つまみの女王

2、3年おきに引っ越しを繰り返すジプシー女のグルメ日記。2016年からはバンコク市民。タイめしを食べつくすぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海独り占め!なリゾート、Six Senses Con Dao その③

シックス・センシズ・コンダオで今回泊ったお部屋、オーシャンフロントヴィラ。この部屋が素晴らしかった!!

20120408condao8.jpg

一歩部屋に入ると大きな窓から大海原がドーン!!ベッドでごろごろしていても、ヴィラのプールでぷかぷかしていても、部屋のどこからでも海一望!!!部屋に居るだけで最高です!

20120408condao14.jpg20120408condao10.jpg

そして気になるバスルームはしっかり室内。シャワーブースだけ屋外にありますが、それ以外はお風呂もトイレも完全に密封されたエアコンも効く室内なので、全く虫に悩まされることも無く実に快適!

20120408condao11.jpg20120408condao12.jpg

プールの脇の階段を下りればすぐビーチ。ビーチ側からヴィラを見ると無骨な外観で監獄チックなのですが、中の快適度は素晴らしい。私はニャチャンのシックス・センシズよりもこちらの方がお勧めです!

20120408condao15.jpg20120408condao26.jpg

もちろんシックス・センシズならではのカジュアルながらしっかりとしたスタッフのサービスも健在で、滞在中チビが熱を出した時にも色々便宜を計ってくださりとても助かりました。

今回はチビが体調不良のためホテルから一歩も出ず、島の観光はできませんでした。この島では約2万人が拷問&処刑された暗い過去があり、工事をすればあちこちから人骨が出てくるそうです。その部分もしかと見なければと思っていたので残念。

また来たい!

Six Senses Con Dao
http://www.sixsenses.com/SixSensesConDao/index.php


スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 08:00:00|
  2. コンダオ島|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

海独り占め!なリゾート、Six Senses Con Dao その②

コンダオでの宿泊先はこの当時オープンして半年だったシックス・センシズ・コンダオ。在住者限定のオーニングキャンペーンで、オーシャンフロントビラが一泊朝食&空港送迎付きで355++USDでした。

20120408condao16.jpg

リゾートは空港から15分ほどですぐに到着。小高い丘に囲まれたプライベートビーチに沿ってヴィラが並んでいます。ホテルの一番奥には3、4bedroomのヴィラがあり、最近ではブラッド・ピットとアンジェリナ・ジョリー一家が宿泊したのだそう。

リゾートは廃材をリサイクルして建てられているそうですが、いかにも無人島チックだったニャチャンのシックス・センシスと違い、こちらはナチュラルテイストながらデザイン性が高い造り。ニャチャンが超自然派リゾートならこちらはハイセンスな大人のリゾートという雰囲気。

20120408condao27.jpg

そして海が超キレー!!ベタなぎの海は遠浅で透明度抜群!サンゴや岩なども無くどこまでも砂地が続いています。まるで果てしなく続くプールのよう!!皆部屋に篭っているのか海に人はほとんどいず、大自然独り占め!たった一人で泳いでいた時はあまりのひと気の無さに心細くなるほどでした(笑)。

ただし果てしなく砂地なのでシュノーケルで見るものは全くありません。ゴーグル持参でがしがし泳ぐべし!

20120408condao19.jpg20120408condao20.jpg

リゾートにはメインレストランの他にサンドイッチやサラダを購入できるデリカテッセン、ベトナム料理を提供するカフェ、デイベットでくつろげるバーがあり、食事処の選択肢も多いです。

20120408condao22.jpg

そしてどこで食べても美味しい!!とてもハイセンスで洗練されている料理の数々。お肉や魚はもちろんのこと、得に美味しかったのが野菜!野菜チップやたまねぎのソテー、茹でたじゃがいもなどのちょっとしたつあわせがむちゃくちゃ美味しい。野菜の旨みや甘みが満載で、ベトナムに来て初めて素材が生き生きとしたお料理を食べた気がします。

野菜はダラットのOrganik Vietnamから仕入れているそうです。

20120408condao23.jpg

朝食はメインレストランにて。前菜のコールドプレートとデザートなどはビュッフェで、メインはアラカルトの中からチョイスします。欲張ってあれこれ頼んでしまいましたが、も~どれを食べてもウマイっ!!

こんなにお料理が美味しいと本当にリゾートから一歩も外に出たくなくなります。3ベッドルーム以上だとキッチンが付いているそうですが、ここに長期滞在しても食には困らなそうです。

つづく!

Six Senses Con Dao
http://www.sixsenses.com/SixSensesConDao/

  1. 2012/05/03(木) 08:00:00|
  2. コンダオ島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

エアメコンでベトナム最後の楽園、コンダオ島へ その①

日本はゴールデンウイークですが、ここベトナムにもゴールデンウイークもどきがあります。4月30日は南部開放記念日、そして5月1日はメーデーなので全国的に4連休!

一年前のこの連休にはベトナムのコンダオ島に行ってきました。

20120408condao2.jpg

コンダオ島はホーチミンから飛行機で一時間の場所にある離島。監獄島として有名で、フランス統治時代やベトナム戦争時に政治犯の収容所として使われていたという。ごく最近まで開発がされておらず、島の約80%が国立公園として保護され、ジュゴンの住む美しい海と手付かずの自然が残されています。

11月~2月が乾季、6月~9月が雨季。3月~7月は海がおだやか。秋には強い季節風が吹くので海がかなり荒れるそうです。

20120408condao3.jpg

昔は宿泊施設も限られていたのですが、なんと2010年にシックス・センシズ・コンダオがオープン。さらにベトナム航空に加え、エアメコンがホーチミンからのフライトを就航ということでがぜん行きやすくなりました。

20120408condao.jpg

テト明けすぐ、5月の連休の3ヶ月前に飛行機の手配をしてみると。。。なんとベトナム航空が既に満席!!マジで?!皆行動早すぎでしょっ。数少ないベトナムの連休なのでかなり前もって予約をしたつもりが出遅れた。。。

ならばエアメコン!と予約をしてみると、まだチケット販売前とのことで手配不可。旅行会社の方にチケットが販売になったらすぐ連絡をもらうようお願いして、数日後無事HCMC-Con Daoのフライトはおさえました。

20120408condao4.jpg

次はHanoi-HCMCのフライトなのですが、行きはHCMC-Con Daoが朝早いため、HCMCに前泊することに。安さにつられてHanoi-HCMCはJetstarに乗ってみましたが、DelayStarという悪名どおり、3時間の遅延。。。さらに席が激狭!安かろう悪かろうは本当だった。。。もう二度と乗りたくありません。。。

帰りのHCMC-Hanoiは、同じ飛行機会社の方が乗換えが楽だろうと思い、エアメコンで手配。すると、なんとHCMCで荷物を取って、またチェックインカウンターでチェックインしなければならないではありませんか!コンダオへの飛行機はバゲッジスルーサービスは無いのだそうです。。。orz

20120408condao5.jpg

さらに、直行便のはずだったHCMC-Hanoiのフライトがスケジュール変更で、バンメートートにストップオーバーすることに!!飛行機から一度降ろされ、何故かまたチェックインカウンターに行ってチケットをもらい、またセキュリティを通り。。。疲れました。。。orz

ただHCMC-Con Daoのベトナム航空は遅延しまくっていたにも関わらず、エアメコンは定刻出発。行きは予定通りコンダオ島に到着することが出来ました。

つづく

Air Mekong
http://www.airmekong.com.vn

  1. 2012/05/01(火) 08:00:00|
  2. コンダオ島|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。