つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

点天のひとくち餃子

点天の餃子美味しいんだよ~。食べてみて~たべてみてっ!」と姉がうるさく言うのでデパ地下でお買い上げしてみた。

餃子はどれも美味しいでしょうよ。これにそんな違いがあるわけ~?ってか、一個がえらい小さいんですけど。と全く期待せず餃子を焼く。
tenten.jpg
説明書通りに焼いてみると、裏側がパリパリになって美味しそう。そしてなんだかいいにおい。

ぱくっと一口食べると…むむっ、うまい。サイズはかなり小さいし、具もたいして入ってないのにしっかり味がする。スパイスが入っててややピリ辛で美味しい。皮はパリパリ。小さいのに存在感十二分。

ご飯のおかずというよりビールのつまみに最適!すぐ作れるから飲み会の手みやげにいいかも。次に人んちで飲む時にはコレ持って行こ。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/24(金) 10:03:53|
  2. 東京グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

生ジーコJAPAN!@日産スタジアム

日産スタジアムにサッカー日本代表VSインド戦を見に行って来ました!

我が家は日産スタジアムに激近なので、行かないわけにはいかないでしょ~ってことでチケットゲット。インドというびみょーな対戦相手ということもあって、前の方の席をすんなり買えちゃいました。

zico1.jpgzico2.jpg

久々のスポーツ観戦、そして初日本代表観戦でテンションアップ!スタジアムの雰囲気、芝の香り、そして大応援団。観客一体となって泣き笑いするのは本当に楽しい。

常にピッチ全体が見渡せるので、ボールを持っていない選手の動きも良く見えるし、テレビでは感じられない迫力満点!やっぱり生っていいですね~。

そしてなんと言っても今回の収穫は小野のプレーが見れた事!あちこちに光る巧みなプレー、絶妙なアシスト、かっこよかったぁ~。技術、人格ともにキャプテンの器ですな。

ono3.jpgono.jpg

そして試合後人ごみにも巻き込まれず無事帰宅。10時には家でお茶飲みながらニュースを見てました。なんて楽ちんなんでしょ。よし!これからは日産スタジアム戦は必ず行くぞ!
  1. 2006/02/23(木) 14:33:38|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

チャヤマクロビレストラン初体験@新宿

葉山の日影茶屋がやっているマクロビ専門店、チャヤマクロビレストランに行ってきました。プロが作るマクロビレシピとはどんなものか、興味しんしん。

せっかくなのでちょっと変わったものをと「菜の花と国産テンペの黒胡麻和え」「野菜と全粒粉クスクスのブラウンシチュー」を頼んでみました。

macrochaya2.jpgmacrochaya.jpg

テンペは噂に聞くけど初体験の食材。大豆で出来たモチのような不思議な食感で結構美味しい。色とりどりの野菜は野菜本来の味がしてとっても美味。シチューは肉を使っていないので、シチューというよりミネストローネっぽい感じ。これもあっさり目で美味しいです。

デザートには牛乳、卵未使用のモンブラン。見た目は正真正銘のモンブランですが、食感はもさもさしていてモンブランとは言い難い。やっぱり卵が無いからでしょうか。無理してケーキ状にしないで和菓子でもいいような…。

そしてワイン。むろんオーガニックワインなのですが、うーん。葡萄ジュースみたいでした。

でもマクロビメニュー、予想以上に満腹&満足。高カロリー、高タンパクになりがちな外食店において、こういうヘルシーなお店が増えるのはいいことです。もっと低価格の定食系のお店ができたらOLに流行るかも。

チャヤマクロビレストラン 新宿店
東京都新宿区新宿3-14-1  
伊勢丹本館7階レストラン街
「イートパラダイス」
TEL.03-3357-0014
  1. 2006/02/22(水) 00:41:33|
  2. 東京グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

豆鼓(トウチ)を極める

ことのはじまりは10年以上前のN.Y.チャイナタウン。良く行った中華料理店でいつも食べていた料理があった。それは貝の炒め物で、それはそれは美味しかったのだ。でも正確な料理名を忘れてしまい、それ以来同じ味付けに出会った事が無かった…ついこないだまでは。

touchi2.jpgtouchi.jpg

そう、中華街で同じ料理に出会っちゃったのです!それは牡蠣のトウチ炒め!!私が好きだったのはトウチの味だったんだ~!!!

早速トウチを購入し、家でも牡蠣のトウチ炒めに挑戦してみました。お味は…旨いっ!うますぎるっ!!日本の味噌とはちょっと違う発酵した風味がたまらんっ。ご飯がモリモリ進んじゃう。

トウチももれなく我が家の常備調味料に決定!他のメニューも作ってみよ~っと。
  1. 2006/02/21(火) 00:59:07|
  2. その他グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

有昌の焼豚&李さんのちまき

中華街の焼豚といえば同發が有名ですが、その斜め前にあるこの有昌も有名らしい。

作る量が少ないのか、それとも人気があるのか、かなり早い時間に売切れご免のこのお店。お昼過ぎに前を通っても売切れていることもしばしば。これは試してみないとでしょう。

ysho.jpgysho2.jpg

メニューを見ると焼豚は100g 650円。むむっ、高い。向かいの同發さんは半額ですよ。しかしここまで来て引き下がれないので100gお買い上げ。

さらにこのお店の「李さんのちまき」も中華街一美味しいという噂なのでこちらも購入。しかしこれも800円+!むむむっ。

家に帰って早速試食。チャーシューは外側が赤くて甘いタレ。食紅を使っているらしい。味はなつかしい紅腐乳っぽい味。中心はあんまり味がついていません。私は全体にしっかり味がついてる方が好きなのでこれはちとがっかり。味付けは有昌がかなり好みだけど、肉の感じは同發の方が好きだなー。値段も半額だし。

ちまきは蒸し器からはみ出すほどでかい。一個で二人分あります。塩漬け卵、干し貝柱などが入っているのが売りみたい。味は八角の風味が強い本場風。美味しいけど800円は正直高い。せめて600円台だな~。

全体的にちょっと割高という印象でした。二度目は無いかも。

有昌
横浜市中区山下町149
TEL 045-681-1978
  1. 2006/02/20(月) 11:24:58|
  2. 横浜中華街|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

ワインは楽しく飲むに限る@Manner-Bo

オレゴンやワシントンを中心とした、アメリカのレアワインを飲む会に誘われたので行ってみました。場所は恵比寿のサロン、Manner-Bo。

サロン未経験の私はいささか緊張。サロンというとセレブマダムなイメージ。スノッブな会だったらどうしましょ~。と思いつつマンションの呼び鈴を鳴らす。

すると会場内はとても和やかな雰囲気。スノップどころかとてもアットホームで、ワインと料理を満喫致しました。初対面の方が多かったのですが、会話も盛り上がりあっという間に4時間経過。いや~やっぱり美味しいワインは料理と会話のスパイスですね。

皆さんからオレゴンやワシントン、西オーストラリアのワイナリー巡りの話を聞いて私も行きたくなってきちゃいました。あ~なんでアメリカに居るときにオレゴン&ワシントンに行かなかったんでしょ。。。
  1. 2006/02/18(土) 12:21:58|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

これでいいのか地方行政

昨日横浜で田原総一郎氏の講演があったので行ってみた。小泉さんはかなり天然とか、次は阿部さんで決まりとか、政界や経済界のぶっちゃけ話連発でかなり面白い。

その中でも私が「むむむっ!」と思ったエピソードが福島県会津若松での講演の時の話。講演に先だって福島県知事などとの打ち合わせの際、田原さんには一枚の資料が手渡された。

それには「福島県は桃が全国2位、梨が2位」など、県のデータが記されていた。そして「福島県のGDP」の欄になると、「平成13年度」と書かれている。ちなみにこれはは昨年の話。

「このデータ古いじゃないですか。最新のは?」と田原さんが聞くと、知事は「平成13年度までは総務省がGDPを出してくれていたのですが、その後は出してくれなくなってしまったのでデータが無いのです。」と言ったという。

これを聞いて私は椅子からずっこけましたよ。自分の県のGDPくらい算出できなくてどーすんの!?アホかっ!っつーか「福島県は景気が悪い」なんて言ってるくせに肝心のデータが無いじゃんよ!

以前から「福島県はいまいちやる気が感じられない」と思っていたけど、県庁職員は本当にぜんっぜんやる気無いんだな~とあきれちゃいました。福島県民よ、こんな行政でいいのか?
  1. 2006/02/16(木) 11:55:37|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ワインのつまみに困ったら~セルフィユ

私にとって酒とつまみは切っても切れない間柄。酒とつまみの相性がばっちり合ったときの「くぅ~たまらんっ!」という快感のためなら火の中水の中。

たいていつまみは自分で作るのですが、めんどくさい時のために冷蔵庫に常備しているのがこのセルフィユのディップ。

cerful2.jpgcerful.jpg

長野県小諸のお店ですが、東京にも店舗があります。ここのディップは本当に美味しい!パンとセルフィユのディップさえあれば、永遠にワインが飲めちゃう。

無添加マヨネーズとパルミジャーノチーズがベースになっていて、バジル、オニオンガーリック、サーモン、コチュジャン等のフレーバーがあります。一押しはオニオンガーリック。日本酒&焼酎系に使える味噌ディップなんかもあります。

つまみ好きの皆さん、ぜひお試し下あれ。
  1. 2006/02/15(水) 23:10:13|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

菜~センス抜群の広東料理

先日ゴマ巻きを買い食いした横浜中華街の菜に、今度はランチをしに行ってみました。

売店の階段を上がると、中華街らしからぬお洒落な入り口。店内は思っていたより広く、モダンでシノアな内装。トイレの中まで清潔感。サービスはテキパキ。

saikousai5.jpgsaikousai4.jpg

店内がきれいで一般向けっぽいお店はえてしてメニューに面白みが欠けるものですが、ここはメニューはしっかり中華街仕様なのがうれしい。腐乳や臓物系や塩漬け魚などのディープな食材も楽しめる。万人ウケする定番メニューや点心も豊富なので誰と来ても大丈夫。

さらに旬の食材を選んで、丸ごとお好みの調理法で仕上るというメニューも。大人数で来てあれこれ頼みたい感じ。

今回は旬の岩手産牡蠣の豆鼓炒め、塩漬け魚と鶏肉のチャーハン、ハチノスのなんとかソース蒸し、エビ蒸しクレープを頼んでみました。

牡蠣の豆鼓炒めは大ぶりの牡蠣がぷりっぷりで絶妙の火の通し具合。塩漬け魚と鶏肉のチャーハンは塩漬け魚がアクセントになっていて実に美味しい。ハチノスのなんとかソース蒸し(名前忘れた)はちょっとピリ辛のなんとも言えない美味しさ。エビ蒸しクレープはもちろんうまい。

見事なまでにどの料理も美味しく、かなりのクオリティ。この店は何を頼んでも美味しい事間違いないでしょう。

これで一人2000円+くらい。ランチとしては少々お高めですが、どれもかなり美味しかったので悔い無し。大満足でした。

ただ一つ、オープキッチンなのでかなりさわがしいのが唯一の欠点。音にうるさい人には不向きかな?

菜(さい)
神奈川県横浜市中区山下町97番地
045-664-3613
  1. 2006/02/14(火) 18:28:14|
  2. 横浜中華街|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

鶴の湯で雪崩!!

秋田乳頭温泉の鶴の湯でなななんと、雪崩が発生したそうです。しかも女子露天風呂直撃!

鶴の湯といえば秘湯ファンの聖地。私の秘湯ランキングでも一位の場所。2年前のちょうど今頃、私はまさしくその女子露天風呂で鼻歌まじりに入浴中でしたよ~。まさかあそこで雪崩がおこるとは…。

tsuru1.jpgtsuru2.jpg

でも入浴中の雪崩は、スキー中の雪崩よりも生還率高そうですね。お湯が雪を溶かしてくれそう。暖かいし。でも素っ裸で救出されるのはハズカシい…。なんてのんきな想像をしてる場合では無い。

泥湯温泉での毒ガス騒動といい、今回の雪崩といい、秘湯での事故が続きますね。それだけ秘湯が自然の中にあるということなのですが。自然をなめちゃいかんと改めて思います。
  1. 2006/02/11(土) 17:50:59|
  2. 秘湯|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

崎陽軒のシウマイを食す

kiyoken.jpg
ついに崎陽軒デビューいたしました。これで私もホントの横浜市民。

シュウマイは小ぶり。味はしっかり。ぱくぱくいけちゃう感じ。おやつやちょっとしたつまみにも良いですね。

夕方頃買い出しに行ったらお弁当類は全て売り切れ!私の前にいたおばさんは「他にどこかで売ってないかしらね~?」とどうしてもお弁当をゲットしたいご様子。人気は根強いようです。
  1. 2006/02/08(水) 23:19:08|
  2. ご当地グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

囲炉裏がほしい

超薄型・囲炉裏キット本体(自在鉤付き)日本酒を飲みまくったら久しぶりに囲炉裏熱がふつふつと出て来ました。今「あなたの夢はなんですか?」と聞かれたら「畳、縁側、囲炉裏がほしい!」と言っちゃうかも。

なんか囲炉裏って心をひきつけてやまないんですよねー。雪が降る寒い日に、炭で暖をとりながら熱燗で一杯やりたいぜ。
  1. 2006/02/07(火) 07:17:39|
  2. アートなもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

新潟のこだわりの酒

日本橋で新潟県酒造組合が日本酒の試飲販売をしていたので行ってみました。今までは東北の酒ばっかり飲んでいたので新潟はどんな味がするのか楽しみ。

試飲出来る酒は30種類くらい。銘柄はよく判らないので勧められるがままに試飲してみる。う~む。やっぱり天下の酒処、新潟だけあってどのお酒もすごくきれいな造り。雑味やいやみが全然無い。どれもキレが良くって海の幸に合いそうな感じ。

一番良かったのは特別純米松乃井。お米の味がする優しいお酒です。そして純米酒雪譜。こちらは飲んだときに雪国の澄んだ空気を思い出しました。

niisake2.jpgniisake.jpg

酒造組合の方によると、今日用意されているお酒は全て新潟清酒産地呼称協会の認定を受けたものだという。

100%新潟の米、水、醸造地、醸造法、そして精米歩合60%以下で造られ、さらに協会が定める一定の品質以上と認められたお酒にのみ与えられる新潟清酒産地呼称協会の認定。ラベルには認定済みの証としてお米の花のマークがついています。

新潟の酒のしっかりとしたブランドを確立しようと酒造組合の方々も色々がんばっているようですね。

さらに3月18、19には新潟で「にいがた酒の陣」が開催されるそうです。こちらは新潟の蔵が100以上参加するという一大酒イベント。1000円で2日間飲み放題だそうです。ううむ。楽しそうだ。

にいがた酒の陣
http://www.niigata-sake.or.jp/data/news/26_index.html
  1. 2006/02/06(月) 21:59:43|
  2. ご当地グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

うなぎでワインが飲めますか?

田崎真也さんの本、「うなぎでワインが飲めますか?」かなり面白いです。世界各国の料理とワインや、和食とワインの食べ合わせなどの話題がコラム形式で書かれています。
うなぎでワインが飲めますか?
そして本に一貫して流れるテーマが「もっと気楽にワインを楽しもうぜぃ」ということ。この点に大いに共感。

日本では何故かスノッブな飲み物のワイン。ビールとは言わないまでも、せめて日本酒くらいの気楽さにならないかなあ。

ちなみに私がうなぎにあわせるなら、山梨産の赤かな?軽めのイタリアワインもいいかも。
  1. 2006/02/02(木) 22:45:16|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。