つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アサヒビールワイナリー プリエール甲州

昨日ご紹介したワシントンワインのインポーターのKENさん、実は山梨ご出身。ワシントンワイン試飲会でこっそりオールドヴィンテージの甲州をごちそうになりました。

このワイン、ご実家に置いてあった甲州だそうで、15年くらい前にお父様が結婚式の引き出物で頂いてきたものだとか。今は無きアサヒビールワイナリーの甲州。

香りは熟成してまったりしてますが、味わいは驚くほどクリーン。実にきれいに年齢を重ねていました。瓶詰め時は甘口だったのかな?色もきれいな黄金色。

熟成した甲州には本当になんともいえない美味しさがあります。葡萄の里に住む一家とともに年を重ねてきたとても貴重なワイン、飲ませて頂いて本当にありがとうございました!

KENさんは将来地元山梨のワインも扱っていきたいとのこと。名古屋でのご活躍期待しています!
スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ワシントンワインのWin Triangle International

ワシントンワインのインポーター、Win Triangle Internationalの坂口KENさんの試飲会がManner-BOで行われました。KENさんは留学中にお世話になったワシントン州に恩返しをしたいとインポーター業を名古屋でスタート。今回は東京での初試飲会です。

20080317ken.jpg20080317ken4.jpg

白でよかったのはBenson Vineyards 2006 Pinot Gris(4227円)。酸がしっかりきりりとしていてこれからの季節にグッド。そしてCoeur d' Alene Cellars 2005 Viognier(4020円)。ヴィオニエの華やかな香りが印象的。アメリカっぽいストラクチャーのあるスタイル。

20080317ken3.jpg20080317ken2.jpg

赤はローヌ系とボルドー系のスタイルのものが中心でそのどれもが美味しい。全体的に酸がしっかりしていてボリューム満点果実味たっぷり。まとまりのあるきれいな造りのワインばかり。アメリカンな厚切りBBQビーフと一緒に頂きたい。今後はピノノアールも入荷予定とのこと。楽しみです。

  1. 2008/03/26(水) 06:00:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国産ワインが買える店:カーブドリラックス@虎ノ門

うお~またまたすごいワイン屋さんを発見しました!虎ノ門のカーブドリラックスです。噂は聞いていたもののなかなか虎ノ門に行く機会がなく、この度初訪問となりました。



いや~予想をはるかに超える国産ワインの在庫の数々、眺めているだけでちょ~楽しいです。あれもこれも買いたいものが色々あって困っちゃう~。今ある在庫がゴールデンウイークごろには1.5倍に増えるそうで、これはますます期待できます。



取り扱いワイナリーはざっと見ただけでもメルシャン、グレイス、サッポロ、勝沼醸造、ココファーム、タケダワイナリー、ソレイユ、小布施、ルバイヤート、アルプス、丹波ワイン、フジッコ、キザン、井筒、高畠、越後、宝水などなど。さらに各ワイナリーごとのラインナップも充実してます。

この日は電車だったので散々悩んだあげく飲んだことが無い丹波のカベルネを買ってみました。虎ノ門、あなどれん!霞ヶ関の皆さん、海外のゲストにはぜひ国産ワインを。

  1. 2008/03/25(火) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

2005ソレイユ千野甲州:ハイクラス甲州!

いや~久しぶりに飲みましたが本当に美味しいです、旭洋酒さんの千野甲州。もともとのまろやかで複雑な味わいに少し熟成した旨みが加わり、実に上質な一本。家飲みよりも割烹や料亭が似合いそう。

数ある甲州の中でも一歩抜きん出た、ハイクラスながら優しさや温もりを感じるすばらしいワインでした。甲州という品種の可能性を感じさせます。もっともっと熟成させてみたい。鈴木ご夫妻、さすがです!
  1. 2008/03/24(月) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ザ・ラーメン屋@大桟橋

かの下前商店のご主人が修行されていたお店、ザ・ラーメン屋にいってみました。スカンディヤやお洒落なカフェなどが並ぶ大桟橋の交差点にありながら、ビジュアル的には屋台。客席はテント。まんまアウトドア。

メニューにはラーメンやカレーラーメン、半チャーハン、半カレーなどなど50種類強。半カレーラーメン&半カレーや半チャーハン&半カレーなど色々な組み合わせが可能。とりあえずノーマルラーメンを頼んでみました。

20080317theramen2.jpg20080317theramen.jpg

やってきたのは下前商店を彷彿させる昔なつかしラーメン。スープを一口…ん?麺をひとすすり…ん???系統は同じでも下前商店とは全く別物。ここのは良くも悪くも普通の屋台ラーメン。これを数段階昇華させた下前商店はやはり只者ではない。

ザ・ラーメン屋はわんこOK。なんてったってお店におりますから!食品衛生法とか固いこと言っちゃいけません。

20080317theramen3.jpg

とても天気が良かったので大桟橋までお散歩してみました。丁度ロイヤルウイングが乗船中。ランチやディナークルーズがメジャーですが、乗船料(1600円か2100円)だけ払っても乗れるみたいです。もう少し暖かくなったら乗ってみたいな~。



【“ザ・ラーメン屋@大桟橋”の続きを読む】
  1. 2008/03/23(日) 06:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

3月23日(日)山梨発アサンブラージュワインの会

急な告知ですが、今週の日曜日に山梨県内、中小ワインメーカー9社で構成する若き作り手たちのグループ、“アサンブラージュ”が一般消費者を対象にワイン交流会を開催します。

若き造り手達が分り易く、自ら山梨県産ワインをPRし山梨県産ワインを身近に感じてもらうことを目的とする会です。まだ席に余裕がありますので皆様ふるってご参加ください。

日時:3月23日(日) 14時開始(会場13:30~)
場所:五反田ゆうぽうとホテル内イベント会場
会費:3000円

参加ワイナリー:麻屋葡萄酒・アルプスワイン・甲斐ワイナリー・サドヤ醸造場・蒼龍葡萄酒・ダイヤモンド酒造・山梨ワイン醸造・塩山洋酒(順不同)の醸造担当

14:00~14:15:開会セレモニー
14:15~14:45:山梨のワイン・葡萄品種・醸造工程セミナー
14:45~14:55:休憩
14:55~15:00:久世料理長御挨拶
15:00~16:45:交流会(各メーカーが各テーブルに着席し15分間ずつ)
15:45~17:00:閉会セレモニー

お申し込み、お問い合わせ:
お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、IFSEA広報担当・ソムリエ 大山政弘までご連絡ください。
sommellerie@kyj.biglobe.ne.jp

*お客様の個人情報は、会の運営目的以外での使用やいかなる第三者にも提供いたしません。
  1. 2008/03/22(土) 13:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

またまたまたキッチンセロ@目黒

Foodexの流れでそのまたまたキッチンセロに行ってしまいました。気がつけば月一以上のペースで来てます。あまり夜外食しない私にとってこれはかなりのリピート率!それだけ満足度の高いお店です。なんたって新潟のフェルミエが既にオンリストしているんですから。恐るべし、セロ!



しかも今回はさらにすごい事態が。いつも来る度に「誰かいるかも…」と思っていたのですが、この日は本当に遭遇してしまいました…しかもワイナリーの方に!!お一人でご来店だったので、無理やりこちらに引きずり込み、沢山お話聞いちゃいました。国産ワインも飲みまくり、つまみ食いまくり!

いや~本当にすごいお店です。きっとまたまた来ちゃうでしょう!ご一緒した皆さん、とても楽しい一日をありがとうございました!
  1. 2008/03/22(土) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フェルミエ:新潟のブティックワイナリー

日本酒好きで知らぬ人は居ないと言われる「味ノマチダヤ」さんのブースに、なななんと新潟県のフェルミエワイナリーが出展されていました。

フェルミエワイナリーがあるのはカーブドッチのま裏。しかし!去年カーブドッチに行った時にはその存在を知らず、思いっきりスルーしてしまったのです。後からワイナリーがあるのを知り地団駄踏んでいたのでした。なので今回遭遇できて超ラッキー!



フェルミエは東京から新潟へ移り住んだ本多さんご家族が経営されるワイナリー。「フェルミエ」とはフランス語で「農場でできた」という意味だそうで、国産葡萄100%にこだわり、自社で葡萄も栽培されているそうです。

2006カベルネソーヴィニヨン(3400円)は新潟県産100%のカベルネ。とても優しく自然体な味わい、かつ深みがありエレガント、いつまでも香る余韻、実に美味しい!2006シャルドネ(2800円)も新潟県産100%。これまたピュアでエレガント。北海道産の葡萄を使った2007バッカス(2500円)はドイツ品種らしい香り高く、クリーンですっきりした味わい。これまた旨い。

どのワインも雑味が全く無くとても丁寧できれいな印象。ラベルもお洒落で本多さんのセンスを感じます。ワイナリーでは葡萄畑を望む石釜焼きピザ屋さんも併設されているそう。くぅ~ここをスルーしたのは一生の不覚っ。また新潟に行かねばなるまい!

  1. 2008/03/21(金) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

Foodex2008レポート

今年も行って参りましたFoodex。国内最大級の食の見本市で、国内のワイナリーも出展されています。

まずは醸造機器を販売されているきた産業のセミナーへ。普段なかなか知る機会の無い様々な醸造技術のお話は目から鱗。遺伝子組み換えやカプセル状になっている特殊な酵母やら巨大タンクに沈める巨大オークチップなどなど、ハイテク醸造技術がわんさか。「こんなに色々できちゃうんだ」と少々ショッキング。日本では認可されていないものも多いそう。海外の大量生産のワイン…怖いかも…。



さてその後は国産ワインのブースを回ります。まず向かったのはシャトー酒折。2006マスカット・ベリーA樽熟成は常に安定した美味しさ。生産本数も多く、お値段もリーズナブルでコストパフォーマンス抜群!2006ベリーAキュヴェ・イケガワはさらに香りと余韻が繊細なハイクラスなベリーA。こちらもさすがの逸品。さらに2007デラウエアはきりっと爽快な一本。最近こういうドライなデラが増えてきましたねー。ぐびぐびいきたい、気軽で美味しいワイン。酒折の杉山さんもお気に入りの一本だそう。



次に向かったのは長野のブース。長野県からは信濃ワイン株式会社アルプスが出展されています。前日まではあづみアップルもいらっしゃったそう。残念!

信濃ワインで一番印象に残っているのは2003メルロークラシカル(3157円)。深みのある味わいはさすが桔梗が原。そしてスーパーデラックス竜眼(2117円)はまろやかな味わいの日本酒に近いワイン。長野の竜眼いいですねー。甲州に負けず劣らず竜眼も普段飲みにとっても良いです。どんな家ご飯にも合うし、疲れを吹き飛ばす癒し系。秘かにマイブームきてます。



株式会社アルプスではミュゼドゥヴァンシリーズをひととおり試飲。どれも実にクリーンで美味しく、さらにコストパフォーマンスGood!中でも良かったのは2005善光寺竜眼(1470円)。きりり&すっきり爽快。2006ブラッククイーン(1365円)は特有の酸味が上品で実にまろやか。バランス良く美味しい!そして2005塩尻メルロー(1995円)は香り高く深みもありハイクラスかつお手ごろ価格。塩尻メルロー、さすがです。



次は山形県高畑町の高畠ワイナリーへ。県単位で出展しているブースが多い中、町のブースとはすごい。そして今回初めて高畠ワイナリーの奥山社長とワインメーカーの畑さんとご対面。奥山社長はもともとワインの流通に携わっていて、山形県のワイナリーをまとめて盛り上げてきたというお方。「良いワインというのは数年で出来るものではない。何十年かけてやっとしっかりとした基盤が出来るもの。」というお話からは熱い思いがびしびし伝わります。

畑さんは入社当時は毎日蔵王に行っていたほどのボーダーだそう。そして高畠ワイナリーの前にあるラーメン屋さんとハムなどのお肉の加工品屋さんがとても美味しいらしい。今度はぜひワイナリーでお二人にお話伺いたいです!



マルスワイナリーではまずペティアン・ド・マルス(1500円)を試飲。瓶内二次発酵の甲州です。改めて飲んでもやっぱりすごく美味しい。コストパフォーマンス最高!要冷蔵のため流通が限られているそうですが、近所で買えるようになるといいな~。2007甲州ヴェルディーニョは「爽やかな緑」という名前のイメージ通り、クリスピーできりりとした味わい。2004プレステージ甲斐ノワール(2010円)はバランスよく深みのあるベリーの味わい。他のワインも安定した美味しさです。

マルスワインの母体は本坊酒造という鹿児島の焼酎会社。鹿児島のデパートではマルスのワインを扱っているそうです。九州の皆さんもぜひお試しあれ!

つづく
  1. 2008/03/20(木) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

皇太子も走っている

皇太子も走ってるから…ってわけではぜんぜんありませんが、ノリで来月の横浜ロードレースにエントリーしてしまいました。開催場所が地元ホームの土手なのでいっちょダイエットがてら走ろうかと。

しかしここ数ヶ月全く運動してないわたし。10K完走できるかかなり不安…できてもきっとビリだ…なにせノロさには自信がありますから!みんな超ランナーばっかりだったらどうしましょ~。

東京マラソンの影響でなんちゃってランナー増えないかしらん。ホノルルマラソンみたいなノリの大会、日本でもやったら出る人沢山いると思うんだけどなー。

さて今日も土手へGO!
  1. 2008/03/19(水) 06:00:00|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

癒し系国産ワイン~四恩、金井、五一、酒井

最近飲んだ国産ワインを一気にアップ~。

2007四恩ローズ(赤)は山梨の新しいワイナリー、四恩醸造のもの。ベリーA主体のチャーミングでほ~んとに優しい味。同ワイナリーのローズ(白)窓辺(赤)も飲んでみましたがどれもものすごく優しい味の超自然体ワイン。

金井醸造の2007デラウエア観音山はあの食用デラウエアのワイン。ドライなスタイルでほんのりデラの甘い香り。酸味もしっかりあってこれがウマ~。甲州よりもさらに和食に寄り添う味わい。タラちり鍋と最高の相性でした!

2005五一ワイン龍眼樽発酵は長野で多く見られる「龍眼」という葡萄のワイン。これまた癒し系~。甲州っぽさの中にもほんのり葡萄の甘い香り。マイルドな樽がいい具合に厚みをあたえています。龍眼もあなどれません。

そして酒井ワイナリーの2004樽熟成赤はベリーAとブラッククイーンのブレンド。ベリーAよりブラッククイーンが強く出ていて酸味が強め。もうすこしマイルドな方が好きかなー?でもなんだかんだ言って二人で一本完飲。二日酔い知らず。

どれもこれも普段ちょっと疲れている時に飲むと「はぁ~」とほっとするような癒し系。ワインも自分も無理してない感じ。日本の食卓になじむ自然体で楽しいワインたちでした!


  1. 2008/03/18(火) 06:00:00|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9

もう春ですね

20080312budou.jpgベランダの葡萄も目を覚ましたようです。
  1. 2008/03/17(月) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

美容系サプリ開店 In Crew Styles

元スッチーの友人がYahoo!で美容系サプリのお店In Crew Stylesをオープンしました。
よかったら覗いてみてくださ~い↓

ayano.jpg

  1. 2008/03/16(日) 06:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ディープTEX-MEXバー、La Costa@横須賀

横須賀で飲んだ帰り、かねてより興味のあった夜のどぶ板を覗きに行ってきました。どぶ板には本格的っぽいメキシカンのお店もできていて、そこもチェックしたかったのだ。

20080310lacosta.jpg20080310lacosta3.jpg

さて土曜夜のどぶ板。人気な~い。居ても外人しかいねぇ~。しかもごっつい人ばっかり。軍隊系外人に免疫の無い人が来たらビビるかも。しかし真冬の野外なのにTシャツ、短パン、ビーサンのお兄ちゃんがいたりして、久々に体感温度の無い人見て楽しむわたし。

タコス屋のSurf Tacoに行こうと思ったら、こちらは外人さんで満席!なので本店のLa Costaに行ってみました。店内はこちらも外人さん8割。これは本格的な味が期待できます。

20080310lacosta2.jpg20080310lacosta4.jpg

アメリカのつまみの定番、バッファローウイングとTostadasをオーダー。バッファローウィングは日本の鶏肉なのか、やや上品なスタイルですが久々に食べるとウマー。ブルーチーズのソースがたまらん。ビールがぶ飲み~。Tostadasはサワークリームやチーズが乗ったTEX-MEXスタイル。

他にもカラマリフライ、ワカモレチップ、シュリンプフライ、オニオンリング、シーザーサラダなどなど定番アメリカンなつまみが沢山。そしてSopa de Tortilla(トルティーヤスープ)やPollo en Mole(鶏のチョコレート煮込み)などディープメキシカンなメニューもあります。次はPollo en Moleが食べたいぜ!

Surf Tacoの方にはFlower TortillaのCarne Asada(小麦のトルティーヤの焼肉タコス)とかあるらしいので、そっちも行かねば。本場メキシコのタコスの予感~。

夜はかなりディープな雰囲気ですが、ランチなら気軽に誰でも入れそうです。



【“ディープTEX-MEXバー、La Costa@横須賀”の続きを読む】
  1. 2008/03/15(土) 06:10:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

たこ焼きバーcafe de tacobe@黄金町

いや~素敵なお店を発見しちゃいましたよ~。黄金町の新しくできたたこ焼きバー、cafe de tacobeです。黄金町といえば少し前まではかなり場末感漂う青線地帯。一斉摘発後に残された店舗に最近お洒落なお店がオープンしだしました。

20080310tacobe.jpg

tacobeがあるのは大岡川沿いのそんな所だった場所。大阪出身のご主人は「まさかそんな所だったとはね~(笑)」と歴史を知らずにロケーションで選んじゃったそうです。

さてtacobe、たこ焼き屋さんですが、バーでもあります。おつまみはほんのちょっとでメインは8割お好み焼き。「たこ焼きでバー?」と思いましたが、このたこ焼き、タレが3種類あってそれぞれウマー!特にゆずコショウとポン酢は初体験の美味しさ!つまみにとっても良いです。意外にもイケるたこ焼き&酒。具材を色々変えたりしたらまた楽しそう。チーズやフォアグラ入りなんてあったらワインにも合うなー。

20080310tacobe2.jpg20080310tacobe3.jpg

「うちのテーマは海賊料理と愛だから!」というご夫婦との会話もとっても楽しい。最初は「東京だと住みにくいかな…」と心配だったそうですが、ここ黄金町は人がとてもよくて住みやすいそうです。「オレなんかいっつもゲタだからさー。さすがに東京行くときは履けないね…。」とご主人。そうそう。その肩の力が抜けた感が横浜の良いところですよねー。

あれこれおしゃべりしてると並びのお店からジュースの出前オーダーが。それぞれがとても狭い店舗なのでお互いデリバリしあったりするそうです。色んな種類のお店ができて、どこからでもデリバリできたらそれもまた楽しいですねー。屋台村みたいになることを期待。

春には目の前の川沿いの桜並木が満開になるそう。お花見がてらまた来ようっと!



【“たこ焼きバーcafe de tacobe@黄金町”の続きを読む】
  1. 2008/03/14(金) 06:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

がぶ飲みワインバル:m.m@関内

「横浜で気軽にワインとつまみを楽しめる店はないのかい」と思っていたら、そんなお店がついに関内に登場しました!炭火焼とビストロ料理のm.m(エムエム)です。

20080310mm.jpg20080310mm5.jpg

m.mの名前の由来は「まあまあ」ということで、ワインも気軽に楽しめるカジュアルラインが勢ぞろい。といっても味はしっかり美味しいこだわりのものばかり。グラスも赤白10種類くらいあり、色々楽しめるのがうれしい。話題の自然派から国産ワイン、若旦那のワイン、女性の造り手ワイン、などなどワインリストの切り口も面白い。国産ワインは金井醸造デラウエア、シオン、北海道ワイン北島秀樹、小布施シャルドネ、グレイス甲州ヴィンテージがオンリスト。

インドはスラのソーヴィニヨンブランを飲んでみましたが、これが全くインドとは思えない美味しさ!未知のワインを色々トライできるのはとても楽しい。

20080310mm4.jpg20080310mm4.jpg

お料理はワインに合うピンチョス系や野菜と国産肉の炭火焼など、素材の味を楽しめる地産地消メニューが沢山。温野菜はそれぞれの野菜の旨みがしっかり味わえる。米沢豚(牛ではありません)は女性スタッフが愛情こめて育てたという豚さん。豚の脂がジューシーで美味しい。神奈川の高座にんにくとともに頂きます。

そして特製煮込みはパンを大量におかわりしたくなる間違いない旨さ。Opus Oneを試飲した日にはそのワインで煮込まれていたというエピソードも。。。

20080310mm2.jpg20080310mm3.jpg

20席というこじんまりしたお店なので、イケメンズなスタッフの方々との会話も楽しめます。さらにワインの持ち込みもグラスあたり500円で可とのこと!

横浜らしいアットホームで肩の力の抜けた、それでいてワインもお料理もちゃんと楽しめるとても素敵なお店でした。ふらっと立ち寄れるワインバル、待ってたぜ~。

【“がぶ飲みワインバル:m.m@関内”の続きを読む】
  1. 2008/03/13(木) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

横浜で国産ワインが買える店@マルシェ・ディ・ジュール

以前にもご紹介した横浜のワイン屋さん、マルシェ・ディ・ジュール。最近じわじわと国産ワインの在庫が熱くなってきています。



去年の新酒の時期には小布施ワイナリーのホイリゲ・シュトゥルムがあったり、最近では四恩醸造のワインがしっかり入荷してたり、金井醸造のベリーAやデラがあったり、かなり渋いセレクション。他にもメルシャン、北海道ワイン、イケダワイナリー、ココファーム、グレイスなどを扱われてます。

もちろん国産以外にもレアな造り手のワインが沢山。焼酎や日本酒のセレクションもマニアック。



近隣のレストランさんにもワインを卸しているそうで、このお店のセレクションが飲めるレストランがこれからどんどん増えていったら楽しいな~。

今の時代ネットで何でも買えますが、やっぱり手にとって商品を選べるお店があるのはとてもうれしい。お店の方とのお話も楽しいし、立ち飲みスペースもあるのでちょいと一杯なんてことも可能。

次行ったときにはどんな新しいワインがあるのか、毎回行くのが楽しくなるお店です。

場所は横浜スタジアムの海側、スタバの並びです。アクセスもGood!
  1. 2008/03/12(水) 06:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

新型GTR

横浜赤レンガパークでNISSAN GTRがデモ走行するというので見に行ってきました。

20080310gtr.jpg

日産は本社がみなとみらいに帰ってくるということで、横浜でたまにこういうイベントやってます。GTRだけでなく歴代のレースカーやら現行モデルがズラリ。オリジナルトミカが造れるブースがあったり、限定グッズがあったり、車好きな人には楽しそうです。(自分はあんまし興味なし。)

20080310gtr2.jpg20080310gtr3.jpg

デモ走行では今度のレースでデビューする新型GTRがお目見え。まだカラリングも施されてないので全面黒一色。バットモービルみたーい。エンジン音すごいです。爆発しそう。でも小回りはきかないらしく、コーナーに来ると、よいしょよいしょとスタッフによってUターンさせてもらってる姿がかわいかったです。

  1. 2008/03/11(火) 06:00:00|
  2. 横浜ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

北欧料理スカンディヤ@日本大通り

北欧料理専門店スカンディヤに行ってきました。こちらは横浜で40年以上の歴史を誇る老舗。ハマグルメ隊としては一度は行かねばならないお店です。

20080310skandia.jpg

スカンディヤがあるのは大桟橋入り口の開港広場前。レトロな外観が目を引きます。2Fと1Fがあり、1Fはカフェで2Fはレストラン。この日は1Fでランチしてきました。

1時過ぎに行くとほぼ満席。その後も次々とお客さんがやってきます。地元の家族連れの方が多そうな感じ。店内はレトロ感漂うクラシカルな内装。昭和モダンななつかしい雰囲気。

20080310skandia2.jpg20080310skandia3.jpg

ランチは1300円でコーヒーか紅茶とパンかライス付き。フライドオニオンが乗ったデンマーク風ハンバーグは洋食のバーグとはまた違った味わい。素朴で美味しい。カツレツはいかにも外国!なルックス&味。下手に日本風にお上品にしないところが良い。日本に居ながらにして外国を味わえる、横浜らしい素敵なお店でした。

今度は2Fでディナーしたいなー。北欧に詳しい人と来たら楽しそうです。 【“北欧料理スカンディヤ@日本大通り”の続きを読む】
  1. 2008/03/10(月) 13:32:49|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。