つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人間ドック@けいゆう病院

みなとみらいのけいゆう病院で人間ドックやってきました。

いやー素晴らしかったです。景色が。パシフィコ横浜の前というロケーションのため全室オーシャンビュー。大病でなかったらここに泊まり…もとい、入院したいわん。8月の花火なんて目の前で炸裂ですよ。誰かその日入院してー、なんつって。

20080226keiyu.jpg20080226keiyu2.jpg

人間ドック自体もなかなか快適でした。以前某所で家畜のような扱いを受けたこともありますが、それに比べたら天国天国。流れ作業的では無くわりとゆったりした感じ。待ち時間はロビーみたいなところで週刊誌熟読できるし、スタッフの方も感じよかったです。

帰りに食堂の1000円券もらったので13階にあるレストランへ。ランチは全部1000円以下なので無料でお昼が食べれます。食事はいわゆる社食系ですが、なにしろ絶景。気分いい。

近年まれにみる快適な人間ドックでしたー。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 06:00:00|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

めん創桜花@神奈川新町

我が家のラーメンマンが「今日はつけ麺だ!」というのでラーメン2連荘。神奈川新町にある桜花というお店が話題らしい。2時過ぎに行くと、10人くらいの列が。数ブロック手前には大勝軒があり、こちらも行列。なにげにラーメン地帯なんですねー。

20080225sakurabana.jpg20080225sakurabana2.jpg

外で待つこと30分以上…この日は爆裂低気圧が来ていた日だったので激さむ!!!!日陰に入ると死ぬ~。寒さに耐えてやっと店内に入ると…扉全開でさむい…。ダウン着たままつけ麺をすするわたし。。。ここは店舗ではなく屋台であると認識して来た方がいいでしょう。

さてお勧めという特製つけそば(900円)は焦がし系の魚介スープ。つくねとばら肉がどーんと入ってます。自家製麺はもちもちでぶっとい!これはもうラーメンでなくてうどん。ファーストインパクトは強いけど、だんだんくどくなってくる。味も濃い目。わたしにはスープ追加してちょうどいいくらいの濃さでしたー。


  1. 2008/02/28(木) 08:00:00|
  2. ラーメン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チャーシュー食べ比べ:中華街金陵vs下前商店

下前商店でラーメンの後は夕飯の買出しに中華街へ。毒入り餃子のあおりをくってか、なんだか中華街が空いてるような…。

20080225kinryu.jpg20080225kinryu2.jpg


さてつまみのチャーシューを買おうということで、金陵へ。先に下前商店でモモチャーシューを購入したのでここでは骨付きバラチャーシューをゲット。

下前商店のはジューシーで美味しいけど単品だと物足りないかな?ラーメンスープの煮こごりが欲しい。金陵はしっかり味がついてるのでご飯のおかずになるタイプ。甘めの中華街チャーシューうま~い。金陵は二階でイートインもあるらしいです。他の焼き物も食べてみたいなー。
  1. 2008/02/27(水) 08:00:00|
  2. 横浜中華街|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あっさり醤油ラーメンの下前商店@元町

「あっさりで美味しいラーメン屋が元町にできた!」との口コミに誘われて元町の下前商店にいってきました。場所は元町商店街のGAPを山手方面へ曲がって100メートルほど先の右の階段を下ったところ。かなり裏路地で知る人ぞ知る感にあふれています。

20080225shimomae2.jpg20080225shimomae.jpg

オーダーは基本のラーメンと、カレーラーメン。基本のラーメンはあっさりすっきり醤油味。なつかしいシンプルさ、しかしあっさりな中にもとてもコクがあり実に美味しい!

奥様のご実家が中華街の某店で、ご主人ももともとそこで働いていたというのも関係しているのか、チャーシューは周りがピンクの中華街風。モモチャーシューとは思えないほどジューシーで柔らかい!

カレーラーメンもかなりスパイス満載で美味しい。半ラーメンもあるのでこれはカレー半ラー&半ライスで二度楽しむのがいいかも。

お店は昼から夜9時くらいまで通しでやってるとのこと。ミニラーメンもあるので、ちょっと小腹が空いたときにも使えます。

店内もラーメンもシンプルだけど奥が深い。そしてご主人との会話も楽しい。実は裏メニューで塩ラーメンやいろんなバージョンがあるらしく、通っていろいろ食べてみたくなります。地元の方に愛されるような、とても素敵なラーメン屋さんでした。また来ようっと!

【“あっさり醤油ラーメンの下前商店@元町”の続きを読む】
  1. 2008/02/26(火) 06:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

北海道はうまい!@「北を拓く道産ワインの夕べ」

北海道のワインと食のイベント、「北を拓く道産ワインの夕べ」に参加してきました。通常北海道で開催されているこのイベントがこの度東京初上陸ということでこの日は500名もの方が集結。全体的に年齢層は高めで飲食関係者の方も多かったような印象。



さて会場に入ると、中央には道産食材を使用したビュッフェ、そして壁沿いにはワイナリーと食品生産者のブースが並びます。ワインと食品が交互に並んでいるので右回りか左回りにまわるとワイン→チーズ→ハム→ワイン→チーズ→ベーグルといい感じにつまみとワインを交互にいただくことができます。



立食パーティーだと食料のところに人が殺到してものすごいことになることが多々ありますが、このイベントではワインも食品もふんだんに用意されているので適度に人がばらけてストレス無しでブースを回ることができました。



各ブースでは北海道から参上した造り手の方々が食品の説明をしてくれます。ワイナリーは11社、フード系は14社。



特にチーズやつまみの美味しさはさすが北海道!はやきたチーズのカマンベールはとろとろクリーミーかつ旨みがぎっしりの濃厚激ウマカマンベール。海外のものより数段美味しい!イルピーノの北海道産小麦100%のパスタを使ったエゾジカのラグーはこれまた鹿肉のコクがいい感じ。そして北海道の海草、ガゴメを使ったハーブソルトは昆布のようなダシと海のミネラルが実に美味しい。オリーブオイルと一緒にからめたり、いろんなものにかけられる優れもの。



そんな美味しいおつまみと一緒にいただけば、ワインももちろん美味しく感じます。造り手さんが笑顔で手酌してくれればなおさらです。

特に良かったのはやはりケルナーやミュラー・トゥルガウなどのドイツ系白!松原農園グレイス千歳ワイナリー月浦ワインなどなど本当に完成度高いです。さわやかな香りやミネラル感あふれる味わいは北海道のイメージそのもの。心地よい風が吹き抜ける丘でピクニックしながら飲みたくなります。つまみにはもちろん地元のチーズやハムを。朝採れアスパラなんかもいいかも!あ~もう北海道行きたくなってきました。



ワインは常にお料理とともにあるもの。ワインだけ、チーズだけ、ではなく「北海道の食」を総合的に満喫できた素晴らしいイベントでした!他の地域でもぜひこういうコンセプトで開催してほしいです。長野、山梨、九州、山形…考えただけでもヨダレでちゃうよ~。

  1. 2008/02/25(月) 10:39:46|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

スパ・キュイジーヌ@横浜グランドインターコンチネンタル

横浜グランドインターコンチネンタルでスパ・キュイジーヌを食べてきましたー。

スパ・キュイジーヌとは体を内側から整える目的で開発された調理法。塩、砂糖、油を使わずに、素材自体の脂分やはちみつ、味噌などを調味料とし、素材もできるだけ地場のものを使うとのこと。海外のリゾートスパで流行っていて、日本ではここ横浜のインターコンチが初めて導入したそうです。

20080215spalunch.jpg20080215spalunch2.jpg

スパ・キュイジーヌがいただけるのは1Fのビュッフェ・レストラン、オーシャンテラス。ランチコースは3000円弱でパン、サラダかスープ、お肉か魚、デザートとドリンクがセットになっています。この日はサラダとお魚をチョイス。

サラダはそば粉のトルティーヤにくるまれて登場。葉っぱ以外にサーモンとクリームチーズが入ってます。ボリュームあっておいしい~。そしてこれが驚きのわずか97キロカロリー!!メインのお魚はタイカレー風味。ココナツミルクも使ってないとは思えない!味はどう考えてもタイカレー。

しっかりしたお味と満足行くボリュームで全コースなななんとたったの500+kcal!これはすごい。体をリセットしたくなったらまた来よう!

ただ唯一の欠点は場所がビュッフェレストランということ。周りの人が食欲魔人と化している中、あえてスパ・キュイジーヌをオーダーするには硬い意思が必要となります。

【“スパ・キュイジーヌ@横浜グランドインターコンチネンタル”の続きを読む】
  1. 2008/02/23(土) 08:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

やっぱり好きだー!Dehlinger Octagon Pinot Noir

わたくしの大好物であるDehlinger Pinot Noirが3本も登場するというヨダレもののカリフォルニアワイン会に参加してきました。シャルドネもキスラーやら話題のZepalitasやら豪華なラインナップ。今はもう生産していないというNewtonのピノやトニーソーターがいた頃のEtudeとか、それぞれさすがにうまいっす。

20080219pinot.jpg

しかし…やっぱり…ひいきが入ってるのかもしれませんが、この日のベストワインは1997 Dehlinger Octagon Pinot Noir!デリンジャーの畑の一画の葡萄を使ったピノノアールで、良年でないと生産されず、ここ数年のリリースではお目にかかっていないワイン。とにかく香りが素晴らしく、複雑かつエレガント。媚びない凛とした美しさ。じんわりとハートに染み込み、心をつかんで離さない。

20080219pinot2.jpg20080219pinot3.jpg

「私たちは夕食とともに楽しめて、熟成とともにより複雑になるワイン造りを目指しています。近年同業者の皆さんは超早飲み(極端な場合には瓶詰め前)で美味しいと感じるワインを造られていますが、これは不誠実な取り組みです。

酸とタンニンが少なく残糖のあるワインは、口に含んで吐き出すテイスティングでは良い印象を与えますが、実際に食事とともにいただこうとするとどの料理とも合わず、口直しにもなりません。

私達のポリシーは適当な量のSO2でボトリングし、セラーで9から12ヶ月熟成させてから販売、もしくは批評家への試飲を許可します。この熟成によってワインはバランスを取り戻し、またこれからも成熟してゆくのです。」(トム・デリンジャーさんの手紙より)

流行に流されない職人気質のワイン造り。そして周りのワイナリーがどんどん価格を値上げする中、ずっとお値段据え置きの頑固さ。かっこいいです。

ワインと造り手に、リスペクト!
そして会の皆さんに感謝。

  1. 2008/02/21(木) 06:00:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

横浜洋食巡り、ポニー@馬車道

横浜の老舗洋食店として名の挙がるポニーに行ってきました!馬車道のど真ん中にあるにもかかわらず、レトロな風情でその存在にあまり気がついていませんでした~。

こちらの名物はエビフライ。でも裏メニューでナポリタンバーグというなんとも魅惑的なセットがあるらしく、散々迷って結局カキフライとナポリタンバーグをオーダー。

20080215pony2.jpg20080215pony.jpg

カキフライは間違い無いおいしさ。タルタルソースが手作りっぽくておいしい。しかし超ツボだったのはナポリタン!一口食べると蘇る、あの子供のころの思い出。。。昭和のなつかしいナポリタンそのまんまの味。

店内の雰囲気もレトロな昭和の食堂。おじさんとおばさんもとても暖かく、なんだかなつかしくて居心地が良い。近所にあったら通っちゃうよー。いろんな定食食べてみたいな。

いつまでもここにあり続けてほしい、心がほっとする洋食屋さんでした。

【“横浜洋食巡り、ポニー@馬車道”の続きを読む】
  1. 2008/02/20(水) 06:00:00|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

龍上海本店@山形県赤湯

ついに行ってきましたぁ~龍上海本店!!辛みそブームの火付け役という山形の超有名ラーメン店。赤湯の本店前を何度も通るも、その行列の長さに幾度となく挫折して数年。。。ついに入店することができました。

山形の厳しい寒さに耐えつつ待つこと20分。入店と同時にラーメンはすでに出来上がってます。厨房と接客の完璧なフォーメーション。さすがです。

20080215ryushan.jpg20081215ryushan2.jpg

「まずはそのまま麺とスープを食し、徐々に辛みそを溶かして味の変化を楽しむべし」という友人の教えに従いまずはスープをひとくち。おお、こってりに見えてどこかすっきり。そして麺はもちもちの縮れ麺。この麺とスープの絡み具合がたまらん~!そしてニンニクがしっかり利いた辛みそを溶かしていくごとに体はぽかぽかヒートアップ。

こってり系の見かけによらずぺろりと完食。そして後を引くおいしさ。。。素朴なのにしっかりとした個性。この厳しい冬にこそおいしさが倍増する、地域に密着した味わい。うまいっ…うまいです!

さすがだぜ龍上!

  1. 2008/02/19(火) 08:00:00|
  2. ラーメン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

国産ワインがぶ飲み会@福島

ちょっと前ですが福島で新年会がありました。ワイン何持っていこうかな~と福島市内のワイン屋さんを徘徊していたところ、なななんとココファームのミスターブラウンが山盛り安売りになってるじゃありませんか~!ということでこれを購入し持参することに。



ココファームのミスターブラウンといえば、甲州で醸し仕込みをやってみたという試験的な商品。これを元に甲州F.O.S.がつくられたとか。グラスに注ぐとほうじ茶のごとく茶色。味はとことんまで醸したぜ!というくらい、にがシブ~。今までの常識を覆す仕込み。これはもはや白ワインではない。でも不思議となんだかクセになってくる。お料理と共にではなく、単体としてちびちびやりだすととまらなくなるような、なんともいえない魅力が潜んでいます。

特に国産ワイン会だったわけではないのですが、自然とこの日集まったのは日本のワイン。密かに洗脳が成功していることに心の中でガッツポーズ。

シャトー酒折の2007甲州にごりは季節限定のおいしさ。もろみ系のワインかなりマイブームです。そしてココファームの農民ロッソはリーズナブルかつエレガントでドライなおいしさ。高畠ワイナリー嘉Yoshiスパークリングワインオレンジマスカットは国産かと思ったらオーストラリアの葡萄でしたー。
  1. 2008/02/18(月) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

国産ワインがぶ飲み会@横浜

山梨から国産ワイン好きが横浜にいらっしゃるということで、国産ワインがぶ飲み会をハマっ子某氏のご自宅にて開催しました~。当日は三鷹、河口湖、小田原、そして横浜から国産ワイン好きが集結!ものすごい勢いでワインが開いていきます。



そして皆さん持ち寄りのワインはさすがのマニアックさ。飲んでみたかった四恩醸造のローズ白も登場!ちょっとにごった甲州はやさしくて爽やかで五臓六腑に染みる美味しさ。他のワインも飲んでみたいなー。

さらに初めていただいた「勝沼人の大地」は驚くほどにエレガント系のベリーA!勝沼の内田ぶどう園さんの葡萄で一樽のみ仕込まれているとか。う~ん、うまい!まだまだ日本には美味しいワインがありますねー。

そしてワインのみならず美味しい国産チーズも。北海道の「みるくの宝石箱カマンベールチーズ」。国産チーズはフレッシュでクリーミーなのが魅力ですが、インパクトの強いものはないな~と思っていたところにこのチーズ。クリーミーはもちろんのことむちゃくちゃコクと旨みがあり激うま!

国産ワインを愛するものとしては、国産チーズも探求せねばなるまいと思わせる一品でした~。

ちなみにこの日の総消費量は20+本。飲みは翌朝九時まで断続的に継続していた模様。(自分は終電で途中退出。)国産ワインの消費量アップに貢献いたしました。


  1. 2008/02/17(日) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

キザンワイン試飲会@三田ルヴァンヴィヴァン

三田のワイン屋さん、ルヴァンヴィヴァンで行われた機山洋酒さんの試飲会に参加してきました。ルヴァンヴィヴァンでの試飲会は予約無しでOK,しかも会費1000円という気軽さ。ちょっと遅れて行ったらすでに会場は大入り満員!

今回は久しぶりに土屋さんご夫婦揃っての登場です。既に売り切れているものも含め、ワインはオールアイテム試飲可能。スパークリング、Kizan赤白、ファミリーリザーブ、セレクション赤白そして甲州100%のブランデー、ラ フリューティスト(一杯500円)を次々試飲。



土屋さんのワインはいつ飲んでも本当に優しくほっとする味。疲れた体に染み渡る癒し系。飾らず無理せず自然体。まさに土屋さんそのままの印象。そしてどれもリーズナブルなのがまたうれしい。

そんな中今回一番印象に残ったのはラ フリューティスト(8150円)!わたし普段ブランデー類は苦手で全然飲まないのですが、これは本当にフルーツの香りが爽やかで実に美味しい!

「日本でも食事の後にこういうものをゆっくり楽しめるような、そんな食文化が育てばいいなと思っています」という土屋さん。ゆったりとした時間の流れる、心の余裕に満ちた生活。それこそ本当の豊かさなのかもしれませんね。



さて試飲会の後はルヴァンヴィヴァンの地下にある直営レストランへ。こちらはワイン屋さんで買ったワインを一人グラス315円で持ち込み可能ということで、タケダワイナリーのアッサンブラージュ白古木ベリーA、キザンセレクションシャルドネを購入。

お料理、雰囲気、サービスは昔スキーに行った時によく遭遇した山小屋風?でもBYO(bring your own)できるお店は貴重なのでワイン主体なら使えるかも。

  1. 2008/02/16(土) 13:06:56|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

かながわ地産地消!

神奈川県は海も山も農地もあってなにげに食材が豊富。でも地元の取り組みってあんまり知らない。そこでJAかながわ「食と農のつどい2008」にいってみました。

いや~面白かったぁ~!かながわブランドの確立や幻の野菜の復活、大型直売所の設立などなど、JAかながわかなりがんばってます。しかも自分が知ってる以上に神奈川では様々な食材が生産されていることが判明。

ja1.jpg

神奈川オリジナルの「のらぼう菜」は見た目は小松菜、味は菜の花よりもマイルドで旨みと甘みがありおひたしが激ウマ!お酒のつまみに超グッド。2月末から出回るらしい。

そして幻といわれる万福寺人参は甘みが濃くてこれまたウマイ!かなり深く土作りをしないといけないため年々生産者が減っていたところ、有志の皆さんで復活させたそう。そんな刷り込みをされたため万福寺人参の直売はバカ売れ!のらぼう菜もあったら絶対買ったなぁ~。

20080211ja2.jpg20080211ja3.jpg

また「食料自給率」の解説も目からウロコ。自給率の分母は消費量、分子はエネルギー量なんだそうです。つまり捨てているものも分母に入り、豚を飼育していてもその飼料が輸入ものであればエネルギーはゼロと換算される。食料自給率の低下とは農家が減っただけでなく、食品の廃棄量が膨れ上がったこと、そして肉食が増えたことも関係しているとのこと。

自給率向上のためには、消費者はやたらに捨てない、健康が害されるほど食べない、同じ品質なら国産を食べる。生産者は品質の良いものをコストを下げて生産する、つくれるからつくるのではなく、消費者が欲しいものをつくることが必要。

地元の食品なら新鮮で安心できるものを供給できる(農薬バンバン撒いてたらすぐばれるから)し、輸送コスト、保存のための加工も少なく済む。なので地産地消を推進しよう!とのこと。

よし!週末は直売所巡りに繰り出そう。まずはやまゆりポーク食べてみたいな~。
  1. 2008/02/11(月) 20:16:19|
  2. 横浜グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

メルシャン勝沼ワイナリー齋藤工場長改め、齋藤教授を囲む会@Manner-BO

恵比寿Manner-BOメルシャン勝沼ワイナリーの齋藤工場長がいらっしゃいました!齋藤さんから直々にお話を伺いながらシャトーメルシャンのワインを味わうという濃密な企画。



科学的データと理論に裏付けられた経験と知識から繰り出されるお話は歴史、植物生理学、化学、農学、経済学、文化的背景と多岐に渡り、はっとすることの連続。今まで自分がいかにワインの一断面しか見ていなかったかということに気づかされ、そして新たに発見したワインの面白さにますます引き込まれていきます。

そのアカデミックな内容の濃さはまさに「齋藤教授ゼミ」!豊富な知識と経験、しかしあくまで謙虚、こんな教授がいたらきっと大学でも大人気でしょう。もし本当に教壇に立たれたらわたし絶対通います。



この世のありとあらゆるものは常に変化しており、ワインもまた時代とともに変化してゆく。大きな流れの中の一過程として、今目の前にある現象を見るということ。そして全く疑いの無いと思い込んでいる自身の味覚も、実はとてもあいまいで移り気であるということ。

ずっと地面から見ていた景色を初めて空から見たような、感覚が広がるようなお話でした。

お忙しい中山梨よりおいでくださり、このような機会を設けることに快くご協力くださいました齋藤工場長に心より感謝いたします。貴重なお話とワインの数々、本当にありがとうございました。そしてご参加くださった皆様、ありがとうございました!

さて以下は齋藤教授ゼミのレポート。内容が濃すぎてうまくまとまりませんが、思い出せる限り記録に残しておきたいと思います。

【“メルシャン勝沼ワイナリー齋藤工場長改め、齋藤教授を囲む会@Manner-BO”の続きを読む】
  1. 2008/02/04(月) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:14

バラのちから

久々の登場で~す。

さて、最近仕入れた小ネタをひとつ。

なんと!バラの花には女性ホルモンと男性ホルモンを整える効果があるらしいです。
生理不順とか更年期の女性はバラのエッセンスを使うととっても快調に!
そして元気の無い男性も元気はつらつになるとかならないとか。

ちなみにバラは横浜市のお花。
横浜から全国に広まったそうです。

男性諸君、女性を口説くときにはバラの花束をお忘れなく!

  1. 2008/02/02(土) 00:35:44|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。