つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

薬膳スープキットで夏バテ予防

今日はむちゃくちゃ暑かったですね~!車の温度計はなんと38度をマークしてましたよ。6月からこんなでは真夏は一体どうなってしまうことやら…。これは今から体力つけておかないとってことで、今日は薬膳スープを作ってみました。

set.jpgsoup.jpg

使用するのは北京の福林堂(フーリンタン)という漢方グッズ店で買ってきた薬膳スープキット。薬膳料理はとにかく材料を揃えるのが大変ですよね?っていうか、普通家で作ろうとも思わないですよね??

でもこれは様々な効能別に漢方が調合されてるスグレもの。スープキットの中身を肉や野菜などのお好みの具と一緒に煮込むだけで薬膳スープが出来てしまうのです。

今日作ってみたのは八宝健脾湯(はっぽうけんぴとう)。気と血を満たし、食欲増進作用があり、病後の回復などに向くそうです。トウジン、やまのいも、蓮の実、百合、クコの実なんかが入っています。美容のために、コラーゲンが豊富な鶏手羽と一緒に煮込んでみました。

最初はさらさらだったスープが3時間も煮ると漢方のエキスでトロトロに。塩と鶏ガラスープで味を整えて出来上がり!

飲み口あっさりなんだけど、すごくコクがあっておいし~い!「体に良い=苦くて美味しくない」と思いがちですが、これはウマいっす!五臓六腑にしみ込む~。コラーゲンもたっぷりでお肌にも良さそう。

このキット、一袋300円くらいなのでコストパフォーマンスもかなり良いです。他にも「肌を潤すスープ」とか、「髪が黒くなるスープ」、「陰を養い肺を潤すスープ」などなど、色んな種類があるんですよ。

あ~もっと買ってくればよかった。日本でも売ってないかなー?また中華街へ旅に出るかぁ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/28(火) 23:24:47|
  2. その他グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

魚香肉絲(ユイシャンロウス)に挑戦!

中国ではまった料理がこれ!四川料理の魚香肉絲(ユイシャンロウス)。味は酸辣湯(スーラータン)の豚肉炒め版みたいな感じ。豚肉の甘辛酸っぱ炒めってとこでしょうか。酸味と辛みが効いててモリモリご飯がすすみます。

すごく美味しいものに出会うとすぐ自分で再現したくなる私。レシピを探しあて、お家で魚香肉絲に挑戦してみました!で結果がこちら~。

shisen.jpgmimi.jpg

左が中国のお店のやつ。右が私が作ったやつ…。見た目からしてだいぶ違いますねぇ…。

「ヘルシーにしよう」と思って豚肉を少なく、たけのこを大量にぶっこんだのですが、それだと豚肉の旨味が足りずちょっとボディに欠ける感じ。

あと辛みが弱い。これでも豆板醤大さじ1も入れたのですが、お酢で中和されるらしく、そんなに辛くなかったです。四川風に激辛にしたい場合は大さじ2~3いっても足りないかも。

お店で食べたのにはまだかないませんが、この2点を改善すれば相当美味しくなりそうです。辛みと酸味が効いてるので夏バテ気味でもがんがん食べれますよ。

レシピは大手小町の読売クック・ブックを参考にさせて頂きました。

材料が揃えば作るのは超カンタンです。ポイントは黒酢。中国産のものを使うこと!日本のものとはコクが全然違います。私は黒酢が効いてるのが好きなので上記レシピにさらに大さじ2追加しました。もっと辛いのが好きな人は豆板醤の量を多めに入れてください。お好みで色々調節してみてくださいね。

「もっとこうすると美味しくなるよ!」というご意見お待ちしております。
  1. 2005/06/27(月) 11:25:22|
  2. その他グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中華B級グルメ~オリーブ漬け

olive.jpgshop.jpg

これウマいんですよ~。知ってます?中国のオリーブ漬け。(正式名称は不明。)

正確に言うとオリーブの葉っぱをオリーブオイルと調味料で漬けたもの。見た目は「ごはんですよ」みたいなんだけど、味は高菜に近い感じ。ごはんにぶっかけて食べるとうまいんです。北京のお粥屋さんで、付け合わせとして出たのを食べてはまりました。

写真は北京のスーパーで買った瓶詰め。はまりにはまって毎食ご飯にかけて食べてます。このままではすぐに消費してしまう…と思って横浜中華街にオリーブ漬け探しの旅に出ました。

駅前からしらみつぶしに商店を巡るもどこにも無い!やっぱりこれってディープすぎる漬け物なのかなぁ…と2時間程さまよった後に、萬勝商事さんでついに発見しましたぁあ!

お店のおじさんに、「これってオリーブ漬けですよねぇ!?」と興奮しながら聞くと、「そうですよー。ご飯にかけて食べると美味しいんですよねー。僕もいっつもぶっかけてます。パスタに入れても美味しいんですよ。」なんとおじさんもファンらしい。

「うちのカミサンもそれウマいって食べてたなー。」とお店に居た他のおじさんも会話に参加。しばしオリーブ漬け談義に花が咲きました。

萬勝商事さんではいつもオリーブ漬けを扱っているそうす。これで私も心置きなくご飯にぶっかけられる。あーうれしい。ご飯がすすむオカズが好きな方はぜひお試しください。きっとはまりますよ~。

萬勝商事
横浜市中区山下町214
TEL 045-662-1694
営業時間: 10:30~19:30
定休日: 火曜日(祝日の場合は営業)

*オリーブ漬け、正式名称は「橄欖菜ガンランツァイ(ganlancai)」というそうです。ゆっこ、サンキュー!
  1. 2005/06/26(日) 21:57:27|
  2. 横浜中華街|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

北京は怖くないよ~現地の反日感情

「北京に行ってきたんだよ~。」と友達に言うと、きまって「反日感情はどうだった?」と聞かれる。「デモがあったのに北京に行くとは命知らず」なんて言う人もいる。

で、実際現地はどうだったかというと、拍子抜けするくらい平和でした。

日本のメディアだけを見ていた私は「中国人は日本人が大嫌いだから多少なりとも嫌な思いをするに違いない。」と思っていた。タクシーの乗車拒否とか、レストランでウエイターに無視されたり、罵声を浴びせられたり、卵くらい飛んでくるだろうと覚悟してた。ところがこれがぜ~んぜんだったんだよね。

全く普通。いたって普通。それどころか、「今日本語勉強してるんだ。これ日本語で何て言うの?」というお店のお姉さんに二人も遭遇した。

もちろん長く滞在すれば色々むかつくこともあるでしょう。さらに今回は中国語を話せる友人がアテンドしてくれたので、彼女がかなりフィルターをかけてくれていたんだと思う。でも言葉が判らなくても敵意とか悪意とかは感じれるものですよね?それが全然感じなかったのです。

デモ当時の状況を友人に聞くと、「あれは学生の祭りだったね。」と言う。実際参加していたのはほとんどが大学生だそうだ。そしてデモのキーワードは「愛国無罪」。すなわち、「愛国のための行動に罪は無い」=「反日目的なんだからデモやっても罪じゃないでしょ」。

ふ~ん。なるほど。これはしたたかな学生の作戦勝ちってやつ?「色々フラストレーション溜まってて発散したいんだけど、ただデモやっても天安門事件の二の舞になるだけだから『反日』ってことにしておこう。」という意図が感じられるのは私だけ?

今回北京に行ってしみじみ思ったのは「メディアは偏った情報しか流さない。」ということ。このまま中国に行かなければ私も「中国は反日感情がすごい怖い国」と思ってしまっていただろう。

以前養老孟司が「『わかる』ということは『体験すること』だ。教科書から得た知識で『判った』と思うのは大間違い。」ということを言っていた。これって真理だな~と思う。

前は「中国人ちょっと怖い。」と思っていたけど今は興味しんしん。むちゃくちゃでトホホな所もまた面白い。もっと知りたいぞ!中国。
  1. 2005/06/26(日) 12:37:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

やっぱ北京ダックでしょ

「グルメ日記」のはずなのに全然グルメネタを書いていないことに気がついたので、北京のグルメ情報いってみましょう。

北京といえば、やっぱり「北京ダック」!日本ではめったに食べれない高級メニューですが、本場北京では安いんですよ~。友達に連れて行ってもらった「北京小王府菜館」という北京家庭料理の店では、北京ダックを含め5~6品頼んで全部で3000円くらいでした。激安&激うま!(しかも食べきれなくて不覚にも残してしまいました…あーもったいない。)

duck.jpg

北京ダックはわざわざレストランに行かなくても、スーパーで鳥丸ごと買うことも出来ます。それはもっと安くて500円とか。北京ダックがお惣菜感覚なんて、北京ダック好きの私には夢のような世界です。

日本だと、もったいぶって薄~く皮を削いだのがちょびっとしか出てきませんよね?でも北京のは肉付きなんですよ。肉がジューシーでまたうまいんだー。日本の中華料理店では残った肉をどうしてるんでしょうね??他の料理に使い回してるのかな…?

そもそも日本はなんであんなに北京ダックが高いんでしょう?アヒルを食べる習慣があまり無いからかなぁ?でも中国から輸入したらかなり安そうですよね?「北京ダック=高い」という常識に甘んじて、中華料理店が暴利をむさぼってるに違いない!ゆるさ~ん!

そんな中華料理店にお金を払うのは断固拒否!鶏肉をパリパリに焼いて、自家製なんちゃって北京ダックでがまんするもん。(単にビンボーなだけなんだけどさ。)

  1. 2005/06/25(土) 21:34:55|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だから北京は大都会なんだってば

いや、私も実際北京に行くまでは「いくら中国が発展したとはいえ、やっぱり人民服自転車軍団がいるんだろーな。」と思ってましたよ。

メディアで中国の発展ぶりをよく目にしてるし、頭では「日本を脅かす経済大国中国」っていうのは判ってるつもりなんですが、「でもやっぱりトイレには扉が無いに違いない。」と心では思ってるんですよね。

yukko.jpgroad.jpg

で、北京に到着して最初のびっくりが北京の想像以上の都会っぷりでした。

10車線もあろうかという超巨大な道路の両側に、これまた長近代的なビル群がバンバン建っている。10車線の道路はラッシュともなると全車線大渋滞。おんぼろカーももちろん走ってますが、高級外車も沢山。自転車軍団はどこ行ったんだ~!?

「北京の銀座」といわれる王府井(ワンフーチン)のショッピングエリアに行ってさらにカルチャーショック!

アメリカ級の巨大ショッピングモールにはMaxMaraやらBALLYやらNIKEやらブランド店がわんさか。そして元(ゲン)が安いため値段はなんと日本よりも高い。マックやケンタッキーはもちろん、スターバックスだって100mおきにあるんじゃないかというくらいそこら中にある。(なんと故宮の中にもある!)郊外には外資のスーパー、カルフールやスウェーデンの巨大家具屋のIKEAだってある。日本の下手な地方都市は完全に食われちゃってますよ。日本危うし!?

shopping.jpgwanfuchin.jpg

でも北京人の平均月収は日本円にして2~3万円。では一杯300円~500円もするスタバのコーヒーを一体誰が飲んでるんでしょう?

友達の話によると、「外国人と、一部の超金持ち北京人」だそうなのです。北京で事業に成功した金持ちは年収100億とも言われる超勝ち組。彼らがこの経済成長を引っ張っているみたいなのです。

中国はいまだ社会主義体制。成功できるのは政府にコネが効く人のみ。コネが無い人はどんなにがんばっても上に上がれない。そして経済格差は広がる一方という話も耳にします。急激な経済成長に伴って様々な問題も山積みのようです。

でもとにかく北京のパワーはすごい。町中で「なんかやってやろう!」というエネルギーを感じます。まさに龍が天に昇る勢い。私もつられてなんだかモーレツにやる気が出てきちゃいました。さて、何から始めようかな?

  1. 2005/06/24(金) 17:03:46|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

北京で足裏漢方マッサージ

北京でさらにやろうと思っていたのが「マッサージ」。実は私、今回北京に来るまで一度もマッサージというものをやったことが無かったのだ。

もともと全然肩が凝らない体質で、仮に凝ったとしても自分でストレッチしてなんとかなってしまっていたので必要性を感じなかったんだよね~。

でもせっかくツボの本場中国だし、とても安いというし、今回初挑戦してみよう!という気になった。

そこで友達いきつけの足裏漢方マッサージの店に行ってみた。

taru.jpgeki.jpg

まず足に漢方パックのようなものを刷り込む。水のはけで濡らしていくと、発熱して温かくなってくる。そして漢方ゼリーみたいなお湯の中に足を浸してさらに漢方を浸透させる。ぬるぬるした温泉の足湯みたいな感じ。

漢方茶も出されて、「中からも漢方を浸透させるので、じゃんじゃん飲んでくださいね。」と言われる。なんか体がポカポカしてきましたよ。

足湯をしながら頭、腕、肩、背中のマッサージ。きもちいい~。日本の温泉でも足湯をしながらマッサージってやればいいのになあ。

massage.jpg

そしていよいよ足裏マッサージへ。

足裏マッサージは、人によっては七転八倒の苦しみらしい。始めてなのでキンチョー。痛かったらどうしよう…。

足の親指からグリグリグリ。おー、全然余裕ですよ。

友達は隣で悶え苦しんでいた。「睡眠の質が悪いとここが痛むんですよ。」と言われる。友達は本当に睡眠が浅くて、レム睡眠の度に夢をみてしまうんだって。対する私は一度寝ると何があっても目を覚まさない。東洋医学ってやっぱりすごいなあ。

他のツボも痛気持ちいいくらいでクリア。「痛い所は悪い所なんですか?」と聞くと「ツボは痛いものだからあんまり気にしなくていい。」と言われる。ふーん。そんなもんなのかあ?「痛くても毎日マッサージすると良くなるんですよ。」へー。

「でもちょっと腰が悪いみたいだからカッピングもした方が良いですね。10分くらいで終わるのでやりませんか?」…ってこれもしかして勧誘かな?

カッピングも興味があったけどその後の予定も詰まっていたので足だけで辞めときました。でも90分もやってもらって日本円で1500円くらい。安っ!

終わった後は足のむくみがとれて、足に羽が生えたみたいに軽やかになった。漢方でお肌もつるつる。そしてお茶のせいなのか、マッサージの効果なのか、モーレツな尿意でトイレに駆け込む。

その後は二人とも元気だったのに、2~3時間もすると妙なだるさが…。これってもしかして揉み返し??あまりのだるさに観光を切り上げて家で昼寝してしまいました。マッサージは一日の終わりにやるほうがいいかも。

  1. 2005/06/22(水) 22:23:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

北京の漢方ミュージアム

北京で太極拳の他にやろうと思っていたことに、「中医による診断を受けてみたい!」というのがあった。日本だとあんまり中医ってメジャーじゃないし、なんか怪しい人もいそうな感じ。

でも中国ではむしろ西洋医学の方がみんな信用してないんだって。(中国では卵巣の腫瘍で手術したのに、子宮までとられてしまったという恐怖話が沢山あるそうな。コワ~。)中国人は体調が悪くなったらとりあえず中医の先生の所にいくらしい。

私も大病はしないんだけど慢性疾患のデパートなので、以前から中医に興味があったのだ。ということで、最近北京郊外に出来た「漢方ミュージアム」に行ってみた。

musium.jpgshinsatsu.jpg

このミュージアムは同仁堂という北京でも老舗の漢方薬局がやっている所。中に入ると日本語をしゃべれる人が飛んできて、つきっきりで色々説明してくれた。

まず展示品を見ながら中医の思想や歴史を学ぶ。鍼灸師が練習したという木造の経絡人形なんかあったりして面白い。その後無料の中医診断へ。

無言で脈をとるなり「あなたは血と気が足りない。免疫機能が弱い。アレルギー体質でしょう。」と言う。なんと、どんぴしゃりですよ!脈を診ただけでそんなことが判るの~!?

さらに「普段からあんまり怒らないで、精神を安定させること。運動もするように。」って私が怒りっぽいことも見抜くとは恐るべし。

「血と気が足りないのを放っておくと痴呆になるのでちゃんと治療した方がいい。」だって。ぎょえ~。ボケるのは勘弁。

「処方箋を出します。買う買わないはあなたの自由ですが、ちゃんと治療した方がいいでしょう。」…とこの辺から雲行きが怪しくなってきた。薬の売り込みが始まった気がする。

kanpo.jpgkusuri.jpg

誰にでも同じこと言ってるのかな~?と思いきや、友達は「どこも悪くない。」と言われていたのでやっぱり診断は確かのようだ。

虚弱体質は以前から改善したいと思っていたし、なんか面白いから結局漢方薬を買ってしまいました。(2週間分で3千円くらいしたけど。)これを持って日本の漢方薬局でもう一回診断してもらおうっと。

家に帰って友達の旦那(東洋医学に懐疑的)に「中医はすごいよー!脈とっただけでアレルギーだって判ったんだよ!」とコーフンぎみに話したら、「そりゃお前、声が鼻にかかってるから鼻炎って判っただけやろ~。カモられただけや~。」と夢を壊された。フンだ。

  1. 2005/06/21(火) 00:33:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

北京の太極拳事情~早朝はミラクルワールド

とりあえず今回の北京旅行で太極拳は絶対見たいと思っていた。行く前のイメージではそこら中で集団太極拳をやっているんだろうとふんでいた。でも3日経っても街のどこにも太極拳集団を見ない。あれ~?

ついに3日目の夜中国人の子に聞いてみた。「太極拳に興味があるんだけどどこでやってるの?」すると「あー、朝4時か5時に公園にいけばどこでもやってるよ。でも6時には皆いなくなっちゃうから。」だって。どうりで朝9時起きでは見れなかったはずだわ。

そこで低血圧の友達を無理矢理引きずって5時起きで公園に行ってみたら…いるわいるわ!老人がわんさか!しかも皆太極拳でなくて色んなことやってるんですけど!???

taisou.jpg

まず目についたのがこの遊具に群がる老人たち!なんじゃこりゃ~??各自遊具で謎の体操?らしきものをやっている。友達によるとこれ老人用の体操器具なんだって。青空ジムって感じ?それにしてもこの器具の人気っぷりはすごい。

dance.jpgshuji.jpg

他にも社交ダンスをやる人々、女子で集団ダンスの練習をしている人々、ひたすら謎の体操をやる人、楽器を弾いている人、鳥を連れてきて鳥自慢をする人々、ぼーっとしている人など、老人が各自思い思いに過ごしている。まるで部活の朝練みたい。早朝から公園内は老人パワー炸裂!

中でも一押しだったのが写真の「習字おじさん」。石畳に水で習字を書いているおじさんが沢山いるんだけど、これがすごく上手いんだ~。日本的習字を書く人、崩した字を書く人、梵字のような字を書く人。それぞれ個性があって芸術的!

taichi.jpgki.jpg

そしてついに発見しました。太極拳部!これぞ中国~。ゆるやかな動きの中に美しさがあって見とれてしまいました。でも皆がみんな太極拳をやってるわけでは無いのね。日本人が皆空手が出来る訳じゃないのと一緒かあ。

さらにディープなおじさんを発見!木に向かってずっと気を溜めている。中国っぽくていい感じー。あのおじさんはきっと拳法の達人に違いない。

中国ではリタイアした老人は早朝公園に集結するんだって。北京の公園は入場料を取るんだけど、皆年間パスを持っていて毎日通っているらしい。そして皆他人の目を気にすること無く、思い思いにやりたいことをやっている。

中国人は運動が大好きで、「日本人は何で運動しないんだ?」とよく聞かれるそう。中国では体を動かすことが生活の一部なんだって。やっぱり漢方思想の基本に「運動すること」があるからかな?

日本は高齢化社会でこれからリタイアした高齢者がぐっと増えるという。高齢化社会というとなんだかとても暗いイメージ。孤独なおばあさんが悪徳サギにだまされちゃったりする感じ。でも北京の老人は超元気!なんかこんな老後もいいなあと思ってしまった。

観光してるだけでは見れない北京の老人たちの日常が見れてすごく面白かったなあ。「早起きは三文の得」ってホント、昔の人はいいこと言うね。 【“北京の太極拳事情~早朝はミラクルワールド”の続きを読む】
  1. 2005/06/20(月) 22:53:19|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

帰ってきました

北京から帰って来ました。

中国超面白い!これから大きく発展して行くパワーがみなぎっててすごかったです。膨大な量の写真があるので徐々にアップしていきますね~。

  1. 2005/06/19(日) 11:31:27|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

初太極拳

先日ジムで太極拳のクラスに出てみた。

太極拳に限らず合気道とか気功とか武術には前から興味があったのだ。最近映画でも香港仕込みのワイヤーアクションカンフーものが増えていて、見てるととてもかっこいい。中国女優のチャン・ツイーなんて闘うというより舞っているかのよう。

私もあんな立ち居振る舞い身につけたい!と思ってはいるものの、なんだか太極拳ってすごく地味なイメージがあって今の今までやってみたことが無かった。

でも明日から太極拳の本場、北京に行くのでその前にちょっと体験しておこうと一念発起。今回初参加となった。

で、どうだったかというと。。。思ったよりなんか。。。意外と。。。かっこいいかも!!

やってみる前は老人体操的印象が強かったんだけど、実際出てみると日舞のような奥深さがある感じ。拳法や体操というより舞に近い。もともとダンスが好きなので、なんかピンと来るものがあった。そしてさらに太極拳を極めると自分の気をぐわーっと動かせるようになるんだって。

今海外ではアジアブームだから、太極拳をちょとアレンジして今風にして、お洒落なTai-Chiウエアなんかも作ったら結構ウケるかも。かっこ良くなって日本に逆輸入されたらイメージ変わるかもなー。

ここはひとつ将来性に期待してちょっと太極拳続けてみますか。とりあえず本場北京で早朝太極拳やってみよう。(起きれたらだけど。)

  1. 2005/06/13(月) 23:12:20|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

麗心~青山のとっておき中華

dessert.jpg

先日青山の麗心(リーシン)に行って来ました。

ここは青山の裏通りにある漢方&薬膳中華のお店。漢方薬局も併設されていて、中医アドバイザーがカウンセリングも行っている。定期的に漢方講座なんかも開催されてるらしい。

こうやって書くとすごくディープで怪しげな店っぽいですが、実態はその真逆!すごくモダンでシックな店内なのです。

このお店は友人に教えてもらった。ちょっと表通りから離れているためいつ行ってもすぐ座れるし、小さいモールの一階にあってとてものんびりお茶が出来るので青山で疲れた時なんかにふらっと立ち寄る。

中華ももちろん美味しいんだけど、ここのお勧めはなんといってもデザート!特に杏仁豆腐は本当に美味しい。固すぎず、柔らかすぎずのふるふる状態の杏仁豆腐は甘さが控えめでとても上品な味。ボウルいっぱい持ってこい!と言いたいくらい。

黒米のココナツプリン(写真)や他のお菓子も絶品。いろんな中国茶も楽しめます。

「ここは本当に杏仁豆腐が美味しいんだよ~。」と今回はアメリカ人の友人を連れて行った。彼女は白人にしては刺身もいけるし、アーチストだから繊細な味も判るかな~とちょっと期待してたんだよね。

。。。でもあんまりお気に召してくれなかったみたい。がっくり。やっぱりあの繊細な味はアングロサクソンには無理か。。。

麗心
東京都港区南青山5-4-41グラッセリア1F
TEL. 03-5468-0340
http://www.lixin.jp/
  1. 2005/06/12(日) 21:53:14|
  2. 東京グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

姿勢測定器

姿勢測定器というものを体験してみた。

今通っているジムが姿勢矯正を売りにしている所で、無料で測定、診断出来るのだ。

どんなものかというと、まず体の基点となる骨の場所(肘とか骨盤とか)に丸いシールをペタペタ貼って行く。そして台の上に立って前後左右から全身写真を撮る。するとコンピューターが体の歪みや筋肉の張り、足裏のどの部分に体重がかかっているかなどを計測してくれるのだ。

で、結果はというと、トレーナーの方曰く「ほぼ完璧!今まで自分が測定した中で一番いいです!イントラより姿勢いいですよっ!!」

ウソ~!まじで!?

絶対なんか言われるだろうな~と思っていただけにすごいびっくり!!

ジム通いは一年前から始めたんだけど、トレーナーの人に「ダンサーみたいな、しなやかできれな体になりたい」という注文をつけてかなりマニアックな筋トレばかりやっていた。はたから見れば「この人いったい何やってんだろ?」って感じだったと思うんだよね。でもかまわず黙々とトレーニングをやり続けた成果が自分で見れてすごくうれしい。そして改めて指導してくれたトレーナーを尊敬&感謝。

思えば最近体調もすこぶる良い。持病の偏頭痛も喘息も全く出てない。そしてなにより心の調子もとても良い。なんか落ち着いてるし。これがいわゆる「腰がすわってる」って状態なのかな?

整体の本によると心と体は密接につながっていて、体が歪むと心も歪むんだって。逆に言えば体が整っていると心もしっかりする。最初は「ホンマかいな?」と思ったけど、最近これを切に実感。

よっしゃ~。明日からもまたトレーニングにはげもうっと。
  1. 2005/06/11(土) 12:30:01|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

箱根彫刻の森美術館~無駄バンザイ

せっかく箱根に来たんだからなんか観光でもしようってことで、箱根彫刻の森美術館に行って来た。

chokoku2.jpgchokoku4.jpg


なんと同行者全員が箱根に何回も来てるくせに、誰も一度も彫刻の森に行ったことが無いことが判明。あまりにも有名なのでなんか避けてたんだよねー。

その昔、テレビで「箱根彫刻の森美術館から9時をお知らせします」みたいなコーナーがあって、その印象からだだっ広い敷地にぽつんぽつんと彫刻があるだけなのかと思っていた。ところが広い庭のあるちゃんとした美術館という感じの場所でした。

展示されてる彫刻もすごく面白いものばかり。ピカソ館なんかもあって、アーチストの私は久しぶりに創造力ビンビンに刺激されましたよ。

すごく印象的だったのはピカソ館の解説の言葉。「人はすぐ何に対しても意味を持たせようとする。たまには純粋に芸術をただ楽しむことをしてみてはどうか?」というようなことが書かれていた。

先日友達に「最近ブログはじめたんだよねー。」と言ったら、「ブログをやるメリットって何?」と聞かれて答えに困ってしまった。「メリットって?何で面白いかってこと???」と聞くと、「いや、だからメリットだよ。」と言われて余計困惑。あたしはただ面白いと思うからやってるだけなんだけど。どうやら彼にとってはただ面白いだけでは価値が無いらしい。

そういえば最近こういう価値観が増えてる気がする。将来性とか経済性とか何かしら「メリット」が無いと時間の無駄みたいな価値観。

でもなんでもかんでも「メリット」の有る無しで判断したら、世の中すごいつまらなくなってしまう。友達との井戸端会議も無駄、いたずらも無駄、寄り道も無駄、肉屋のおじさんとの立ち話も無駄、らくがきも無駄、バラエティ見るのも無駄、って私の好きなこと全部無駄じゃん!そんな世界はいやだ。楽しくない。ただ楽しいだけじゃ理由にならないわけ~?と思っていた所にこの言葉に出会った。そしてとてもほっとした。良かった、無駄でもいいんだ。

思えば芸術家なんで無駄だらけの人生。でも「メリット」を考えないで心の赴くままに創作するからこそ色んな人に訴えるものが出来るんじゃないかな。ピカソの作品なんて意味不明だもんね。でもなんかすごくいい。

彫刻の森に行こうと思ったのもなんとなく。あんまり理由は無い。でも新しい発見があったし色んなことを考えた。そしてとても気持ちよかったし楽しかった。それだけでも私にとってはとても大きな「メリット」だったよ。
  1. 2005/06/09(木) 00:46:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

箱根富士屋ホテルのグルメ

さて、建物的にはやや改善点ありの箱根富士屋ホテルでしたが、ご当地グルメはなかなか満足度高かったです。

kikukasou.jpg

一番良かったのは別館菊華荘での懐石料理(1万円程度)。菊華荘はその昔皇室の御用邸だった所。渋い和室で頂く懐石料理は旬の素材を生かしたとても心のこもったもの。お吸い物のおいしさに唸り、煮タコの柔らかさに唸り、と一品一品に感動がありました。菊華荘はあまり知られていないようですが、料理の質はメインダイニングよりも上です。味重視ならばメインダイニングのフレンチよりもこちらをお勧めします。

dining.jpgcurry.jpg

かの有名なメインダイニングの雰囲気も味わっておきたいということで、ランチをダイニングで頂きました。超有名なダイニングルームだけあって雰囲気はグー。大きい窓から望む緑の山々の景色も素晴らしい。

富士屋ホテルはカレーが超有名だそうなので、オーダーはもちろんカレー。うん。うまかったです。2000円+という値段と照らし合わせてどうかと言われるとビミョーですが、まあ場所代ですね。

しかしランチのカレーはバカ売れでしたね。このホテルはカレーで持ってるんじゃないかと思うくらい。富士屋ホテルのカレーはレトルトパックでも売っています。

デザートにはジョン・レノンがあまりの美味しさに毎日食べ続けたというアップルパイ。。。。普通でした。

picot.jpg

お土産にはホテルのパン屋さん、ピコットのパン。すごく美味しいので有名らしい。一日30個限定のパン詰め合わせセット(800円+)をゲットして家で頂きました。柔らかくて旨味があって美味しかったです。

  1. 2005/06/08(水) 23:11:27|
  2. ご当地グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

箱根富士屋ホテル

fujiya.jpg

箱根富士屋ホテルに格安で泊れるプランがあるわよっ!!」と親がコーフンして連絡してきた。「富士屋ホテルってなに?」と私。親はがっくり来たらしい。

富士屋ホテルとは現存する日本最古のホテルで、明治大正の頃から各国の要人が避暑に訪れた由緒正しきホテルだそうな。はっきり言って富士屋ホテルを知らないのは日本人の恥。こんな機会は滅多に無いから泊まりに行くべき。ってことで1泊で箱根に行って来ました。

横浜から湘南新宿ラインで1時間くらいで箱根に到着。近い。なんてったって同じ神奈川県だし。日帰りでも全然行けちゃうね。富士屋ホテルは箱根登山鉄道の宮ノ下下車徒歩5分の所にありました。

明治から昭和にかけて建築された建物は歴史を感じさせるなかなかのものでした。。。遠目からは。

実際ホテルに入って中を見ると壁紙がボロボロにはげてたり、椅子が古くてすりきれてたり、結構ボロさが目についたんですよねー。富士屋ホテルツアーの説明では「家具も創業当時のままのこのお部屋は…」ということだったんだけど、やっぱりはげ落ちた所とかはちゃんと修理した方がいいと思いますよ。富士屋さん。

何百年も歴史のあるお寺なんかに行くと、古いけどピカピカに磨き上げられててとても美しい。富士屋ホテルもせっかく歴史あるいい建物があるんだからもっとメンテした方がいいのになぁ。

ホテルの接客やサービスはさすが一流という感じだったので余計もったいないなと思います。すごくお金がかかることなんだろうけど、なんとかがんばって欲しいなあ。

箱根富士屋ホテル
〒250-0404 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
TEL:0460-2-2211
  1. 2005/06/08(水) 11:34:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魂はあるのかな?

高校からの友達の墓参りに行った。4年間癌と闘って、半年前に亡くなった。

その後彼女の旦那と二人で、居酒屋で泣きながら酒飲んだ。はたから見れば別れ話中のカップルに見えただろうなあ。

友達のことを思いながら、魂について考えた。

亡くなった人の魂は見えないだけでそこら辺にいるんだって。本当かなあ。私は霊感ゼロなのでさっぱり判らないけど、でも本当だったらいいなあと思う。

死んでそれで終わりだったらとてもむなしい。でも魂の世界が本当にあるのならばいつか必ず会える。すごく遠くに引っ越しちゃったのと同じだもん。

江原啓之という霊能者の人をテレビでたまに見る。この人の番組を見ると「あ、魂は本当にあるのかもしれない。」と素直に思えるときがある。

でも「そんなのただの迷信じゃん。あの世があるという考え方でこの世を生きた方が楽だから、そういう思想が生まれただけ。魂なんて本当は無いのかもしれない。」と思う自分も居る。

人生とか生死とかあの世とか考えながら寝たら、江原啓之が夢に出て来た。

私は一生懸命あれこれ質問してる。細かいことは覚えてないけど、多分あの世は本当にあるのかとか人生はどう生きるべきかとか聞いてたんだと思う。でも江原さんはニコニコしてるだけでさっぱり答えてくれない。

私は江原さんが食いしん坊というのを知ってるので、夢の中で美味しいご飯を作って江原さんに食べさせてる。でもやっぱり彼は何も言わずニコニコしながら食べてるのだ。

とここで目が覚めた。

なんだよ~。何も聞かずに起きちゃったよ~。でもなんかちょっと気分いいな。

江原さんは言葉では何も言わなかったけど、なんとなく「そうだよ。そうだよ。魂は本当にあるんだよ。」と言ってくれてるような気がした。

うん。全く根拠は無いけどやっぱり魂はある気がする。

今度の飲み会は友達もあの世から呼び出そう。
  1. 2005/06/05(日) 19:50:44|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ホットヌードヨガ。

ヌードヨガというタイトルを見ておねえさんを想像したアナタ、ざんねん!これ、NYのチェルシー地区(ゲイの街)にあるヨガスタジオなんです。

今発売中のBRUTUSのヨガ特集に載ってたんですが、なんと男性(主にゲイの方)のみの、全裸でやるヨガスタジオなんだって~。ヌードヨガの写真、かなりインパクト強しです。

全裸になるのは「人間本来の姿に立ち返り、その美しさをヨガのポーズとともに再認識するため。そして、肉体、精神ともに自由になるため。」だとか。

ヨガもついにここまで来たか~。私もたまにヨガやってますが、全裸は絶対無理。。。ってゆーか精神集中出来ませんよぉ。

他にも犬と一緒にドッグヨガ(犬は判ってんのかい!?)とか、飛行機でやるAirplane Yogaとか、もーなんでもかんでもヨガですね。

私は次にTai-chi(太極拳)が来ると思うんだけど、どうでしょう?
  1. 2005/06/04(土) 00:15:02|
  2. からだ談義|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

地震予知草!?

The Earthquake Plant(地震予知草栽培セット)
地震予知草ってのがあるらしい。「なんじゃそりゃ!?」と思って早速調べてみた。

The Earthquake Plantと呼ばれるこの草は葉に軽く触れるだけで葉が閉じる習性があるんだけど、アメリカの研究で地震前にも葉が閉じる習性があることが判ったんだって。(本当に証明されてるのかは謎。)種から育てる地震予知草キットも売っている。

これ要は日本で言うオジギソウらしいんだけど、こうやってキット販売するのはなかなかアイディアものですね。ちょっと欲しくなってしまう。シャレで誰かにプレゼントするのも良いかも。

ちなみにこのオジギソウ、夜は自然に葉が閉じる習性があるので夜間の予知には使えないらしい。。。
  1. 2005/06/03(金) 12:53:56|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地震5連発!

ここ最近いろんなソースから南関東で大地震がおこるかもという情報が来てた。地震予知には興味あるので前から予知情報はチェックしていたものの、今まで的中したことは無かった。だから今回もきっと当たらないだろうと思っていた。

そしたら昨日の地震!しかも揺れがドドドッと真下から突き上げるような感じ。明らかにいつもと違う。さらに震源地が東京湾。そして5連ちゃん!!これは今回ばかりは本当にホントーにやばいかもー!!

。。。軽くパニックおこしましたよ。私は。

でもビビっててもしょうがないので枕元に非常持ち出し袋と靴を用意した。近所の避難場所もチェックした。(引っ越したばかりだから知らなかったのだ。危ない危ない。)お風呂に水も溜めた。飲み水とカロリーメイトも補充しとこう。

あとはご先祖様に祈るのみ。

地震がおこるのはしょうがないのでどうか震度5くらいで勘弁してください。ナムー。
  1. 2005/06/02(木) 16:19:51|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

マイルで北京

いきなり北京に行くことにした。

というのも北京在住の友達が来月から上海に引っ越してしまうのだ。6月はちょうど暇だしマイルも溜まってるしってことで遊びに行くことにしました。

いつも思うんだけどマイレージってすばらしい。

今回はアメリカン航空のマイルが溜まっていたので2万マイルで北京行きのJAL便をゲット。JALのHPで料金見てみたら16万円相当のチケット。これがタダでとれちゃうなんてすごい得した気分~。

マイルが溜まるクレジットカードで例えると、100円=1マイルだから2万マイル溜めるには200万円分カード払いをする。これで16万のチケットがもらえるのは利率8%と同じ!

さらにアメリカンの場合マイレージでとったチケットは発券から1年間有効で、日程変更は空席があればいつでも出来るんだって。緊急事態で旅行に行けなくなっても痛くもかゆくもないのだ。

今回は宿泊も友達の家だし、行き先は中国だしってことでかなり激安旅行になりそう。その分友達にどかんとおごってあげようっと♪

  1. 2005/06/01(水) 10:21:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。