つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

幽体離脱?

モーレツな眠気に襲われて昼寝してたら夢を見た。

知らない家でシャワーを浴びてるんだけど、蛇口を閉めても勝手に取っ手が動いてシャワーがまた出てしまう。「なんだこれ~?ポルターガイスト!?」と思っていると場面が変わってなぜか行きつけの東洋医学の先生に会っている。

「あ~これ、この皿についてるね。これでもう大丈夫だから。」と先生。どうやらアンティーク店で買った皿2枚に何かついてたらしい。

で安心すると昼寝の体勢に戻ってた。「変な夢みちゃったな~」とカラダを起こすと…自分下でまだ寝てますよ!!ゲゲッ!!一生懸命自分に潜り込もうとするんだけど戻らないっ!ヤッベー!

で必死でお経を唱えたら自分の声で目が覚めた。

ドッと疲れた夢でした…。

しかしリアルだったなー。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/08(土) 13:36:44|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

スピリチュアルな時代がやってきた

最近スピリチュアル系って流行ってますよね?ヨガとかマクロビオティックとかシュタイナーとかオーラとか。

実は私、かな~り前からスピリチュアル系にはまっていたのですが、昔は他人にその話をすると「怪しい奴」扱いされてしまっていた。なので相当いける!と思った人以外にはそっち系の話をしたことが無かったのです。

でも最近雑誌でも取り上げられてるし、流行ってきてるみたい。そこで「スピリチュアル系面白いよね~。」と勇気を出して言ってみた。すると「実は私も…。」と次から次へとカミングアウト!なんだぁ。ホントは皆興味あるんじゃん。

オープンにそっち系の話が出来るようになって相当楽しいぞ。なので今日は、私がかなりお勧めのそっち系の本をリストアップ。

スピリチュアルな人生に目覚めるためにスピリチュアルな人生に目覚めるために
江原啓之氏の本は色々出てますが、これが一番お勧め。死んだらそれで終わりじゃないと思えると、世の中相当面白くなってきます。

ブタのいどころブタのいどころ
仏教思想を判りやすく理解出来る4コママンガ。「空とは?自分とは?心とは?」という禅問答のようなやりとりは相当深い。一つのマンガで「う~む」と1時間は哲学できます。

hatsume.jpg初女お母さんの愛の贈りもの
人の心にエネルギーを与えるおむすびを作る初女さんの本。「食とは?」という最も基本的なことを気づかせてくれます。初女さんの本の中でもこれは具体的に料理の説明が書かれているのでお勧め。マネしてやってみるけどこれがなかなか難しい。
  1. 2005/11/20(日) 11:22:39|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ありえないということはありえない

私は未知の世界が大好き。UFOとか、心霊現象とか、超能力とか、考えてると妄想が膨らんで楽しくてしょうがない。

でも未知の世界はえてして否定されがち。そして否定派の根拠は「科学で証明されてないから、そんなものあるわけない。」でもこの根拠って科学的に考えるとおかしくないですか?

そもそも「無いという事を証明すること」は非常に難しい。「無いということ」を証明するにはあらゆる可能性を一つ一つ検証し、それを全て否定することに成功しなければならない。これははっきり言って不可能に近い。

なので、私的には「無いという事を証明することは出来ない。よって、ある現象の存在を完全に否定することは出来ない。」というのが正しいと思う。だから理論的に考えてもUFOや、心霊現象や、超能力の存在は否定する事は出来ないと思う。

この世の全ての現象が既に証明されているならば科学はこれ以上進歩しないことになる。そんなのなんだかつまらない。科学とは未知の探求。未知があるからこそ科学は無限に進歩する可能性があるんじゃないのかなぁ。

そんなことを考えている私の愛読書はライアル・ワトソンのアースワークス。これまじ面白いっす。
  1. 2005/10/24(月) 16:13:06|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ついに大地震!?~幻のサイト

いやーついに地震来ましたねー。横浜はなんと震度5弱。最初小刻みにドドドッと真下から突き上げるような感じが来て、その後に横揺れ。家中のものが左右にシェイクしててすごかったですよ。

幸い今回は食器棚からワイングラスが一個落下したに留まりましたが、これ震度7とかだったら絶対テレビが吹っ飛びますわ。明日テレビ固定シート買ってこよう。マジで。

でふとスケジュール帳に目をやると今日の所に「地震?」の文字が。ゲゲッ!予言が当たってる~!?

数ヶ月前地震予知のサイトをうろうろしていた時のこと。ある書き込みに目が停まった。そこには「予言者(霊能者だったかも)の間では南関東に今年地震が来ることは周知の事実で、7月23日か8月17日あたりが危険らしい。」というようなことが書かれていた。「またまた~。」と思いつつも、なんか気になってスケジュール帳にメモっていたのだ。

でも一体どこのサイトでそれを見たのか思い出せない!検索してみても出てこない~。もう一度、何て書かれていたのか正確な内容が知りたいよ~。一番気になるのは「7月23日か8月17日」だったのか、「7月23日と8月17日」なのかってこと。うーむ。とりあえず、8月17日も気には留めておこうかな…。

今回の地震、被害はそんなでもなかったものの、交通機関がかなり麻痺しましたね。エレベーターが停まった所も多いみたい。やっぱりいざという時一番頼りになるのは自分の足だね。家具固定と体力増強にはげもうっと。

思えば江原啓之も2005年はこんな↓年になると言っていたらしい。更地って、比喩でなくて本当に更地ってことだったりして…。

「すべてが荒地というか、さら地にかえる時。そういう時。
何かを目指して勉強しても資格を取っても、それがつぶれるとか、資格がなくなって生きなくなるとか、なにをしていいのか、ブランドに頼れなくなる。

それで、自分自身の真実を見分ける目が大切。
来年を活かせるひとは、人間力があり、自分自身でリサーチできる人。

それで、こじつけですが、開運アイテムは靴。
みずからの足で動け。みずからが調べ出さないといけない。動け。 」
  1. 2005/07/23(土) 20:45:59|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

魂はあるのかな?

高校からの友達の墓参りに行った。4年間癌と闘って、半年前に亡くなった。

その後彼女の旦那と二人で、居酒屋で泣きながら酒飲んだ。はたから見れば別れ話中のカップルに見えただろうなあ。

友達のことを思いながら、魂について考えた。

亡くなった人の魂は見えないだけでそこら辺にいるんだって。本当かなあ。私は霊感ゼロなのでさっぱり判らないけど、でも本当だったらいいなあと思う。

死んでそれで終わりだったらとてもむなしい。でも魂の世界が本当にあるのならばいつか必ず会える。すごく遠くに引っ越しちゃったのと同じだもん。

江原啓之という霊能者の人をテレビでたまに見る。この人の番組を見ると「あ、魂は本当にあるのかもしれない。」と素直に思えるときがある。

でも「そんなのただの迷信じゃん。あの世があるという考え方でこの世を生きた方が楽だから、そういう思想が生まれただけ。魂なんて本当は無いのかもしれない。」と思う自分も居る。

人生とか生死とかあの世とか考えながら寝たら、江原啓之が夢に出て来た。

私は一生懸命あれこれ質問してる。細かいことは覚えてないけど、多分あの世は本当にあるのかとか人生はどう生きるべきかとか聞いてたんだと思う。でも江原さんはニコニコしてるだけでさっぱり答えてくれない。

私は江原さんが食いしん坊というのを知ってるので、夢の中で美味しいご飯を作って江原さんに食べさせてる。でもやっぱり彼は何も言わずニコニコしながら食べてるのだ。

とここで目が覚めた。

なんだよ~。何も聞かずに起きちゃったよ~。でもなんかちょっと気分いいな。

江原さんは言葉では何も言わなかったけど、なんとなく「そうだよ。そうだよ。魂は本当にあるんだよ。」と言ってくれてるような気がした。

うん。全く根拠は無いけどやっぱり魂はある気がする。

今度の飲み会は友達もあの世から呼び出そう。
  1. 2005/06/05(日) 19:50:44|
  2. オカルト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。