つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Wine Tokyoレポート3:フジッコワイナリー

次に試飲させていただいたのはフジッコワイナリー。フジッコのお豆さんのフジッコのワイナリーです。ちゃんと試飲するのは今回が初めて。「クラノオト」発案者の桑村さんにお話を伺いました。

クラノオトとはワイナリー限定の微発泡ワイン。発酵中のまだ酵母が生きているワインを瓶詰めしたもの。瓶詰めは全て手作業なので造るのがとても大変なのだそうです。以前飲んだクラノオトはほんのり甘く日本酒を思わせるぷちぷちワイン。生牡蠣に超マリア~ジュ!でした。ぜひ来年も造って欲しい。

fujikko04171.jpgfujikko04172.jpg

さてスティルワインを白赤ひととおり飲ませていただきましたが、特に印象が残っているのは赤。N.V.フジクレールルージュ(1200円)はマスカットベリーA、ブラッククイーン、アリカントなどのブレンド。バランスよくふわっとした軽やかな飲み口、お値段もお手ごろで実にいい!

2005マスカットベリーA樽熟成(1800円)もまろやかでバランス良くグー。さらに2005フジクレールメルロー(2000円)はボディもあり溶けたタンニンがウマウマでバランスよく美味しい!2005は長野の葡萄を使っているそうですが、今後は山梨の葡萄を中心にしていくそうです。

むむむ~フジッコさん、かなりコストパフォーマンス良いですよ。実はフジッコのカップ入り杏仁豆腐の隠れファンなのですが、ワインもファンになっちゃうかも!これは改めてワイナリーに行かねばです。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/21(土) 08:00:00|
  2. 日本のワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。