つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

紅葉亭@福島

紅葉狩りに福島に来ました~。新蕎麦の季節でもあるのでまずは腹ごなし。福島市内でイチオシの紅葉亭へ。

福島駅から高湯温泉に向かう途中の高台にあるお店からは畑が一望眺。いつも混んでて待ちますが、天気がよければ外のベンチに腰掛けてのんびり待つことができます。

200710koyotei.jpg200710koyotei2.jpg

オーダーはいつもの揚げそばがきと季節限定のきのこそば。きのこは会津の天然もの。やっぱり味の濃さが全然違う。きのこのダシが出ててまいう~。汁まで完飲いたしました。10割の蕎麦はもちろん美味!

そして揚げそばがきは、外はかりっと、中はふわっとしていてこれまたウマイ。じゅうねん味噌とからめて食べればもう酒のつまみ。

やっぱ蕎麦は産地が一番!満足満腹でござる。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/28(日) 06:00:00|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

臨死体験

久しぶりに福島に里?帰りしてきました。ちょうどニッコウキスゲが満開ということで、会津の雄国沼へ。

一面のお花畑。そしてガスっているのでなんだか幻想的な雰囲気。噂に聞く臨死体験ってこんな感じかも~。しかし一面のニッコウキスゲは本当にきれいでした。尾瀬よりこっちの方が穴場でお勧め!

現地の様子を動画でどうぞ。



  1. 2006/07/02(日) 21:51:27|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

清野果樹園~福島りんご

福島からりんごが届いた。ふたを開けるとりんごの甘い良い香り。りんごといえば青森があまりにもメジャーですが、福島りんごははっきり言って青森より旨い!(ひいき無し。)

実は今まであまりりんごに対する熱意が無かったのですが、去年福島のりんご園の友達にりんごをもらって以来ドはまり!あまりの美味しさに毎日りんごを食べまくっていました。
seinoringo.jpg普通のりんごは真ん中に蜜があっても周りがスカスカなのですが、この清野りんごは細胞一つ一つに蜜が詰まっていて、噛むとじゅわっと汁が溢れ出て来る。そしてただ甘いのでは無く、酸味と甘みのバランスが絶妙なのだ。

りんごはちょっとの気候や土壌の違いでも味が変わって来るそうで、福島の中でもこの清野果樹園がある大笹生のりんごが美味しいらしい。
来年はこの清野果樹園でりんごの木のオーナー制度のモニターをやるのだ。楽しみ~。

清野果樹園
960-0251 福島県福島市大笹生字井の面21
tel/fax 024-557-6295
  1. 2005/12/14(水) 15:32:44|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

福島美酒体験 in 六本木ヒルズ

六本木ヒルズで開催された福島美酒体験に行ってきました。これは福島県酒造組合主催の日本酒試飲会。たまたまテレビで宣伝していたのを見て応募。運良く当選したので行ってみました。

福島に住んで地酒にはまった私。会津で杜氏をする友人もいるので、ぜひとも福島の酒にはがんばってほしい。東京で一体どんなプロモーションをしているのか興味しんしんです。

参加費は1000円。酒蔵だけでなく、薄皮饅頭の柏屋も出店。お土産におまんじゅうもらいました。さらにサンドイッチやおつまみも充実。ネギ味噌の会津天宝も出店。ここの味噌が格別にうまい!何故福島に居た時に買っていなかったのか。不覚!酒がとまら~ん。

sakekai2.jpgsakekai.jpg

酒蔵は20カ所出店。福島では良く知られた蔵たちです。いろいろ飲みましたが一番良かったのは夢心酒造の奈良萬。本当に素直なお酒です。そして曙酒造の天明亀の尾瓶火入。こちらもすっきりしていて美味しい。会津のにしんの山椒漬けが食べたくなります。山椒漬けも出店すればいいのになー。

福島は酒も食べ物も美味しいのに宣伝がいまいち下手で知名度が低い。でも最近は秋葉原に福島県のアンテナショップを造ったり、日本酒会を開いたりしてがんばってます。

今日のイベントは皆さん満足してくれたかな?ちなみに私は美味しい酒をたらふく飲んで、お土産ももらって大満足でした。この調子でがんばれ福島!
  1. 2005/11/11(金) 20:22:44|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

源蔵そば~山形家系そば

新蕎麦の季節に山形に行かないわけにはいかん。ってことで今日も蕎麦を求めて北上。福島からちょっと足をのばして南陽市の源蔵そばまで行ってきました。

なんで源蔵そばかというと、「山形/宮城そばの旅」という本に載っていたから。この本、かなりすごいです。山形&宮城のそば屋をカラー写真付きで掲載。ディープなそば屋も網羅。いつもこの本片手にそば屋巡りをしています。でも「直販」と書いてあるので、残念ながら一般には流通していないらしい。(ちなみに私は宮城のコンビニでゲットしました。)興味がある方は出版元に問い合わせてみてくださいね。

genzou4.jpggenzou.jpg

源蔵そばは南陽市から北へ向かった萩という場所にあります。茅葺き屋根の外観、水車が回る軒先。いかにも家系。

genzou3.jpggenzou2.jpg

山形の田舎蕎麦というと極太麺が一般的ですが、ここは麺がやや細め。極太山形蕎麦がすすれない肺活量の少ない私の好みのタイプ。でもそば粉100%の麺はシコシコです。ツユがやや辛めで関東っぽい味付け。付け合わせには山形名産の菊が付きます。菊を食べるとは新鮮。

麺が来ても箸をつけないと、「お蕎麦伸びちゃいますから食べてください」と注意されるこだわりの店。蕎麦は生きものですからね。

源蔵そば
山形県南陽市荻306
0238-41-2413
  1. 2005/11/03(木) 00:01:56|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

山都蕎麦~ディープ福島家系そば

11月といえば新蕎麦の季節ですね!蕎麦の香りが最も楽しめる新蕎麦。蕎麦好きが一年で最も楽しみにしている季節の到来です。

今回はかねてから行きたいと思っていた福島の山都蕎麦を食べに行きました。山都は知る人ぞ知る蕎麦の里。山都といっても山都駅周辺ではなく、そこからさらに狭い山道を登っていった山間のちいさな集落、宮古が山都蕎麦の本場です。

宮古の蕎麦屋は基本的にアポ。予約をして蕎麦を食べさせてもらうというスタイルらしい。これは超家系の予感。期待に胸が膨らみます。

「本当にこっちでいいのかな~?」と不安になるほど何も無い山道を登っていくと集落が。そして、そこもかしこも「蕎麦」の看板。こんな山奥なのに。この蕎麦屋密集度はなんなんだ!もっとひっそりした蕎麦屋を想像していたのでちょっとびっくり。

miyako3.jpgmiyako.jpgmiyako2.jpg

今日の目的地はなかじまさん。宮古でも元祖のお店で、水で蕎麦を食す水蕎麦のお店。念のため予約をして行きましたが、アポ無しでも大丈夫そうでした。

蕎麦はやや水分が多いタイプ。最初は水蕎麦ですが、つゆも付きます。山都名物刺身こんにゃくもフレッシュでとても美味しい。他のお店も色々食べ歩いてみたいなー。

なかじまさんは家系。広い居間の隣には、おじいちゃんがのんびりくつろぐ囲炉裏端。従業員のおばちゃん達も皆あったかい笑顔。日々の生活に疲れたら、宮古で蕎麦をすすってみてください。きっとほっとするはずですよ。

水そばのなかじま
0241-38-2579
  1. 2005/11/02(水) 00:48:30|
  2. 福島|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

山女~福島餃子

紅葉を求めて福島に里帰り。またしばらく福島ネタが続きます。

数年前から「福島餃子マップ」なるものが登場しました。「福島も餃子で町おこし!」ってことらしいのですが、これがいまいち中途半端。そもそもすぐそばに宇都宮という全国区の餃子の街があるのに何故今更餃子?すごく沢山餃子屋があるならまだしも、数も10件あるかないか。味的にいまいちの店もあったりして微妙なのです。

でもそんな中でも美味しい店もあります。その一つがここ、山女(やまめ)。駅に近い場所にある餃子屋さんです。

yamame.jpgyamame2.jpg

福島の餃子屋はラーメン屋が餃子屋になった店が多いようで、ライスが無い所がほとんど。店によっては本当に餃子とラーメンしか無い所もあります。私は餃子はご飯と一緒に食べたい派なのでこれはつらい。

でもここ山女は定食屋さん系の餃子屋なのでライスはもちろん、焼き魚やトーフなんかもあります。また餃子定食もあったりして、一人餃子にも最適。さらにご主人は日本酒好きで、会津娘、天明など東北の通な銘酒を揃えています。

餃子で一杯やるもよし、がっつりご飯を食べるもよし、いろんな人を満足させられるこのお店。餃子は厚めのさくっとした皮に肉がふわっとしたタイプ。小さいピロシキ風でばくばくいけますよ。

山女 
福島県福島市早稲町5-23
024-523-1772
  1. 2005/11/01(火) 16:12:57|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

荘輔そば~米沢家系そば

山形を筆頭に、東北地方はそば処。特に山形は蕎麦王国。山形の蕎麦を一度食べたら蕎麦の虜、間違いなし。あまりの香りの良さにツユをつけるのがもったいなくなるほど。本当に美味しい蕎麦は水だけでいけちゃいます。

さて、山ほど蕎麦屋がある山形界隈ですが、美味しいそば屋を見つけるキーワードはズバリ「家系」。ラーメンの家系じゃないですよ。そば屋の家系(勝手に命名)とはその名の通り、自宅でそば屋をやっている店のこと。

そもそも山形ではお客さんが来ると蕎麦をふるまうという習慣があり、美味しい蕎麦を出す家がその後お店もやるようになったという所が多いのです。なので家系蕎麦屋は本当にヒトんち。

なかでもここ米沢の荘輔そばは超家系。ってゆーか、思いっきりヒトんち。このディープさがたまりません。

yamasoba.jpgyamasoba4.jpg

仏壇とかがある畳の居間でお蕎麦を待ちます。家族でやっている家系はえてしてスローペースなので、そこら辺に置いてある新聞や雑誌を読みつつまったり待ちましょう。このくつろぎ感が家系の良さ。(モーレツに空腹の時や、お急ぎの時はお勧め出来ません。)

この日は「農家のそば屋」みたいな本を拝借して読んでいました。「ここのおじさんもこれを読んで日々研究してるんだな~。」なんて思っていると、しばらくして蕎麦が登場。

yamasoba3.jpgyamasoba2.jpg

蕎麦から野菜まで、全部自家栽培というここの天蕎麦はとても美味しい。蕎麦はもちろん手打ち。素材のさわやかな味がします。自家製のつけものもうまい。

ちなみに右の写真はかいもち。そばがきを甘いじゅうねんタレにつけて食べるおやつみたいなものです。これもなんとも言えない美味しさ。

軒先にはわき水が流れる洗い場、そして野菜畑。おじさんとおばさんの気さくな笑顔。ビールを飲みながらのんびりくつろく地元の方々。田舎に帰って来たような、なんだかとてもほっとするお店なのです。

荘輔そば
川西町玉庭5013
tel 0238-48-2962
米沢市内から2-30分ほど。玉庭小学校となり
  1. 2005/10/02(日) 09:07:07|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

越後屋~こだわり酒屋

ご当地グルメをディープに攻めるのが趣味の私。福島で日本酒にもどっぷりはまりました。東北地方には米の味がする素直でやさしい酒が沢山あります。それを、その土地のつまみと一緒に頂くと最高なのです。

特に最近は30-40代の若い杜氏さんががんばってる小さい蔵が続々登場していて、目が離せません。焼酎ブームの陰になってあまり話題にはのぼりませんが、昨今の日本酒業界も相当面白くなってますよ。

echigoya.jpgechigoya2.jpg

ただこのような酒は生産本数が少なく、地元限定の酒も多いので入手がなかなか難しい。そんな中、心強いのが福島の酒屋さんの越後屋。

ここは本当に日本酒の品揃えがすごいです。知る人ぞ知るマニアックな東北の銘酒が勢揃い。季節ごとの限定リリースも確実に入荷。無いものは無いのではないかというこだわり。ご主人の酒に対する熱意を感じます。

場所は南福島駅周辺。ちょっと福島駅から遠いですが、福島で酒を買うなら寄り道せずにここに行け!です。

越後屋
福島県福島市黒岩字遠沖1-1
TEL 024(546)1529 FAX 024(546)1591
  1. 2005/10/01(土) 12:54:49|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

野菜がオマケのガソリンスタンド

最近福島の友人に聞いた話。タイトル通り、なんとガソリンを入れるともれなく野菜をオマケにくれるガソリンスタンドが福島にあるらしい。

う~ん、さすが福島。この日ハイオク満タン入れた友人の旦那はニンジン2袋抱えて帰ってきましたよ。

肝心のガソリンの値段を聞くのを忘れてしまったので実際お得かどうか判りませんが、普通オマケはティッシュなのに野菜ってとこがニクい。
  1. 2005/09/25(日) 15:51:08|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

農協の直売所

福島で地元民が安く農作物を仕入れる場所として、農協の直売所があります。地元の生産者による野菜や漬け物やら花や炭まで色んなものを売っています。そして当然のことながら安い。その時期に畑で採れているものが並ぶので、旬が感じられて楽しいです。

ja.jpgja2.jpg

最近では地元の農家が空芯菜などにも手を出したらしく、空芯菜山盛り100円で売ってるそうです。うらやましい。

福島の直売所マップはこちら。
  1. 2005/09/24(土) 15:32:50|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米の無人精米機

福島に行った時期はちょうど稲刈り直前の時。見渡す限りの田んぼには稲が黄金色に輝いていて、それはそれはきれいでした。秋田や新潟に負けてて影が薄いですが、福島もれっきとした米どころ。福島に居た頃は知り合いの農家から米を玄米で買って、そのつど精米して食べてました。

ine.jpgkome.jpg

しかし、横浜に越して来て問題発生!精米機が無いのです。

福島ではいたるところに写真のような無人精米機があって、100円で5キロ精米することが出来るのですが、横浜にはそれが無い。仕方なく精米された米を買ってみるものの、なんだか乾燥してて美味しくない。

「くそ~米を精米したいよ~。」とぐちっていると、知人が「精米機買えばいいじゃん」と一言。そりゃー買えば問題解決ですが、超狭い我が家にはもういかなる家電も増設不可能。コイン精米があれば何の問題も無いのにぃ~。

米の美味しさは生産者の腕もあると思うけど、やっぱり精米したてが一番。精米機置いてないかJA横浜にでも問い合わせてみようかな。
  1. 2005/09/23(金) 15:18:08|
  2. 福島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。