliを頼んでみました。ツレはMutton Thaliを。トマトベースのButter Chickenが甘くてとっても美味しい!もう一つのカレーは辛かったので、デザートと思われる甘いものとまぜまぜして食べちゃいました。

ターリーは少人数でも沢山の種類が試せるのでとってもGOOD!味もとても美味しくて、思い出すと食べたくなります。

また行きたい!

Khazaana
11 Ly Thai To
Hoan Kiem
http://www.khazaana.vn
  1. 2013/03/13(水) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・その他料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MetropoleのLe Clubでアラカルトランチ

久しぶりにメトロポールのLe Clubでランチビュッフェを食べようと思って行ってみると、なんとLe Clubのビュッフェがもう無くなってしまっていました。なのでLe Clubのアラカルトを食べてみることに。

20130119leclub.jpg20130119leclub2.jpg

Le Clubのアラカルトメニューには洋食&アジア料理がまんべんなく揃っています。

この日はシーザーサラダ、クラブサンドイッチ、そしてカルボナーラをオーダー。お食事にはパン盛り合わせが付いてきました。

20130119leclub4.jpg20130119leclub3.jpg

お料理はどれも一皿の量が大きくボリューム満点。特にカルボナーラはクリームとバターがかなりリッチで実際の量以上のボリューム感!味はもちろんどれも上品でとても美味しい。

そして今回改めて感じたのがサービスの良さ。一人とても優秀なウエイターさんが居て、常にテーブルの様子をチェックし、こちらが何も言わずとも必要なものを持ってきてくれたり、実に迅速に対応してくれました。

味、雰囲気、サービス、どれも満足。フレンチやイタリアンをがっつり食べる気分じゃない時は、Le Clubでアラカルトもいいかも!

Le Club
Sofitel Legend Metropole Hanoi
15 Ngo Quyen Street
Hoan Kiem
http://www.sofitel-legend.com


  1. 2013/03/12(火) 10:00:00|
  2. ハノイグルメ・カフェ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Haiha-Kotobuki 新Hue通り店

先日バームクーヘンをゲットしたフエ通りのハイハーコトブキが道の反対側に新店舗をオープンしていました。

20130201halia.jpg

以前の店舗は実にベトナムローカルチックで一元さんを寄せつけない雰囲気満々だったのですが、新しい店舗はとてもきれいで広々してます。

20130201halia1.jpg

そしてなんと以前は無かった肉まんが売っているではありませんか!!

20130201halia2.jpg20130201halia3.jpg

これは試さずにはいられません。この日は肉まん(7000VND、約32円)とどら焼き(14000VND、約63円)を購入。

ベトナムでもどらえもんが人気なのですが、ハイハーコトブキでどら焼きを売っているのでベトナムキッズもどらえもんの好物がどんな味なのか知ってるのだそうです。

さてまずはどら焼きを味見。あんこはベトナム風の赤みがかったものですが、コンビニのどらやきみたいな感じで普通に美味しいです。値段が安いのでちょいおやつにいいかも。

そして肉まんは…春雨やチャーシューみたいな肉片やうずらの卵が入ってるベトナムスタイルの肉まんでした。日本のジューシーな中身の肉まんを期待してたのでがっかり。

ぜひ日本の肉まんも発売してください!

Haiha-Kotobuki
97 Pho Hue, Hai Ba Trung
http://www.haiha-kotobuki.com.vn
  1. 2013/03/11(月) 10:00:00|
  2. ハノイショッピング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

完全個室&完全介護の総合病院Vinmec

Vincom Villageの後に同じVin Groupの総合病院、Vinmecの見学に行ってきました。

20130310vinmec.jpg

最近在住者からちらほら名前を聞くようになったVinmec。盲腸の手術&入院をしてとても良かったとか、手の打撲のリハビリでここに行って良かった、小児科が良かったなどなどどれも良い口コミばかり。何より病院が新しいのですごくきれいだと聞いて、ずっと気になっていたのでした。

20130310vinmec2.jpg

到着したVin Mecはハノイ中心街から3~4キロほど南に下った場所にあります。車で20~30分ほどでしょうか。周囲は現在建設中のTimes Cityという新興住宅街だそうです。

20130310vinmec3.jpg

VinMecに一歩入るとすごく静かできれい!病人であふれかえってる一般的なベトナムの病院とはえらい違い。というか、あまりにも人がいなさすぎてちょっと心配になるくらい。

20130310vinmec4.jpg

施設は完成したばかりなのでとてもきれい。でも10カ月の工事で完成させたそうなので、工事にあちこち雑な所が見えるような。。

20130310vinmec5.jpg

救急救命室、検査室、MRI室、リハビリテーションルームなどなど設備は一流の総合病院並み。設備に関しては知り合いの医師もなかなかのものだと言っていたので、ハード面は良さそうです。

ソフト面に関しても一流の医師を多数引き抜いたそうなので、実際こちらで診察を受けた方も処置に満足されていました。

20130310vinmec10.jpg

Vinmecがベトナムの他の病院と最も異なるのは入院病棟。一般的にベトナムの病院では患者に対してベット数が足りないので、二人で一つのベットを共有するのはあたりまえ。

さらに看護は無いので、家族が入院中の患者のお世話(食事、介護などなど)を全部しなければならない。なので病室には患者とその家族であふれかえっているというのが現状。

20130310vinmec6.jpg20130310vinmec7.jpg

対してVinmecは完全個室制。一患者に一部屋の病室が用意されていて、完全看護付き。病室はバストイレ付でとてもきれい。ご飯もその人の嗜好(西洋料理、宗教上の理由など)に合わせて出来るだけ対応してくれるとのこと。何かあった時には、ここなら入院できるなと思いました(笑)。

20130310vinmec8.jpg

全体的にがらんとした病院でしたが、小児科と産科は混んでいました。小児科には広い遊び場があるのでここなら子供も病院が怖くないかも?

20130310vinmec9.jpg

日本語の通訳の方もいらっしゃるそうなので言葉の面でも安心です。

ハノイで手術などの高度医療が出来る病院として、いざという時のために覚えておいくといいかも。

Vinmec
458 Minh Khai,
Hai Ba Trung Dist.
http://vinmec.com
  1. 2013/03/10(日) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロンビエンの新興住宅街地、Vincom Village

Vincom Villageのヴィラの見学会があったので行ってきました。

20130309village.jpg

Vincom VillageはヴィンコムセンターでおなじみVin Groupの新興住宅地。場所はハノイ市内から紅河を渡って東へ6.5キロほどの場所。市内から車で30分ほどでしょうか。一般にロンビエン地区と呼ばれるエリアのそばです。

田んぼと水牛がひろがるのどがな風景のなかに忽然とシプチャーのような住宅街が登場!ゲートの中に入るときれいなヴィラが立ち並び、アメリカかどこかの新興住宅街のようです。

20130309village2.jpg

ヴィラは隣と壁がくっついているタウンハウス風のものからプール付きの豪華なものまで様々。一番安くて日本円で3000万円相当からのお値段だそう。管理費も結構高いとか。

20130309village3.jpg

各ヴィラの裏手には水路が流れていて、お庭からの眺めが素敵。でもこの水路誰が管理するんでしょう。。。蚊が大量発生しないかとか、誰かゴミを捨てたりして臭くならないかとか、何より氾濫しないかとか色々考えてしまうのがベトナムの悲しいところ。

20130309village4.jpg20130309village5.jpg

見学したヴィラは3階建てで、4ベットルームくらいありました。家自体は新しくてきれいだし、とても素敵です。

20130309village6.jpg20130309village7.jpg

ヴィンコムヴィレッジにはヴィンコムセンター、ゴルフの練習場、BBQガーデン、British Vietnamese International Schoolなどなどが。

20130309village8.jpg

Vincom Villageの中はきれいに整備されていて安全ですが、いかんせん周囲に何も無いのでここに外国人が住むようになるにはもうちょっと開発されないと難しいかも。

ハノイ郊外には今このような新興住宅街がいくつも工事中です。(中には資金難でとん挫しそうなものもあるとかないとか)。

先日イオンがこのロンビエン地域にイオンモールを出店することを発表したし、10年後はこの地域がホットなエリアになってたりするかも?!

Vincom Village
http://www.vincomvillage.com
  1. 2013/03/09(土) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

54 Traditionsで少数民族の衣裳講座

ZARA outletがあるのと同じHang Bun通りにあるギャラリー、54 Traditionsで行われたベトナムの少数民族の衣裳講座に行ってきました。

2013030854.jpg20130308542.jpg

講師は54 Traditions Galleryのオーナーでニューヨーク出身&元小児科医ののMarkさん。54 Traditionsではベトナムの54の民族の民芸品を収集&販売しています。5階建てのギャラリーには民芸品がいっぱい。このギャラリーからアメリカの博物館などに収蔵されたものもあるそうです。

20130308543.jpg20130308544.jpg

ベトナムの山岳地帯には数多くの少数民族が住んでいます。彼らは民族衣装をまとい、昔ながらの農耕生活を営み、かたくなに伝統的な生活を守って生活しています。深い山間の村で自然とともに生活する彼らの姿はまるで宮崎駿の映画「風の谷のナウシカ」の世界。

20130308549.jpg

他民族には皆同じように見える彼らの民族衣装、実は微妙にパターンが違ったり、その文様に様々な意味が込められているそう。衣装の文様を見れば、その人がどの村のどの家の出身かがすぐ判るようになっているそうです。

またとある部族の女性の衣裳の小さな円形の飾りは、奇数なら既婚者、偶数なら未婚者という意味があるそうです。

20130308545.jpg201303085411.jpg

ベトナム北部の山岳民族はラブマーケット(歌垣)で有名なのですが、そういう時にどの子をターゲットにするか、衣裳を見て判断することが出来るようになっているのでしょう。

この民族衣装は全て手織り。近年中国から大量生産の安くて軽い「民族衣装柄」の服も売られているそうですが、こちらはそこまで浸透していないそうです。

201303085410.jpg

というのも農村での暮らしにおいて、機織りは女性がその才能をアピールすることが出来る手段。子供や旦那さんの衣裳が素晴らしいと、それを作った奥さんは素晴らしいということになるので、皆衣装作りに余念が無いそうです。

北部の山岳民族は主に中国から迫害されて移動してきた民族だそうですが、ベトナム中部にはインドネシア系の山岳民族もいるそうです。

20130308547.jpg20130308548.jpg

彼らの特徴は織物に小さいビーズを使うこと。一つ一つ丁寧に織り込まれたビーズの衣裳はすごくかわいい!同じようなパターンを使う民族はインドネシアでしか見られないそうです。

駆け足のレクチャーでしたが、民族衣装ひとつとっても知らない事が沢山あってものすごく面白い!もっともっと彼らの生活について知りたくなってきました。

サパに行かねば!

54 Traditions Gallery
30 Hang Bun, Ba Dinh
http://www.54traditions.com.vn
  1. 2013/03/08(金) 10:00:00|
  2. ハノイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ZARA Outletハノイ上陸?!

先日Hang Bun通りを歩いていたら、周囲の景観にそぐわないやたらきれいな店舗が。そして看板にはななななんとZARA OUTLETの文字が!!!

20130307zara.jpg

半信半疑で中に入ってみると、今までハノイに無かった感じの2階建のZARAっぽい店舗。メンズ、レディース、キッズと商品も沢山。

パチモンなのかどうかが気になるところなのですが、商品にはちゃんとZARAの商品タグがついていて本物っぽい。いわゆるアウトレット品なのかな?お値段も400,000VND(1800円)くらいからとそんなに安いわけでもない。

なので本物のアウトレットではないかと思います!というか、そう思いたい!(笑)

ハノイも服を買える場所が増えましたね~。しみじみ。

ZARA outlet VIETNAM
42 Hang Bun, Ba Dinh
https://www.facebook.com/Zaraoutlet.vn
  1. 2013/03/07(木) 10:00:00|
  2. ハノイショッピング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

S.E.A Aquarium@モルディブ&シンガポール旅行その11

シンガポールに世界最大級の水族館が出来たと聞いて行ってきました。S.E.A Aquariumがあるのはセントーサ島のResort World Sentosa。

20130225sentosa.jpg

リゾートワールドはホテル、カジノ、レストラン、ユニバーサルスタジオ、ウォーターパーク、そして水族館などからなる総合リゾート。娯楽施設がてんこ盛りなのでリゾートワールドのホテルに泊ってとことん遊び倒すのも楽しそう。

20130225sentosa2.jpg

Adventure Cove Waterparkにはお決まりのウォータースライダーなどの他に、お魚が住む人工ラグーンでシュノーケルも出来るそうです。

20130225sentosa3.jpg

さてS.E.A.Aquarium。床の下が水槽になっていたり、トンネル型の水槽があったり、タッチプールがあったり。

お魚はトロピカルフィッシュ系が多かったです。定番のクラゲ、深海のカニ、そしてタツノオトシゴなどのマクロ系も。

20130225sentosa7.jpg

そして目玉の巨大水槽には小魚が群れ、マンタが舞う!感動!!…と言いたいところなのですが、水族館大国の日本人はあんまりびっくりしないかも。でも久しぶりの巨大水槽はやっぱり癒されます。小マンタ萌え~。

20130225sentosa5.jpg

ちなみに大水槽に使われるアクリル樹脂の技術は日本企業が最先端だそう。何枚ものアクリル板をぴったり貼り合わせるのに高い技術が必要なのだそうです。

20130225sentosa6.jpg

日本に来た外国人観光客の方を水族館に連れて行くという発想は無かったけど、意外とウケるかも?!

S.E.A. Aquarium
Resort World Sentosa
  1. 2013/03/06(水) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天天海南鶏飯でチキンライス@モルディブ&シンガポール旅行その11

シンガポールの食でまず外せないのがチキンライス!中でも中華街のホーカーズ(伝統屋台村)の天天海南鶏飯がナンバーワンであるということで、いざチャイナタウンへ。

20130225chicken2.jpg

途中通ったお洒落な二階建てのショップハウスが並ぶクラブストリートには目もくれず、一路マックスウェルフードセンターを目指します。

20130225chicken.jpg

クラークキーから歩いてみましたが以外と遠い!汗だくになって到着した天天海南鶏飯さんは…まさかの旧正月休み中!旧正月明けの13日に行きましたが、中華街の人気店は軒並み長期休暇中でした…orz

20130225chicken7.jpg20130225chicken3.jpg

ということで後日16日にリベンジ!あいかわらずの長蛇の列!30分ほど並んでGETしたチキンライスは蒸しチキンとローストチキンの2種類。蒸しチキンはあっさりながら噛むとじゅわっと肉汁がしみ出し実にジューシー。、ローストはジューシーなチキンにこんがり焼けた皮が良いアクセントになっていて、個人的にはローストが好み。

20130225chicken4.jpg20130225chicken5.jpg

ライスはしっかりトリのダシが効いていて、シンプルながらも実に美味しい!トリのスープもどこまでも優しく深い味わい。

別のお店でもチキンライスを食べてみましたが、実がバサバサでいまいちでした。たかがチキンライス、されどチキンライス。天天海南鶏飯を食べずしてチキンライスは語れない!

20130225chicken6.jpg20130225chicken8.jpg

マックスウェルフードセンターには他にも焼き物、麺類、ムスリム料理、デザートなどなどの屋台が所狭しと並んでいて眺めているだけで楽しい。

B級グルメの血が騒ぎますなぁ~。また来たい!

天天海南鶏飯
http://www.tiantianchickenrice.com/
Maxwell Food Centre
Maxwell Rd. Chinatown
  1. 2013/03/05(火) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Ya Kun Kaya Toast@モルディブ&シンガポール旅行その10

リャン・コートからすぐのセントラルというモールで、ヤクンカヤトーストを食べました。

20130225kaya.jpg

セントラルはクラークキー駅直結のショッピングセンター。あまりビビっと来るお店は入っていませんでしたが、ものすごいスコールが降ってきたのでヤクンで雨宿りすることに。

20130225kaya2.jpg

カヤトーストとは、焼いた全粒小麦っぽいトーストの間にカヤジャムとバターをサンドしたもの。カヤジャムとは卵とココナッツミルク、パンダンリーフ、砂糖から作られるものだそう。シンガポールの定番の朝ごはんだそうで、これに甘いコーヒーと温泉卵を一緒にいただくのがオツなのだとか。

20130225kaya3.jpg20130225kaya4.jpg

何も期待せずにひとくち…むむむむむっ!ウマイ!!

間に挟まれたカヤジャムがとても上品な甘さ&風味。はちみつのようでいて、そこまでしつこくなく、あっさり爽やかながらも甘美な味わい。そこに絶妙な量のバターがコクを加えて実に美味しい!!

ベトナムコーヒーのような甘いミルクコーヒーがまたニガアマでうまし。

この時はお腹が空いていなかったので温泉卵を食べなかったのが心残りになり、空港で別のカヤトースト屋さんでトースト&温玉&コーヒーセットを頼んでみましたがこれが全然美味しくない!

ヤクンだからこそ美味しかったのか…。くうぅ、温玉セットで食べてみたいぜぃ。

Ya Kun
http://www.yakun.com/
6 Eu Tong Sen Street #01-31
The Central
Singapore 059817
  1. 2013/03/04(月) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Liang Courtで日本食材@モルディブ&シンガポール旅行その9

シンガポール滞在でまず向かったのはリャン・コートというショッピングセンター。

20130225liang.jpg

こちらには日本のスーパーの明治屋、日本の紀伊国屋書店が入っています。ラーメン屋さんなどの日本食レストランも。

20130225liang3.jpg

明治屋は生鮮食品から日用品まで何でも揃っていてまるで日本!お惣菜のお寿司&お刺身コーナーもあり。部屋干しトップもあり。はたまたお酒コーナーには日本ワインコーナーまで!!

20130225liang4.jpg

シンガポールでは日本ワインを売っていると聞いて買う気満々でいましたが、お値段が日本の3倍だったので泣く泣く諦め。。。アパートでお寿司と甲州で一杯やりたかったのにぃ~。

20130225liang5.jpg20130225liang6.jpg

過去に東南アジア各国の日本食材店を見てきましたが、品揃えの多さではやはりシンガポールはすごいです。お値段も2~3倍だけど売っているというのがすごい!

20130225liang7.jpg

さらにすごいのは紀伊国屋書店。和書はもちろんのこと洋書の品揃えも豊富。日本の下手な駅前の本屋さんよりよっぽど充実したラインナップ。

そしてなんとなんと週末には紀伊国屋書店の本店でまんがフェスがあり、深夜食堂ともやしもんの作者が来るというではありませんかぁ~!!なんつーマニアックな組み合わせ!日本でもなかなか無いぞ!!シンガポール滞在中だったら絶対行ってた。。。(笑)

20130225liang2.jpg

リャン・コートには他にメガネのパリミキが入っていて、ツレは使い捨てコンタクトをここでGETしてました。

いわゆるファッション系の店舗は無いですが、フードコートもあるし、滞在型or近隣諸国からの買い出し組の方には便利なモール。モール直結でサマセットのサービスアパートと、ノボテルホテルがあるのでこちらに宿泊すればさらに便利です。

Liang Court
http://www.liangcourt.com.sg
177 River Valley Road, #05-17/18
Singapore 179030
  1. 2013/03/03(日) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Fraser Place Robertson Walk@モルディブ&シンガポール旅行その8

モルディブの後シンガポールでも数日滞在しました。宿泊はサービスアパートのフレーザー・プレイス・ロバートソン・ウォークです。

29139225fraser.jpg

先進国のシンガポール。観光に便利な場所のホテルはかなり高い!チビが居るのでサービスアパートを探しましたが、最低7泊からという縛りがある物件も多い。

そんな中、たまたまAgoda.comでフレーザーのプロモーションを発見。日本食スーパーの明治屋が入っているLiang Courtショッピングセンターへも徒歩圏内ということでここに決定。川沿いを歩けば5~7分くらいの距離でしょうか。

20130225fraser2.jpg

シンガポールにはフレーザー系のサービスアパートがいくつかありますが、こちらは川沿いのロバートソンキーにある物件。アパートの下はRobertson Walkというレストラン街。

20130225fraser9.jpg

イタリアン、中華、和食、ワインバーとあらゆる種類のお店があり、どこも夜はビジネスマンなどでいっぱい。でもナイトクラブ系のクラークキーと違い、落ち着いた雰囲気なのでとても良かったです。すぐご飯を食べにいくことができて便利でした。

20130225fraser3.jpg

フレーザーで泊ったお部屋は1 Bedroom Deluxe。フルキッチン、洗濯乾燥機、無料WIFI、朝食付きです

建物自体は少し古い印象ですが、やっぱりアパートは快適。近くの明治屋で日本食を買ってお部屋で食べたり出来るのが楽しい。ハノイへ持ち帰る食材も冷凍庫でキンキンに凍らせて持って行けるので便利です。

20130225fraser4.jpg20130225fraser5.jpg

朝食はプール横のカフェにて。種類は少なめ。カフェの奥には立派はプレイルーム。そしてメインプールの奥には子供用の遊び場&滑り台付きのキッズプールが!

20130225fraser6.jpg20130225fraser7.jpg

アパートの最寄り駅はクラークキーですが徒歩10分はかかるのでちょっと遠い。その代わりアパートのシャトルバスが一時間おきにオーチャードなどの主要なエリアへ走っています。タクシーもすぐつかまるので、移動にはそんなに困りませんでした。

20130225fraser8.jpg

前回はオーチャード通りエリアに宿泊したのですが、渋谷のど真ん中のような人の多さにぐったり。対してロバートソンウォークは繁華街からちょっと離れた落ち着いた雰囲気で良かったです。

まったり暮らす気分のシンガポール滞在となりました。

Fraser Place Robertson Walk
http://singapore-place.frasershospitality.com/
11 Unity Street
Singapore 237995
  1. 2013/03/02(土) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クダフラの食事@モルディブ&シンガポール旅行その7

クダフラでの滞在は朝食のみ付いているプランでした。3食付き、朝夕食付きのプランもあるそうですが、我が家はあまり量が食べれない&時限爆弾(チビ)がいるのでゆったりご飯なんて食べてられない。なのでランチとディナーは普通にアラカルトで食べました。

20130220food.jpg

クダフラには6か所ほど食事がとれる場所があります。イタリアン、アジアン、インディアンの3か所のレストラン、プールサイドに特設されるBBQグリル、バー、そしてルームサービスです。

20130220kh.jpg

ディナーはそれぞれのレストランが日替わりでテーマビュッフェを行っていたり、大人のみの日だったり、アラカルトdayだったりするので、常に様々な選択肢が用意されています。その日の気分に合わせて食事を選べるので、滞在中食事に飽きることは全くありませんでした。そしてどのレストランもさすがのフォーシーズンズクオリティ。美味しい&一皿のボリューム大。

20130220food2.jpg

朝食はプールの前にあるCafé Huraaにて。朝から中華、印度、和食、洋食などてんこ盛り。その場で作ってくれる野菜ジュースもあったり。味も美味しくサービスも良く朝からかなりお腹一杯。

20130220food4.jpg20130220food5.jpg

お昼はお腹が空かず、ビーチサイドやルームサービスで軽くつまんで済ますことが多かったです。

20130220food6.jpg20130220food7.jpg

カフェフラのディナーは洋食&アジア料理。メニューの種類は少なめ。前菜にエビのロールを、メインにマヒマヒのグリルを頼んでみたら、なんと前菜のロールが巨大な巻き寿司!もうこれだけでお腹一杯。さらにマヒマヒも巨大!味は美味しいけど量がアメリカン。大人二人だったら、前菜2種類&メイン1皿くらいをシェアするので十分すぎるくらいです。

20130220food11.jpg20130220food12.jpg

とある日はインド料理のBaraabaruへ。海に突き出た桟橋でのディナー。テーブルの横はすぐ海!そして照明はテーブルにあるキャンドルのみ。なのでかなり暗い!出てきたカレーの色がよくわからん。。。味はものすごく上品なインド料理でとても美味しかったです。メニューのチョイスも沢山!迷ってどれにしようかなかなか決められませんでした。

20130220kh7.jpg

そして一番お気に入りだったのがイタリアンのReef Club。前菜にはカラマリとエビのグリルサラダ、メインにシーフード&トマトのスパゲッティ、そして鯛のバルサミコトマトコンポート。もうどのお料理も抜群に美味しい!ルームサービスでもパスタを頼んだのですが、シーフードを使ったイタリアンが一番美味しかったです。

20130220food8.jpg20130220food9.jpg

レストランにはキッズメニューもあります。メニューにないものでも、リクエストすれば出来る限り対応してくれました。チビ用に頼んだカルボナーラ、チャーハン、アイスクリームなどなどは全て無料でした。

20130220kh6.jpg

フォーシーズンズクダフラ。ハードはもちろんのこと、何よりも素晴らしかったのがサービスです。

どのスタッフに会っても皆にこやかに挨拶をし、付かず離れずの絶妙な距離感。スタッフ全員はとても高いプロ意識を持って働いていることが感じられ、ゲストに一切の気後れや気づかいをさせることなく、リクエストには最大限対応し、それぞれのゲストにとっての心地よさを提供してくれました。

20130220food13.jpg

クダフラはファミリーフレンドリーなリゾートですが、子供がいっぱいで騒がしいということもありませんでした。ゲストの国籍もまんべんなく様々な国の方がいて、とても快適。

最高のホスピタリティに心が満たされて、物欲が消えてしまいました。

一生心に残る思い出となりそうです。

four seasons resort kuda huraa
  1. 2013/03/01(金) 10:00:00|
  2. モルディブ&シンガポール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。