つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

超ワイルドリゾート!Six Senses Ninh Van Bayその②

超自然派リゾートなシックス・センシズ。お部屋もかなりの自然派でした。

20120409nhatrang14.jpg20120409nhatrang18.jpg

ビーチフロントヴィラはプール付きの二階建て。1Fがベッドルーム、1Fの階段を挟んで反対側がベッドルームと同じくらいの広さのバスルーム&トイレ&クローゼット、そして2Fがデイベッドとテーブルのあるリビングルーム、と部屋面積はかなりの広さ。

20120409nhatrang17.jpg20120409nhatran14.jpg

が、しかし…!ベッドルーム以外は壁が無い!!もちろんエアコンも無い!なので昼間は暑い!そして夜になると虫&ヤモリがすごい!快適な密閉空間に保てるのはベッドルームのみ(エアコン有り)。夜トイレに行くと蚊が襲ってきて落ち着けない!

またビーチフロントですが、正面に林があって部屋から直接海はほとんど見えません。海まではすぐなのでアクセスは良いです。

20120409nhatrang16.jpg

9月はかなり高温多湿だったので結局ほとんどベッドルームに居て広いヴィラを使いこなせず。でも2月に行ったという方は虫も気にならず、暑く無かったと言っていたので季節によるようです。

そして夜になるとヴィラのプールの周りをホタルが飛んでいました。きれいな場所にしか住めないというホタルが見れるのも大自然の中のリゾートならでは。

20120409nhatrang11.jpg

朝食やディナーは海がドーンと見えるレストランにて。全体的にお料理もワイルドな雰囲気で量も多目。メニューに無い料理でもお願いすれば可能な限り対応してくれます。チビがちょうど離乳食中だったのですが、茹で野菜や牛乳無しのオートミールなどを用意してもらえてとても助かりました。

雰囲気はワイルドでも、サービルは超一流というところがこのリゾートの人気たる所以でしょう。

20120409nhatrang10.jpg20120409nhatrang9.jpg

さてバトラーさんにお願いして他のタイプのお部屋(ロックヴィラ)を見せてもらいました。このタイプのお部屋は自力で山道をえっちらおっちら昇り降りしないとたどり着けません。はっきり言って遠い!疲れる!一度部屋に入ったらもう二度と外には出られない。。。それくらい部屋までたどり着くのが大変です。

20120409nhatrang5.jpg20120409nhatrang6.jpg

しかし到着した部屋は。。。スゴカッタ!!海一望露天プール!!雑誌などによく掲載されているお部屋がまさにこれ!

リビングとベッドルームが別棟になっていて、ウッドデッキでつながれていて、どこからでも大海原を一望!吹き抜ける海風が気持ちいい!ここなら涼しいし虫も来なそう。さらに全室ちゃんと密閉できそうになってます。ヴィラから一歩も出ないと割り切ってここに泊るのもいいかも。(但し構造上危険なため小さいお子様の居る方は宿泊不可だそうです。)

ハード面は好みが分かれる所ですが、シックスセンシズは宿泊者を心からリラックスさせてくれる絶妙なホスピタリティが本当に素晴らしかったです。カジュアルなのに、サービスは極上。ベトナムにこんなリゾートがあったとは。

自然を満喫した休日となりました。

Six Senses Ninh Ban Bay
http://www.sixsenses.com/sixsensesninhvanbay/

スポンサーサイト
  1. 2012/04/19(木) 08:00:00|
  2. ニャチャン旅行|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ニャチャンの隠れ家、Six Senses Ninh Van Bayその①

もう一年半も前のことですが、ニャチャンのシックス・センシズ・ニンヴァンベイ(旧ハイダウェイ)に行ってきました。

20120409nhatrang.jpg

ずっと行きたいと思いつつも、料金を見ると500USD+と激高!ムリか。。。と思っていたら「ベトナム在住者だと安くなるよ」という情報をGET。公式には表示されていなくても、セールスオフィスに直接問い合わせると在住者レートを提供してくれるという。

早速メールで公式WEBに書かれているアドレスに問い合わせてみると、ビーチフロントビラ一泊360++USD(朝食、空港送迎込み)というお返事が。これは在住者の特権として行くしかない!と9月の連休を利用して行ってきました。

20120409nhatrang19.jpg

ハノイからニャチャンのカムラン空港まではベトナム航空で一時間45分のフライト。ニャチャンからシックス・センシズは車で1時間+船で2~30分の場所にあります。島では無く陸続きの場所なのですが、道路が通っておらずアクセスは船のみ。

空港からシックス・センシズの船乗り場に行く途中、ニャチャンのビーチタウンを通り過ぎます。いわゆるベトナムな街並み。同じ系列のエヴァソン・ニャチャンがあるのもこの道沿い。海もそんなきれいでは無さそうだしここには泊らなくてもいいかも。。。

20120409nhatrang2.jpg

さて船に乗って到着したリゾートは。。。超最高!!海すごいきれい!!リゾートだけのプライベートビーチ、ビーチに連なる自然と調和したヴィラ、専属バトラーさんの温かいおもてなし、どれをとってもテンションUP!!

20120409nhatrang3.jpg

リゾート全体はロビンソン・クルーソーの島にやってきたかのような雰囲気で、小さい子たちも探検家気分で楽しめます。大人も肩ひじ張らず裸足でのんびりとくつろげる雰囲気。カップルでひっそりも良いですが、ファミリーにもとてもお勧めできるリゾート。

20120409nhatrang4.jpg

そして海が予想外にきれい!透明度はあまりありませんが、大きなエダサンゴのリーフがあって魚がいっぱい!シュノーケルなどの機材も無料でレンタル出来るので海遊びも満喫できます。波もおだやかなので砂で遊ぶにもGOOD!

とても自然を満喫できるリゾートなのでした。

つづく

Six Senses Ninh Ban Bay
http://www.sixsenses.com/sixsensesninhvanbay/
  1. 2012/04/17(火) 08:00:00|
  2. ニャチャン旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。